情報力

賢い人になる
30の方法

9
7

普段から深く考える習慣をつけておこう。

普段から深く考える習慣をつけておこう。 | 賢い人になる30の方法

「浅く考えること」と「深く考えること」。

どちらも「考える」という点は同じですが、結果が違います。

浅く考えると、物事の表面しか確認できません。

素早く決断と行動できるメリットはある一方、思考や判断を誤りやすいデメリットがあります。

もちろんささいな場面なら、浅く考えるのもいいでしょう。

 

たとえば、安い消耗品を購入するときです。

買い物を間違っても、経済的ダメージが小さいなら、悔やむことも少ないでしょう。

ささいなミスなら「まあいいか」の一言で済みます。

また、気分転換やストレス発散をする時間も、特に深く考える必要はないでしょう。

休憩やリラックスする時間は、のんびりすることに集中です。

あえて何も考えず、自由気ままに過ごすほうが効果的です。

そうした状況を除けば、できるだけ普段から深く考える習慣をつけておくことが大切です。

深く考えるとは、物事を表面的にとらえるのではなく、深いところまで掘り下げて考えるということです。

日常生活の中にも、深く考えたほうがいい場面があります。

勉強の学習意欲を高めるとき。

仕事の作業効率を考えるとき。

人間関係を改善させたいとき。

深く考えることで、未然にトラブルを防いだり、効率や効果を上げたりできます。

特に重要な選択をする場面では、深く考えることが必須です。

大きな契約を結ぶとき。

高額商品を購入するとき。

将来の進路を選択するとき。

生活へのインパクトの大きい判断では、やはり深く考えることが欠かせません。

物事には、よい点だけでなく、悪い点もあります。

目先の損得だけでなく、長期的な損得もあります。

まだ気づいていない可能性や選択肢もあるかもしれません。

考える時間が多ければ多いほど、さまざまな可能性を張り巡らせるようになります。

誤解・間違い・見落としを防ぎ、後悔を減らすためにも、深く考える習慣が大切です。

考えることも習慣です。

思考力は、筋肉のように鍛えるにつれて向上するものです。

普段から深く考える習慣をつけると、普段から思考のトレーニングをする状態になります。

深掘りをして「ほかに可能性はないだろうか」と考える癖をつけておきましょう。

最初はできなくても、普段から習慣として心がけることで、だんだんできるようになります。

じっくり考える時間を作れば、思考が深まって、普段気づかなかったことまで気づけるようになります。

普段から深く考える習慣をつけておけば、重要な場面でも思考力を発揮できるのです。

賢い人になる方法(7)
  • 普段から深く考える習慣をつけておく。
感情は、思考と判断の大敵。
常に理性を大事にする。

もくじ
賢い人になる30の方法
普段から深く考える習慣をつけておこう。 | 賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品