執筆者:水口貴博

賢い人になる30の方法

25

雰囲気に合わせても、流されてはいけない。

雰囲気に合わせても、流されてはいけない。 | 賢い人になる30の方法

賢くなるためには、雰囲気に合わせることが大切です。

場の空気を読んで、違和感がないよう、周りと言動を合わせます。

円滑な人間関係には、雰囲気に合わせる能力が欠かせません。

場に合わせた行動をすれば、人との摩擦や衝突が減るので、円滑な人間関係を実現しやすくなります。

しかし、雰囲気に合わせるのはいいですが、流されるのはよくありません。

雰囲気に合わせるのはOKですが、流されるのはNGです。

どちらも見た目は同じかもしれませんが、本質に大きな違いがあります。

雰囲気に合わせる状態は、あくまで主体性を保たれている状態です。

周りの雰囲気に合わせつつも、きちんと自分の意志と判断で行動しています。

きちんと自分の考えや立場をはっきり持っていて、周りに影響されていない状態を保っています。

一方、雰囲気に流される状態は、主体性が欠如している状態です。

自分の意志や判断は後回しにして、周りに合わせることが第一になっています。

「嫌われたくない」「少しでも好かれたい」という気持ちが強いと、周りに合わせて流される状態になりがちです。

周りに流される状態は、衝突や対立はないものの、注意が必要です。

雰囲気に流されると、自分らしい判断や行動がしにくくなります。

ふらふら周りに流されていると、自分らしさが失われ、自分も見失います。

思いもよらぬ判断をしたり、不本意な結果をもたらしたりする危険もあります。

後から「こんなはずではなかった」と悔やむことになるのです。

主体性を失って、周りに流されている状態は、賢いと言えません。

雰囲気に合わせても、流されないこと。

表向きは同じに見えても、結果には、大きな違いがあります。

常に主体性を保つことで、周りに流されず、賢く判断と行動ができるようになります。

賢い人になる方法(25)
  • 雰囲気に合わせても、流されないようにする。
賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。

賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

2:34

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION