賢い人になる
30の方法

29
13

賢い人になっても、
偉そうな人になってはいけない。

賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。 | 賢い人になる30の方法

賢くなろうとするとき、陥りやすい失敗があります。

「偉そうな態度になりやすい」という失敗です。

賢い人になるためには、知識や知恵を身につける必要があります。

多くの経験を積んだり、積極的に行動したりすることも欠かせません。

もちろん知識・知恵・積極性を身につけることは大切ですが、一方で、だんだん周りが愚鈍に見えてくることがあります。

自分が知的になればなるほど、だんだん優越感が生まれてくる。

「自分は周りよりレベルの高い人間だ」という慢心が生まれ始める。

その結果、だんだん偉そうな態度になることがあります。

相手の無知を鼻で笑う。

相手のミスに、わざとらしいため息をつく。

話をしながら、相手を見下すような半笑いの表情を浮かべる。

「これくらい常識だよ」と小ばかにする。

「そんなことも知らないの?」と相手を見下す。

こうした態度は悪印象です。

相手を見下すような言動を見せると、賢い人ではなく、偉そうな人になってしまいます。

相手より自分のほうが賢いのが事実であっても、偉そうな態度はよくありません。

いくら賢い人でも「偉そう」が加わると、一転して悪印象に変わります。

「あの人は賢いかもしれないけど、ちょっとね」と、こそこそ陰で悪く言われるでしょう。

どれだけ賢さが評価されても、嫌われては意味がないのです。

賢くなるのはいいですが、偉そうにならないよう注意してください。

もともと見栄を張りたがる性格の人は、特に注意が必要です。

承認欲求や自己顕示欲が強いと、無意識のうちに不快な態度になることがあります。

心がけたいのは、謙虚な姿勢です。

いつも控えめにして、腰を低くしておくことが大切です。

実際は偉そうにしたい気持ちがあっても、我慢するのが大人の対応です。

相手がどんな気持ちになるかを考えれば、おのずと控えめな態度がベストだと理解できるでしょう。

ノーベル賞の受賞者を思い出してください。

本当に賢い人たちは、偉そうな態度はなく、徹底的に謙虚です。

賢いにもかかわらず謙虚な姿勢があると、ますます好印象につながります。

賢くなればなるほど、謙虚を心がけるようにしましょう。

賢いにもかかわらず謙虚な姿勢だと、ますます賢い雰囲気が出るようになります。

「あの人は賢いのに謙虚だね」と言われるようになると、好印象だけでなく、愛されるようにもなります。

賢い人になる方法(29)
  • 賢くなっても、偉そうな態度は控え、謙虚な姿勢を心がける。
常に勉強。
一生勉強。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION