賢い人になる
30の方法

19
5

古いものに執着せず、
新しいものも取り入れる。

古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。 | 賢い人になる30の方法

賢い人になりたいなら、古いものに注意しましょう。

古くからある慣習。

古くから続く方法。

古くから続いている考え方。

たしかに古いものには、長年の実績があるため、正しいものと判断して、安心しがちです。

物事の思考や判断をする際も、まず古いものを優先・重視することが多いでしょう。

私たちには「古いものを選んでおけば間違いない」という暗黙の了解があります。

「実績があるから」「今までと同じだから」と思えば、ひとまず納得できます。

しかし、古いものばかりでは、頭も固くなってしまいます。

古いものに執着していると、必然的に同じことの繰り返しになります。

変化も乏しくなり、脳の老化も加速します。

また、古いものが正しいとは限りません。

時代はどんどん変化していきます。

1日ごとに世の中は、少しずつ変化しています。

昨日と今日とでは、わずかに世の中が変わっています。

今現在も、世の中は変化を続けている最中です。

以前と同じものに執着していると、時代から取り残されるでしょう。

そこで取り入れたいのが、新しいものです。

古いものばかりに執着せず、新しいものも取り入れてください。

もちろん古い考えを否定するわけではありません。

「古いものを尊重しつつ、新しいものも取り入れる」ということです。

新しいものを「一過性の流行」と軽視せず、一度受け入れてみることが大切です。

新しい慣習。

新しい方法。

新しい考え方。

実績は不十分であっても、新しいものには可能性が秘められています。

もちろん取り入れた結果、無駄・不要と判断すれば、それはそれでいいのです。

少なくとも新しい可能性を吟味した点では「新しい挑戦ができた」と言えるでしょう。

保守的・消極的な心を打ち破り、一歩前に踏み出したのです。

新しいものを取り入れ続けていれば、変化していく世の中についていけます。

新鮮な刺激も増え、脳の若さを保てます。

知識や教養として知っておくだけでも、意味があるでしょう。

「こんな新しいものがあったのか」と驚くことが大切です。

視野や見識といった思考の幅がぐっと広がります。

結果として、より賢明な判断を下せるようになるのです。

最近、新しいものを取り入れていますか。

同じことの繰り返しばかりなら、少し時代から取り残されている可能性があります。

新しいものを毛嫌いせず、楽しむつもりで、どんどん触れていきましょう。

賢い人になる方法(19)
  • 古いものばかりではなく、新しいものも取り入れる。
自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION