人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
プラス思考
瞑想は、心の掃除。
投資
お金は時間と余裕を作るために、使う。
気力
忙しいときこそ、行動のベストタイミング。
プラス思考
すっきりした部屋では、すっきりした生活が送れる。

になる
30方法

お気に入り4 読んだ
22

瞑想をするだけでくなれる

瞑想をするだけで賢くなれる。 | 賢い人になる30の方法

くなるために、瞑想の習慣が効果的です。

瞑想と聞くと、宗教的なイメージが強く、抵抗感や苦手意識があるかもしれません。

中には暗い印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

瞑想は、何も考えずじっとする行為なので、賢さとは無関係に思えます。

 

たしかに頭も体も動かさず、ぼうっとしているだけです。

 

しかし、賢さと無関係と思うなら誤解です。

無関係どころか、大いに関係しているからです。

瞑想には、賢くするための要素が数多くあります。

私たちは普段、数多くの物事を考えていると言われています。

私たちは、1日におよそ187000項目のことを考えていると言われています。

1日は86400秒ですから、1秒に2項目以上考えていることになります。

ほぼ常に何かを考えている状態と言っていいでしょう。

考えていることの多くは、過去の後悔や将来の不安です。

仕事のこと、人間関係のこと、お金のこと、健康のこと、将来のこと。

「ああすればよかった」「こうしたほうがいいだろうか」といつも何らかの考え事をしています。

たとえ睡眠中でさえ、夢を見ることで、考える行為が行われています。

考え事があるのはいいのですが、量や頻度があまりに多いため、もはや考え事に飲み込まれている状態になっています。

常に何かを考えているため、脳は休む暇がなく、疲れ果ててしまっている状態です。

そこで役立つのが、瞑想です。

瞑想とは、完全に何も考えない時間を作る行為。

瞑想をすることで、意識を現在から切り離し、完全に何も考えない時間を作ります。

雑念に飲み込まれていた状況から脱して、冷静な自分に戻れます。

そのため瞑想には、脳の働きを活性化させる作用が確認されています。

(瞑想の効果1)
記憶に関する能力が向上する

瞑想を行うことで、海馬の領域が拡大することが確認されています。

海馬とは、判断や記憶に関係する脳の部位です。

つまり、判断力や記憶力が向上するといった効果が見込まれます。

ひいては学習能力の向上に役立ちます。

(瞑想の効果2)
ストレスの過剰反応を抑える

瞑想を行うことで、扁桃体が縮小することが確認されています。

「縮小」と聞くと、悪いことに思えるかもしれませんが、そうとは限りません。

扁桃体は、快・不快や好き嫌いの感情に関わる脳の部位です。

扁桃体が縮小することで、気持ちが安定しやすくなり、ストレスの過剰反応を抑える働きがあります。

(瞑想の効果3)
余裕と落ち着きを取り戻せる

瞑想を行うことで、忘我の境地を体験できます。

私たちは忙しい日々を送っていますが、瞑想によって余裕と落ち着きを取り戻す効果があります。

いらいらした気分を解消でき、心に余裕と落ち着きが生まれます。

余裕と落ち着きによって理性と自制心が安定して、冷静な思考と判断をする力が向上します。

§

瞑想を行うことで、脳の情報処理能力が底上げされ、頭の働きが向上する効果が見込まれます。

瞑想の方法は簡単です。

目をつぶり、何も考えない時間を作るだけです。

何か考えてしまいそうなら、呼吸に意識を向けると、無心に集中しやすくなります。

瞑想は、長時間行う必要はありません。

1日3分の瞑想でも効果があることが確認されています。

余裕があれば、5分でも10分でも瞑想をするといいでしょう。

今日から瞑想を習慣にして、瞑想の達人になりましょう。

「瞑想をするだけで賢くなれる」と言っても過言ではないのです。

賢い人になる方法 その22

  • 1日3分
    瞑想時間
さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。

もくじ
(賢い人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品