賢い人になる
30の方法

26
5

賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。

賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。 | 賢い人になる30の方法

賢い人になるためには、雰囲気も大切です。

ずばり、賢そうな雰囲気です。

実際の賢さと直接関係しているわけではありませんが、少なくとも賢そうに見られることは悪いことではありません。

評価や印象が高まることで、人付き合いに好影響が及び、あなた自身にも間接的なメリットがあるでしょう。

賢そうな雰囲気を出すために、特別な道具や高級ブランド品は不要です。

もちろんお世辞もごますりも不要です。

賢そうな雰囲気を出すのは、もっと基本的なことで実現可能です。

賢そうな雰囲気には、次の4つがポイントです。

(賢そうな雰囲気1)
清潔感のある身だしなみ

まず大切なのは、清潔感です。

もちろん完璧な清潔感を心がける必要はなく、相手に不快感を与えない程度で十分です。

髪を整える。

爪を短く切る。

きれいめの服装。

男性ならひげをり、女性なら薄化粧です。

ビジネスシューズなら、定期的に靴磨きをしていくといいでしょう。

盲点なのが、持ち物です。

持ち物も、身だしなみの1つ。

ぼろぼろの財布やカバンは、好印象にはつながりにくい。

できるだけ清潔感のある持ち物のほうが好印象です。

消耗が激しいなら、新しく買い換えるのも選択肢です。

(賢そうな雰囲気2)
礼儀正しい態度

正しい礼儀作法から、余裕と自信、知性と教養が感じられます。

できるだけ動作を省略せず、一つ一つの動作を丁寧にすることが大切です。

マナーを大切にすることで、お互い気分よく過ごせます。

礼儀正しい態度を心がけることで、余裕を見せることができ、賢そうな雰囲気が向上します。

(賢そうな雰囲気3)
丁寧な言葉遣い

乱暴な言葉遣いは控え、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

常に相手の気持ちを考え、表現や言いすぎには注意します。

省略や学生言葉には注意して、相手にわかりやすい言葉を使います。

好意や親切があったときは「ありがとうございます」と感謝を伝えます。

うっかり迷惑をかけてしまったときは「ごめんなさい」「申し訳ございません」と素直に謝ります。

きれいな言葉遣いを意識することで、ますます賢い印象も向上します。

特に注意したいのは、感情的になったときです。

理性や自制心を失っているときは、気持ちに余裕がないため、言葉遣いが悪くなる傾向があります。

たとえ感情的になっても、丁寧な言葉遣いを貫くことが大切です。

(賢そうな雰囲気4)
落ち着いた話し方

落ち着いた話し方からは、余裕が感じられます。

もちろんのろのろ話すわけではなく、一言ずつ丁寧に発するということです。

話し方が落ち着いていると「自分の考え方に自信がある」という印象が伝わって、賢そうな雰囲気が出ます。

ゆっくり話すことで、相手にとっても声が聴きやすくなります。

一言ずつ発言することで、失言を減らすこともできます。

誤解をされることがあっても、慌てず、落ち着いて解くようにします。

§

実際の賢さとは違い、賢そうな雰囲気は、短時間で実現することが可能です。

まず清潔感のある身だしなみから取り組んでみてはいかがでしょうか。

賢さだけでなく、普段の人間関係でも大いに好印象になるはずです。

賢い人になる方法(26)
  • 賢そうな雰囲気を出す。
相談をためらっているうちは、賢くなれない。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION