賢い人になる
30の方法

16
7

段取りと優先順位を徹底することが、
賢くなるための必要条件。

段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。 | 賢い人になる30の方法

仕事に取り組む自分を振り返ってみてください。

いきなり着手していませんか。

行き当たりばったりで、問題解決に取り組んでいませんか。

たしかに着手するまでの時間が短く、行動力があるのは素晴らしいでしょう。

早く着手したほうが、結果も早く出ます。

ぐだぐだ言い訳を後回しにするより、すぐ実行に移すほうが、結果が出るのも早くなります。

少なくとも現実は前進しているので、何らかの結果が得られるでしょう。

じっとしているより、具体的な行動をしている点では、素晴らしいと言えます。

しかし、すぐ着手するのがベストとは限りません。

何も考えず、いきなり仕事に着手すると、仕事が二度手間になることがあります。

同じ仕事をやり直すのは、時間も労力も無駄になります。

ミスや失敗を招きやすくなるでしょう。

自分だけでなく、周りに不快感を与えたり迷惑をかけたりすることもあるでしょう。

取り返しのつかないミスをしてしまっては笑えません。

そこで必要なポイントが、2つあります。

「段取り」と「優先順位」です。

陳腐でありふれたことと思うかもしれませんが、自分の仕事の取り組み方を振り返ってみてください。

段取りを考えているつもりであっても、甘い部分はないでしょうか。

優先順位を考えているつもりであっても、中途半端になっていないでしょうか。

「当たり前」という認識だからこそ重要性が軽視され、実行できていないことがあります。

実行できていたとしても、手抜きや中途半端が目立っているかもしれません。

段取りと優先順位を考えないでうまくいったら、それはたまたまうまくいっただけのこと。

運や偶然に頼るような仕事の進め方は、賢明と言えません。

あらためて段取りと優先順位を考える習慣を確認してみてください。

作業の重要性を意識して、上手に整った形になるよう考えます。

完璧に考える必要はありませんが、最低限は考えておくことが大切です。

状況にかかわらず、段取りと優先順位は常に意識したい。

特に注意したいのは、忙しい状況です。

普段はきちんと実行できていても、繁忙期で余裕がなくなると、段取りや優先順位がおろそかになりがちです。

どんなときでも、段取りと優先順位を徹底しましょう。

段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件です。

賢い人になる方法(16)
  • 段取りと優先順位を考えてから、仕事に取り組む。
目的と手段がすり替わっていないか。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION