賢い人になる
30の方法

20
8

自分を知ることも、
賢くなるために必要な勉強の1つ。

自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。 | 賢い人になる30の方法

賢い人になるためには自分を知りましょう。

あなたは、自分のことをうまく説明できますか。

「自分のことくらい知っている」と思うかもしれませんが、ポイントは「どこまで具体的に知っているか」です。

意外と曖昧に理解していることが多いのではないでしょうか。

人によって個性も特徴も異なりますが、あなたにも特有の個性や特徴があるはずです。

自分の個性をわかっていなければ、自分のパフォーマンスをきちんと発揮できません。

あなたには、さまざまな特徴があります。

体質・性格・趣味・特技・考え方。

好き嫌い・短所や長所・得意や不得意。

賢くなるには、自分を知ることが欠かせません。

自分を知ることで、必要な環境を整えやすくなるからです。

自分を熟知できていれば、自分に合わせた判断や行動を選択できるようになります。

たとえば「短時間しか集中できない」という特徴があるとします。

集中できないからと諦めるのではありません。

短時間しか集中できないなら、小まめに休憩を作ることで、仕事のセット数を増やせばいいのです。

1セットあたりの仕事時間が短くても、セット数を増やせば、結果としてパフォーマンスを向上させることが可能です。

「細かい確認が苦手」という特徴があるとします。

努力によって克服する方法もありますが、性格上、思うように改善できないこともあるでしょう。

もっと単純な解決策があります。

細かい仕事だけ得意な人にお願いして、自分は得意な仕事に集中すればいいのです。

自分の得意に合わせた仕事の仕方をすれば、全体として最大限の仕事を発揮できるでしょう。

「活字が苦手」という特徴があるとします。

本や雑誌など、活字を通して学ぶのが苦手なら、読む以外の手段で学ぶ方法が考えられます。

たとえば、テレビ・ラジオ・オーディオブックなどの手段なら、活字に触れなくても情報収集が可能です。

苦手は苦手ですから仕方ありません。

特に性格に起因した苦手は、克服したくても難しいでしょう。

そもそも克服が不可能ということもあるはずです。

苦手も短所も不得意も、そのままでいい。

克服するのではなく、回避策・代替策によって、問題を対処していけます。

自分のパフォーマンスをきちんと発揮させるためにも、自分を知ることが大切です。

さまざまな状況に身を置いて、自分の特徴をつかんでいきましょう。

自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つです。

賢い人になる方法(20)
  • 自分を知る。
食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION