公開日:2022年8月23日
執筆者:水口貴博

視野を広げる
30の方法

  • 本を読むと、
    視野が広がる。
視野を広げる30の方法

本を読むと、視野が広がる。

視野を広げるためには、日頃からたくさんの本を読むようにしましょう。
本は、先人の知識・知恵のかたまりです。
本を読むことで知識や知恵を学べたり、新しい視点や考え方に気づかせてくれたりなど、多くの恩恵が得られます。

本を読むと、視野が広がる。

チャレンジすると、視野が広がる。

視野を広げたいなら、なんと言っても「チャレンジ」です。
すればするほど、自分の世界が広がっていきます。
ストレスがあって勇気も必要になりますが、今まで知らなかったことを知ることができ、自分の世界が広がります。

チャレンジすると、視野が広がる。

何でもポジティブに考えると、視野が広がる。

視野を広げるためには「ポジティブ思考」が欠かせません。
物事の良しあしは、あってないようなもの。
物事の良しあしは「受け止め方」によって、いかようにも変わるからです。

何でもポジティブに考えると、視野が広がる。

「素直に人の話を聞く姿勢」を持つと、視野が広がる。

視野を広げるためには、素直に人の話を聞く姿勢が大切です。
素直に人の話に耳を傾けると、自分の思い込みに気づかせてくれます。
「すっかり見落としていた」

「素直に人の話を聞く姿勢」を持つと、視野が広がる。

未知との遭遇は、視野を広げるチャンス。

ある日突然、理解できないことに出会うことがあります。
「なんだろう?」
「理解できない!」

未知との遭遇は、視野を広げるチャンス。

旅に1つの無駄もない。
旅に出ると、視野が広がる。

視野を広げるために有効なのが「旅」です。
旅に出ると、必ず新鮮な刺激に出会えます。
「こんな景色があるのか!」

旅に1つの無駄もない。旅に出ると、視野が広がる。

余裕を作ると、視野が広がる。

余裕の欠乏は、広い視野の大敵。
「余裕」と「視野」には、相関関係がある。
視野を広げるために欠かせないのが「余裕」です。

余裕を作ると、視野が広がる。

さまざまな人と接すると、視野が広がる。

視野を広げるためには、さまざまな人と接するようにしましょう。
あなたが仲良くしている人は、自分と似たような人ではないでしょうか。
自分と似たような人とは、相性が良くて、一緒にいて楽しいものです。

さまざまな人と接すると、視野が広がる。

いろいろな人の意見に耳を傾けてみると、視野が広がる。

困難に直面して行き詰まったとき、あなたならどうしますか。
なかなか解決策が浮かばないときは、頭を抱えてうんうんうなってしまい、思わず泣きたくなってくるものですね。
どうして良いのかわからないときは途方に暮れてしまいます。

いろいろな人の意見に耳を傾けてみると、視野が広がる。

「自問自答の習慣」を身につけると、視野が広がる。

私たちはいつの間にか先入観や思い込みにとらわれていることが少なくありません。
一度こうだと思い込んでしまうと、疑うことがなく受け入れてしまいがちです。
他の選択肢や考え方があっても、見向きもしなくなる。

「自問自答の習慣」を身につけると、視野が広がる。

ドキュメンタリー番組を視聴すると、視野が広がる。

視野を広げるために欠かすことのできない番組があります。
「ドキュメンタリー番組」です。
ドキュメンタリー番組は、実際にあった出来事をそのまま記録した作品です。

ドキュメンタリー番組を視聴すると、視野が広がる。

相手の立場を経験してみると、視野が広がる。

視野を広げるためには、異なる立場を経験することが有効です。
自分の立場だけでは、なかなか視野は広がりません。
実際に相手の立場を経験してみることで、新しい気づきや発見に恵まれ、視野が広がっていきます。

相手の立場を経験してみると、視野が広がる。

多面的な見方をすると、視野が広がる。

視野を広げるためには「多面的に見る習慣」をつけましょう。
私たちは、気づかないうちに1つの面だけ見ていることがあります。
良いところだけ切り取って見ることもあれば、逆に悪いところだけ切り取って見ることもあります。

多面的な見方をすると、視野が広がる。

高いところに行って開放的な眺望を楽しむと、視野が広がる。

「視野が狭くなっている」
「考え方が凝り固まっている」
「目の前のことしか考えられなくなっている」

高いところに行って開放的な眺望を楽しむと、視野が広がる。

失敗すると、視野が広がる。

成功するだけでは、視野は広がらない。
失敗することで、視野が広がる。
「あなたは成功したいですか、失敗したいですか」

失敗すると、視野が広がる。

世界や世の中に興味を持つと、視野が広がる。

視野を広げるためには、世界や世の中に興味を持ちましょう。
「世の中では今どんな事件が起こっているのか」
「世界はどんなふうに動いているのだろうか」

世界や世の中に興味を持つと、視野が広がる。

グレーの考え方を身につけると、視野が広がる。

視野を広げるためには、白黒にこだわらないことが大切です。
世の中にはさまざまな白黒が存在しています。
良いか、悪いか。

グレーの考え方を身につけると、視野が広がる。

逆に考える思考を持つと、視野が広がる。

視野を広げるためには「逆に考える思考」が有効です。
普通の考えでうまくいかないときは、逆に考えてみると、ぱっと視界が開けることがあります。
いわゆる「押してダメなら、引いてみろ」です。

逆に考える思考を持つと、視野が広がる。

社会科見学すると、視野が広がる。

視野を広げるなら、社会科見学に出かけましょう。
たとえば、工場見学や企業見学です。
現場を見る方法としてはドキュメンタリー番組の視聴が手軽ですが、やはり直接見学するのがベストです。

社会科見学すると、視野が広がる。

たまにはひいきチームの対戦相手を応援してみると、視野が広がる。

視野を広げるために役立つのは、スポーツ観戦です。
私たちが応援するといえば、ひいきチームです。
あなたのひいきにしているチームはどこでしょうか。

たまにはひいきチームの対戦相手を応援してみると、視野が広がる。

長期的に考える習慣を持つと、視野が広がる。

視野が狭い人は、短期的に考える傾向が目立ちます。
・短期的な計画
・短期的な目標

長期的に考える習慣を持つと、視野が広がる。

外国語を学ぶと、視野が広がる。

視野を広げる方法の1つとして「外国語の学習」が挙げられます。
単語をたくさん覚えることで知識が増えるのはもちろんですが、それだけではありません。
外国語には、私たちの母国語とは違った文法や表現がたくさんあります。

外国語を学ぶと、視野が広がる。

海外留学やホームステイをすると、視野が広がる。

視野を広げる方法の1つが、海外留学やホームステイです。
どちらをするにしても、まとまった時間と多額の費用が必要です。
なにより勇気と行動力を必要としますが、視野を広げたいなら、これほど有効な方法はありません。

海外留学やホームステイをすると、視野が広がる。

日記を書くと、視野が広がる。

視野を広げたいなら、日記を書いてみましょう。
日記を書くと、自分のことや1日の出来事を客観視できます。
その日の出来事を思い出したり、自分の言動を振り返ったりでき、上手に反省することができます。

日記を書くと、視野が広がる。

「ありがとう」「ありがたい」を口癖にすると、視野が広がる。

視野を広げるために大切なのは「感謝」です。
日頃から「ありがとう」を口癖にしましょう。
日頃から感謝をしておくに越したことはありません。

「ありがとう」「ありがたい」を口癖にすると、視野が広がる。

カメラを持って出かけると、視野が広がる。

視野を広げるためには、カメラを持って出かけてみませんか。
カメラを持つと「撮る」という明確な目的ができるため、あちこち目を向けるようになります。
「良い被写体はないだろうか」

カメラを持って出かけると、視野が広がる。

専門分野以外の勉強をすると、視野が広がる。

あなたの専門分野は何ですか。
社会人であれば、仕事に関係した仕事の専門分野があるでしょう。
せっかく勉強するなら、やはりまず自分の専門分野から始めるはずです。

専門分野以外の勉強をすると、視野が広がる。

尊敬する人をイメージして考えると、視野が広がる。

視野を広げる方法の1つが「尊敬する人をイメージして考えてみること」です。
あなたにとって尊敬する人は誰ですか。
尊敬する人は、博識かつ経験も豊富で、広い視野を持ち合わせているものです。

尊敬する人をイメージして考えると、視野が広がる。

全体を見るようにすると、視野が広がる。部分より全体を意識すると、視野が広がる。

私たちは「部分」を見てしまいがちです。
誰でも一番興味があるのは自分です。
まず自分のことを第一に考え、自分に関係した部分だけを見ることが多い。

全体を見るようにすると、視野が広がる。

1人で過ごす時間を大切にすると、視野が広がる。

あなたは「1人でいる時間」と「みんなで過ごす時間」のどちらが多いでしょうか。
「人といるほうが楽しい」
「誰かといるほうが安心する」

1人で過ごす時間を大切にすると、視野が広がる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION