賢い人になる
30の方法

11
4

目先の損得に惑わされない。
長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。

目先の損得に惑わされない。長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。 | 賢い人になる30の方法

賢くなるためには、目先の損得に惑わされないことが大切です。

「今すぐ結果が得られる方法」と「結果が出るまでに時間がかかる方法」。

2つの選択肢があれば、どちらのほうが気になるでしょうか。

まず気になるのは、やはり即効性のある方法ではないでしょうか。

「すぐ効果が出るものは、素晴らしい」

「なかなか効果が出ないものは、よくない」

やはり即効性のある方法のほうが、効果の実感が湧きやすいため、魅力を感じるでしょう。

「1年で痩せる新ダイエット法」より「1カ月で痩せる新ダイエット法」のほうが興味をかき立てられるはずです。

深く考えることがないと、目先の損得で物事を考えがちです。

できるだけ短い期間で大きな効果を得ることができるなら、ベストに思えます。

しかし、目先の損得を軸にして考えると、短絡的な思考や判断になる傾向があります。

即効性のある方法が正しいとは限りません。

すぐ効果は得られても、長期で考えたとき、無意味だったり逆効果だったりする場合があります。

すぐ効果が出ないから無意味とも限りません。

最初は効果がなくても、後から大きな得が得られるかもしれません。

目先の損得に惑わされないためには、長期的な考え方が大切です。

たとえば、食事です。

短期的に考えるなら、安くておいしい食事を優先しがちです。

今の空腹さえ満たせば、すぐ満足感は得られますが、長期で考えるとベストな選択とは言えません。

ジャンクフードやファストフードなど、安くておいしい食事は、添加物が多くて栄養価も低い傾向があります。

「腹は満たせても、栄養は満たされていない」という状態になりがちです。

長期的に考えるなら、少し費用はかかったとしても、安全と栄養価を優先したほうが賢明とわかるでしょう。

資格取得についても同様です。

短期的に考えるなら、簡単で取りやすい資格に注目しがちです。

たくさん資格を持っていれば、就職にも有利になると思われがちですが、ここが落とし穴です。

いくら資格をたくさん持っていても、仕事に無関係の資格では無意味です。

自己満足にはなるでしょうが、就職活動の武器として生かすのは厳しいのが現実です。

長期的に考えるなら、取得に時間はかかっても、仕事に役立つ資格に絞って取ったほうが有益だとわかります。

ダイエットについても同じです。

無理な運動や急な食事制限をすると、短期で効果を得られますが、本当の成功とは限りません。

即効性のあるダイエットは、リバウンドがしやすかったり、健康に悪影響が出たりする場合が少なくありません。

本気でダイエットの成功を考えるなら、時間をかけたダイエットのほうが、リバウンドはなく健康的に痩せられます。

目先の損得に惑わされないでください。

目先の損得ばかり注目していると、足元にある落とし穴に気づかず、後悔を増やすことになるでしょう。

目先の損得を無視するわけではありません。

目先の損得を考えつつも、重点を置くのは、長期的な損得です。

長期的な取り組みは、忍耐力も集中力も必要ですが、その分だけ成功したときの利益も喜びも大きくなります。

長期的に考える習慣を持つことで、目先の損得に惑わされず、本当に大切な価値に気づきやすくなります。

賢い人になる方法(11)
  • 短期的な損得に惑わされず、長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
賢くなるために大切な3つのポイント。
遊び心、発想力、想像力。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION