人生の教科書



情報力

賢い人になる
30の方法

  • 賢い人とは、
    勉強ができる人のことではない。
賢い人になる30の方法

もくじ

1
★10

賢い人とは、勉強ができる人のことではない。

賢い人になりたいなら、まず賢い人の意味を確認しましょう。 「賢い人」 そう聞いてイメージするのは、どんな人でしょうか。 最初にイメージするのは、やはり「勉強ができる人」ではないでしょうか。 記憶力が高くて、知識が豊富で、いつも試験の成績がよければ、賢い人という印象を受けるでしょう。 そのほか人によっては「博識な人」「高学歴の人」「知能指数が高い人」をイメージすることもあるかもしれません。 賢い人の代表的存在であるように思えるのではないでしょうか。 しかし、ここに大きな誤解があります。 賢い人とは、勉強ができる人のことではありません。 博識の人・高学歴の人・知能指数が高い人も、賢い人とは限りません。 賢い人は、どんな人なのか。 一言で言えば、物事を多角的・広範囲にとらえ、的確な判断や最善の対処ができる人のことをいいます。 勉強ができる人が賢い人とは限らないのです。 賢い人の意味を理解できれば、賢くなるための努力の方向も分かるはずです。 すなわち、賢い人になるには、物事を多角的・広範囲にとらえ、的確な判断や最善の対処ができるようになる必要があります。 賢い人になるために、年齢は関係ありません。 年齢の高い人のほうが、賢い人の割合も高くなりますが、若い人にも賢い人がいます。 性別も関係ありません。 男性でも女性でも、賢い人は存在します。 女性の中には、男性以上の賢さを持っている人も多数存在します。 「自分は頭が悪いから不可能だ」と諦める必要もありません。 賢い人になるには、才能は関係なく、ほとんど後天的な努力によって実現できます。 「自分には学歴がないからダメだ」と諦める必要もありません。 賢い人の意味を確認して分かるように、学歴が低くても目指すことが可能です。 「自分はもう成人しているから手遅れだ」と諦める必要もありません。 未成年だけでなく、成人した大人でも、努力を重ねていくことで賢い人になれます。 むしろ大人のほうが、知識や経験が豊富にあるため、賢い人になるのに有利です。 賢い人の意味を正しく理解して、今から賢い人を目指していきましょう。 「賢い人になりたい」と思ったら、その日から早速努力に取り組みましょう。 賢い人は、一晩で実現できることではありません。 長い時間はかかりますが、根気よくこつこつ努力を続けていれば、ゆっくり実現できます。 1日早く取り組めば、1日早く実現できます。 賢い人の意味を理解した今、すでにあなたは賢い人になる第一歩を踏み出しています。 賢い人の定義をきちんと理解する。

2
★9

賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。

賢くなるための最初の基本。 それは、知識を詰め込むことです。 もちろん知識がすべてではありません。 賢くなるためには、知識より大切な要素があります。 たとえば、知恵や知識を操る能力のほうが圧倒的に重要です。 知恵を身につけることで、物事の分別がつき、問題を解決する能力が向上します。 知識を操る力を身につけることで、鋭い見方ができるようになり、豊かな発想や斬新なアイデアを生み出せるようになります。 知識そのものより、その知識の生かし方のほうが重要です。 しかし、そうは言っても、やはり最初は知識です。 何かを考えるときは、まずその元となる知識がなければ、考えようがありません。 物事を判断するときも、やはり考える材料となる知識がなければ、正しい判断は困難です。 多角的な視点ができるのも、広範囲な視野を持てたりするのも、知識のおかげです。 長期的に考えるのも、複雑な思考ができるのも、やはり知識があってこそ実現できます。 知識が多ければ多いほど、思考や判断の材料が増えるため、的確な判断や最善の対処もしやすくなります。 したがって、賢くなるためには知識が欠かせません。 知識が多ければ、確実に賢くなれるわけではありませんが、少なくとも無駄にはなりません。 知識量は、賢くなるための最低限の準備です。 できるだけさまざまな手段で、知識を詰め込みましょう。 最初は難しく考えず、愚直に詰め込むだけでもいいでしょう。 好きなことや興味のあることから始めると、知識を吸収しやすくなります。 知識を得る手段は、さまざまあります。 本を読む。 新聞や雑誌を読む。 先生から講義を受ける。 教育番組・情報番組を見る。 ラジオを聴く。 オーディオブックを聴く。 知識を得られるなら、手段は何でもかまいません。 自分に合った手段で、できるだけ多くの知識を得るようにしましょう。 迷ったら、読書です。 本の購入にお金はかかりますが、整理された情報が掲載されていて、何度でも読み返せます。 重要部分に線を引いて強調することもできます。 ページを行ったり来たりするのも簡単。 いつでも自由なときに読めます。 コンパクトに情報がぎっしり詰め込まれた本は、たった1冊でも有用な情報源になるでしょう。 知識がすべてではありませんが、賢くなる基本であるのは間違いありません。 まず徹底的に知識を吸収していきましょう。 知識が豊富になるにつれて、物事を広く遠くまで見渡せるようになります。 一定程度まで知識を吸収すると、深い考察をする準備が整っているはずです。 まず徹底的に知識を詰め込む。

3
★7

賢い人は、知恵を身につけている。

賢くなるためには、知恵を身につけることが大切です。 知識も大切ですが、知恵はそれ以上に大切です。 知識と知恵は、意味が似ていて混同している人もいるかもしれませんが、実際は異なります。 知識と知恵の意味を区別することも、賢くなるために必要な教養です。 きちんと意味を確認して、区別できるようになっておきましょう。 ●知識とは 知識とは、物事について認識・理解していることをいいます。 イメージとして、知識は点です。 一定の知識は、生活や仕事に役立ちますが、点であるため、活用範囲が狭くて限られています。 知識をたくさん知っていると、教養や博識につながります。 中には「雑学」と呼ばれる、実用性に乏しいタイプの知識もあります。 雑学は、生活に役立つとは限りませんが、教養の一環としては有効です。 雑学を学ぶことで、日常が面白く感じたり奥深く味わえたりする一助になるでしょう。 ●知恵とは 知恵とは、問題を解決する能力のことをいいます。 もう少し分かりやすく説明すると「問題解決を前提とした知識の集合体」です。 知恵を身につけると「やりくりが上手になる」「工夫がうまくなる」「よい方法を思いつける」といった力が強化されます。 生活の知恵を身につければ、生活力が向上します。 仕事の知恵を身につければ、仕事力が向上します。 恋愛の知恵を身につければ、恋愛力が向上します。 知恵は「臨機応変に生きる力」と言い換えてもいいでしょう。 問題解決の能力が高まるため、臨機応変に物事を対処できるようになります。 知識は役立つ範囲が点ですが、知恵があると、知識を使って広範囲に問題を処理できるようになります。 賢くなるためには、知恵をたくさん身につけることが不可欠です。 さまざまな知恵を身につけていると、さまざまな場面を臨機応変に対処でき、スムーズに乗り越えられるようになります。 ●知恵を身につける方法 知恵を身につけるには、主に3つの方法があります。 (1)実用書から学ぶ (2)人から学ぶ (3)経験から学ぶ 最も基本的な方法は、実用書を読むことです。 実用書には、日常生活で役立つための技能・知識・情報が簡潔にまとめられているため、知恵を身につけるには最適です。 そのほか、人から教えてもらったり、経験から学んだりする方法も効果的です。 3つの方法それぞれを活用することで、知恵の吸収が加速します。 知識も必要ですが、知恵はもっと必要です。 賢くなりたいなら、貪欲に知恵を身につけていってください。 豊富な知恵を身につけたとき、あなたは「賢い人」と呼ばれているようになっているでしょう。 多くの知恵を身につける。

4
★6

賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。

賢くなるためには、まず知識が必要です。 考えるにも判断するにも、知識がなければ始まりません。 知識が豊富であればあるほど、考える材料が増え、思考の幅が広がります。 視野や見識が広くなったり鋭い考え方ができるようになったりして、思考力が向上します。 実際のところ、賢い人の大半は博識です。 賢くなるためには、まず知識の吸収から始まるのは事実です。 高学歴の人に賢い人が多いのも、そのためです。 では、知識がすべてかというと、そうではありません。 知識はあくまで最低条件にすぎません。 もちろん知識は、多いほうが有利ですが、少なければ悪いともかぎりません。 賢くなるためには、知識よりもっと大切なことがあります。 それこそ「知識を操る力」なのです。 賢い人は、知識を組み合わせたり構造化させたりする力が優れています。 問題解決のために、必要な知識をうまく活用して、ベストな解決策を考え出します。 知らない知識があったとしても、知識を操る力があれば、すでに知っている知識を生かして補完できるようになります。 その結果、知識が知恵に変わり、知識以上の価値をもたらします。 知っている知識を目的に応じて操る力こそ、本当の賢さです。 知識が豊富になるだけで満足してはいけません。 大切なのは、知識より、知識を操る力です。 知識を操る力が本当に優れているなら、知識は必要最低限で十分です。 賢くなりたいなら、知識を操る力の向上を徹底しましょう。 賢い人とは、知識が豊富な人ではなく、知識を操る力が優れている人のことをいうのです。 知識量より知識を操る力にこだわる。

5
★7

賢い人は、論理的思考力を身につけている。

賢い人の特徴の1つ。 それは「論理的思考力を身につけている」という点です。 論理的思考力とは、筋道を立てて考える力のことをいいます。 支離滅裂な考え方や感情に任せた話し方では、上手に説明することができません。 思考や判断が的外れでは、笑われるだけで、相手にされません。 もちろん気軽な雑談ならいいでしょう。 自由気ままに発言を楽しむのも、雑談の面白さの1つ。 細かい点は気にせず、とにかく明るく楽しく話すことに集中すれば、どんどん話が盛り上がっていきます。 しかし、説得して自分の主張を通したい場では、筋道を立てて説明する必要があります。 たとえば、プレゼンのときや企画を通したいときです。 根拠もデータもなく、主張したところで、誰も相手にしてくれません。 筋道を立てた話し方だからこそ、自分の主張を正しく相手に伝えられ、説得が実現できます。 そこで必要なのが、論理的思考力です。 論理的思考力を身につけていると、物事の本質を見極めた発言ができるようになります。 論理的思考力が身につくと、筋が通る話し方ができるので、話が分かりやすくなります。 説得力が向上するため、相手から同意や納得を得られやすくなります。 ぜひ、論理的思考力を身につけていきましょう。 絶対必要な能力ではありませんが、人生を切り開く武器になるため、なるべく身につけておくほうがいい能力です。 生活の中で自然と身につくこともありますが、積極的に心がけたほうが早く向上します。 論理的思考力は、日常生活を通して鍛えていける能力です。 論理的思考力に関する本を読んで、筋道が通った話し方の基本を学ぶのもいいでしょう。 本を読めば、論理的思考に関する知識や思考法を効率よく学べます。 ただし、本を読むだけで満足してはいけません。 論理的思考力は、スポーツと似ているところがあります。 本を読むだけで身につくことではありません。 経験と実践を積み重ねていくことで、能力が高めていけます。 知識を得るだけで終わらせず、普段の生活を通して、論理的に考える機会を作っていくことが大切です。 論理的思考力を鍛えるきっかけは、シンプルです。 普段から素朴なことに疑問を持って、理由を考えることから始めるだけで十分です。 たとえば、時事ニュースです。 テレビや新聞で時事ニュースを見聞きしたとき「なぜだろう」と疑問を持って、自分なりに理由を考えてみることが大切です。 すぐ人に正解を聞くのではなく、最初はじっくり自分の頭で考えることが大切です。 早く結論を出すことより、時間がかかってもいいので、正しい結論を出すことに集中しましょう。 自分なりの結論が出るまで考え抜く経験を積み重ねていくうちに、論理的な考え方と話し方が身についていきます。 論理的思考力は、一晩で身につくことではなく、長い時間がかかります。 情報の価値を見抜く。 現象と本質を見極める。 事実と事実以外を区別する。 「結論が出るまで考え抜く」という経験を積み重ねていくことで、論理的思考力を身につけていけます。 素朴なことに疑問を持ち、理由を考える経験を通して、論理的思考力を身につけていく。

6
★4

速く考えることは後回しでいい。
最初は深く考えることに集中する。

賢い人と言えば「頭の回転が速い」というイメージを持つ人があるのではないでしょうか。 物事を把握するスピードが速い。 一瞬で問題の解決策を導き出せる。 難しい問題であっても、素早く判断を下せる。 賢い人は、頭の回転が速いので「スピード」が伴う印象があります。 そのため、賢い人になりたいなら、できるだけスピードを意識して考えようと思いがちです。 ここに落とし穴があります。 速く考えることができても、考えが浅くては意味がありません。 素早く決断できても、間違った決断では逆効果です。 場合によっては、仕事をやり直すことになって、迷惑や二度手間が生じることもあります。 いくら速く考えることができても、漏れや間違いがあれば、賢い人とは言えません。 スピードにこだわると、賢明な思考や判断の妨げになります。 賢い人には、頭の回転が速い人もいますが、それはあくまで結果です。 経験と実績をたくさん積み重ねてきた結果、慣れと上達によって正確な判断を速く下せるようになっています。 最初から速さにこだわると、足元にある落とし穴に気づかず、大けがをすることになるでしょう。 大切なのは、速く考えることではありません。 深く考えることです。 賢い人になりたいなら、速く考えることは後回しにして、最初は深く考えることに集中するのが得策です。 誤解・間違い・見落としがないよう、じっくり考える。 1つの視点で満足せず、2つ以上の視点から考察する。 1つの正解にこだわらず、ほかの可能性も探ってみる。 独りよがりにならず、ほかの人の意見も取り入れてみる。 時間はかかってもいいので、じっくり考える時間を設けてください。 制限時間があるなら、事情がないかぎり、ぎりぎりまで考えるようにしたい。 正解が見つかっても、本当にこれで間違いないだろうかと再検証する余裕も持ちたいところです。 スピード思考を最初から求めるのではありません。 スピード思考は、後から身につくことです。 深く考える経験を積み重ねていくにつれて、だんだん速く考えることもできるようになります。 最初は、速く考えることより、深く考えることを意識する。

7
★4

普段から深く考える習慣をつけておこう。

「浅く考えること」と「深く考えること」。 どちらも「考える」という点は同じですが、結果が違います。 浅く考えると、物事の表面しか確認できません。 素早く決断と行動できるメリットはある一方、思考や判断を誤りやすいデメリットがあります。 もちろんささいな場面なら、浅く考えるのもいいでしょう。 たとえば、安い消耗品を購入するときです。 買い物を間違っても、経済的ダメージが小さいなら、悔やむことも少ないでしょう。 ささいなミスなら「まあいいか」の一言で済みます。 また、気分転換やストレス発散をする時間も、特に深く考える必要はないでしょう。 休憩やリラックスする時間は、のんびりすることに集中です。 あえて何も考えず、自由気ままに過ごすほうが効果的です。 そうした状況を除けば、できるだけ普段から深く考える習慣をつけておくことが大切です。 深く考えるとは、物事を表面的にとらえるのではなく、深いところまで掘り下げて考えるということです。 日常生活の中にも、深く考えたほうがいい場面があります。 勉強の学習意欲を高めるとき。 仕事の作業効率を考えるとき。 人間関係を改善させたいとき。 深く考えることで、未然にトラブルを防いだり、効率や効果を上げたりできます。 特に重要な選択をする場面では、深く考えることが必須です。 大きな契約を結ぶとき。 高額商品を購入するとき。 将来の進路を選択するとき。 生活へのインパクトの大きい判断では、やはり深く考えることが欠かせません。 物事には、よい点だけでなく、悪い点もあります。 目先の損得だけでなく、長期的な損得もあります。 まだ気づいていない可能性や選択肢もあるかもしれません。 考える時間が多ければ多いほど、さまざまな可能性を張り巡らせるようになります。 誤解・間違い・見落としを防ぎ、後悔を減らすためにも、深く考える習慣が大切です。 考えることも習慣です。 思考力は、筋肉のように鍛えるにつれて向上するものです。 普段から深く考える習慣をつけると、普段から思考のトレーニングをする状態になります。 深掘りをして「ほかに可能性はないだろうか」と考える癖をつけておきましょう。 最初はできなくても、普段から習慣として心がけることで、だんだんできるようになります。 じっくり考える時間を作れば、思考が深まって、普段気づかなかったことまで気づけるようになります。 普段から深く考える習慣をつけておけば、重要な場面でも思考力を発揮できるのです。 普段から深く考える習慣をつけておく。

8
★8

感情は、思考と判断の大敵。
常に理性を大事にする。

賢くなるために注意したいのは、感情です。 嫌な出来事があると、ネガティブな感情が発生して、いらいらするでしょう。 嬉しいことがあると、ポジティブな感情が発生して、うきうきしたりするでしょう。 人は感情を伴った生き物です。 感情を持つのは仕方ありませんが、ここが注意点です。 感情が伴うと、正しい思考も判断の妨げになります。 怒り・悲しみ・いら立ちなどのネガティブな感情があると、冷静な思考を妨げます。 たとえ楽しい・嬉しいといったポジティブな感情でさえ、冷静な思考を妨げます。 理性を失い、感情で動くようになると、野生の猿と同じになります。 どんなに賢い人でも、感情的になると、思考と判断を誤るリスクがあります。 往々にして感情が伴った思考と判断は、程度が浅くなりやすい。 感情的になった思考と判断は、先入観にとらわれた物の見方になってしまい、まともな結果にならないことが大半です。 熱意や意欲を高めるなら感情も大切ですが、思考力を高めるなら感情には要注意です。 感情は、思考と判断の大敵。 情動で行動すると、後悔を増やすことが多いのです。 思考力を高めるために大切にしたいのは「理性」です。 理性とは、本能や感情に支配されず、道理に基づいて思考し判断する能力です。 思考や判断をする際は、理性を大切にしましょう。 快・不快や好き・嫌いといった感情は抜きにして、落ち着いて考えた上で冷静に判断します。 理性を大切にした思考と判断は、自然と賢い状態になります。 知識・知恵・経験が限られていても、理性を大事にすると、賢い思考と判断を実現しやすくなります。 ●理性を取り戻す時間を作る もし感情的になっているなら、しばらく興奮が落ち着くまで一定の時間を設けるといいでしょう。 時間を置くと、興奮が静まり、理性を取り戻しやすくなります。 常に理性を大事にするだけで、賢さが一段階向上します。 素早く理性を取り戻すなら、リラックスする時間を作るのが効果的です。 難しく考える必要はなく、気楽に行えることがいいでしょう。 たとえば、散歩・入浴・ヨガ・瞑想です。 どれも体力や技術は必要ないので、気楽に行えます。 自分にとって気持ちが落ち着くことをすれば、スムーズに興奮が静まって、理性を取り戻せます。 常に理性を保って思考と判断を心がける。

9
★6

余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。

賢くなるために必要なのは、余裕と落ち着きです。 「賢さ」といえば「頭をよさ」をイメージすることが多いため、余裕や落ち着きは無関係に思えるかもしれません。 どちらかと言えば、品格や礼儀作法に関係するように思うのではないでしょうか。 しかし、賢さと相関関係があります。 賢い人は、頭の働きが鋭く、冷静な思考ができます。 ベストな判断や対処をするにはどうすればいいか、知恵を絞って、あらゆる可能性を探ります。 よい点だけでなく、悪い点も含めて考えます。 長期的・総合的に考えた結果、最終的に的確で賢明な判断を下します。 では、冷静な思考のためには何が必要なのか。 それが、余裕と落ち着きなのです。 焦りやいら立ちの多い状況で、物事を冷静に考えるのは難しい。 知恵を絞って、あらゆる可能性を探れるのも、余裕と落ち着きのおかげです。 よい点だけでなく、悪い点も含めて考えることができるのも、余裕と落ち着きのおかげです。 多角的・長期的・総合的に考えることができるのも、余裕と落ち着きのおかげです。 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。 余裕と落ち着きがあってこそ、冷静な思考ができるようになります。 賢くなりたいなら、余裕と落ち着きを心がけてください。 普段から焦ったりいらいらしたりしている人は要注意です。 余裕も落ち着きも、意識をすれば、手に入れられるものです。 「ないから仕方ない」と諦めるのではなく、できるだけ普段から維持できるよう心がけてください。 たとえば、生活習慣や生活リズムを少し見直すだけでも、余裕を増やせるでしょう。 呼吸を整え、大きな心をイメージするだけでも、気持ちが落ち着いてくるでしょう。 余裕と落ち着きは、あればあるほどよいものです。 余裕も落ち着きも、少なくて困ることはあっても、多くて困ることはありません。 特に忙しい時期では、余裕と落ち着きが失われがちですが、勝負所です。 どんなときでも、常に余裕と落ち着きを保つよう心がけてください。 常に余裕と落ち着きを保つ。

10
★10

賢くなるには、素直が欠かせない。

頑固や意地っ張りでは、なかなか賢くなれません。 人の意見を拒む性格では、情報の遮断が発生して、スムーズに新しい知識を吸収できません。 自分の殻に閉じこもることになり、視野や見識も制限されます。 自分の考えに自信を持つのはいいですが、執着すると、頭が固くなります。 たとえ賢明なアドバイスをしてくれる人がいても、頑固になって拒んでいては、貴重な情報を得る機会を失います。 思考をステップアップするチャンスを損ね、思考を進化させていけないのです。 そのため、賢くなるには、素直であることが欠かせません。 できるだけ人の意見を拒まず、ありのまま受け入れる姿勢が大切です。 素直になって、心をオープンにしておけば、スムーズに情報を吸収できる状態になります。 できるだけ先入観・偏見・固定観念を持たず、真っ白な気持ちで受け入れるようにしてみます。 先入観・偏見・固定観念をゼロにするのは難しいですが、減らす心がけならできるはずです。 不要な情報に振り回されることもありますが、吸収幅が広がる分、賢くなる可能性が高まります。 違和感のある考えであっても、一度受け入れてみたほうがいいでしょう。 たとえ納得できなくても、ひとまず受け入れたほうが賢明です。 理解できないのは、情報が間違っているのではなく、自分の理解が足りないだけかもしれません。 最初は違和感があっても、後から意味が理解できて、新しい発見やひらめきにつながる可能性があります。 素直は性格の問題であり、改善できないと思われがちですが、誤解です。 私たちはもともと幼いころ素直だったのですから、不可能ではありません。 性格であるものの、意識をすれば、大人になってからも改善は十分可能です。 見栄・体裁・世間体を忘れ、恥をかくつもりになる。 傷つくことを恐れず、頑固なプライドを捨てる。 思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。 こうした取り組みを根気強く積み重ねていくことで、固い心がだんだん柔らかくなり、素直な心を取り戻していけます。 素直になれば、情報の吸収がスムーズになるだけでなく、人間関係が良好になるメリットもあります。 人の意見を肯定して受け入れる姿勢があるため、摩擦や衝突が減って、お互いが気持ちよく過ごせるようになります。 素直は、生きづらさの軽減にも貢献します。 素直、素直、また素直。 周りから「素直だね」と言われるようになれば、合格です。 素直になることで、情報の吸収がスムーズになるため、賢くなる条件が高まるのです。 素直になる。

11
★3

目先の損得に惑わされない。
長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。

賢くなるためには、目先の損得に惑わされないことが大切です。 「今すぐ結果が得られる方法」と「結果が出るまでに時間がかかる方法」。 2つの選択肢があれば、どちらのほうが気になるでしょうか。 まず気になるのは、やはり即効性のある方法ではないでしょうか。 「すぐ効果が出るものは、素晴らしい」 「なかなか効果が出ないものは、よくない」 やはり即効性のある方法のほうが、効果の実感が湧きやすいため、魅力を感じるでしょう。 「1年で痩せる新ダイエット法」より「1カ月で痩せる新ダイエット法」のほうが興味をかき立てられるはずです。 深く考えることがないと、目先の損得で物事を考えがちです。 できるだけ短い期間で大きな効果を得ることができるなら、ベストに思えます。 しかし、目先の損得を軸にして考えると、短絡的な思考や判断になる傾向があります。 即効性のある方法が正しいとは限りません。 すぐ効果は得られても、長期で考えたとき、無意味だったり逆効果だったりする場合があります。 すぐ効果が出ないから無意味とも限りません。 最初は効果がなくても、後から大きな得が得られるかもしれません。 目先の損得に惑わされないためには、長期的な考え方が大切です。 たとえば、食事です。 短期的に考えるなら、安くておいしい食事を優先しがちです。 今の空腹さえ満たせば、すぐ満足感は得られますが、長期で考えるとベストな選択とは言えません。 ジャンクフードやファストフードなど、安くておいしい食事は、添加物が多くて栄養価も低い傾向があります。 「腹は満たせても、栄養は満たされていない」という状態になりがちです。 長期的に考えるなら、少し費用はかかったとしても、安全と栄養価を優先したほうが賢明と分かるでしょう。 資格取得についても同様です。 短期的に考えるなら、簡単で取りやすい資格に注目しがちです。 たくさん資格を持っていれば、就職にも有利になると思われがちですが、ここが落とし穴です。 いくら資格をたくさん持っていても、仕事に無関係の資格では無意味です。 自己満足にはなるでしょうが、就職活動の武器として生かすのは厳しいのが現実です。 長期的に考えるなら、取得に時間はかかっても、仕事に役立つ資格に絞って取ったほうが有益だと分かります。 ダイエットについても同じです。 無理な運動や急な食事制限をすると、短期で効果を得られますが、本当の成功とは限りません。 即効性のあるダイエットは、リバウンドがしやすかったり、健康に悪影響が出たりする場合が少なくありません。 本気でダイエットの成功を考えるなら、時間をかけたダイエットのほうが、リバウンドはなく健康的に痩せられます。 目先の損得に惑わされないでください。 目先の損得ばかり注目していると、足元にある落とし穴に気づかず、後悔を増やすことになるでしょう。 目先の損得を無視するわけではありません。 目先の損得を考えつつも、重点を置くのは、長期的な損得です。 長期的な取り組みは、忍耐力も集中力も必要ですが、その分だけ成功したときの利益も喜びも大きくなります。 長期的に考える習慣を持つことで、目先の損得に惑わされず、本当に大切な価値に気づきやすくなります。 短期的な損得に惑わされず、長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。

12
★2

賢くなるために大切な3つのポイント。
遊び心、発想力、想像力。

賢くなるために大切なポイントが、3つあります。 「遊び心」「発想力」「想像力」です。 賢さといえば、知識や知恵といった要素に頼りがちです。 もちろん知識も知恵も大切な要素なのは事実ですが、遊び心・発想力・想像力も重要なポイントです。 遊び心・発想力・想像力があれば、新しい価値を自ら生み出すことが可能になるからです。 遊び心があれば、心に余裕を生み出し、堅苦しい考えから抜け出せるようになります。 発想力があれば、常識や先入観にとらわれない、新しい方法や考え方を生み出せます。 想像力があれば、実際には経験していないことであっても、自由に推し量れます。 賢くなりたいなら、遊び心・発想力・想像力を大切にしましょう。 たとえば、料理をするときです。 レシピどおりに料理を作るのもいいですが、こんなときこそ、遊び心がもってこいです。 新しい楽しみ方をするため、遊び心でアレンジを加えます。 「こうすれば変わった味になるのではないか」と発想します。 「こんな味になるのでないか」と想像します。 遊び心・発想力・想像力の組み合わせによって、今までにない新しいレシピを生み出すことが可能になります。 誕生日を祝うときも、遊び心・発想力・想像力が大切です。 賢い人は「普通に祝うのではつまらない」と考え、遊び心でサプライズ企画を思いつきます。 「こんなふうに祝うと、感動してもらえるだろう」と想像しながら企画を考えていきます。 遊び心・発想力・想像力があるからこそ、サプライズ企画を成功に導けます。 人と接するときも、遊び心・発想力・想像力です。 あるとき、ふと遊び心が湧いて、相手を喜ばせてみたくなります。 「相手の隠れた魅力を褒めてみよう」と発想します。 「こういう言葉をかけてあげると、喜んでくれるのではないか」と想像します。 結果として、仲を深めるチャンスが得られ、ますます人間関係が豊かになります。 遊び心・発想力・想像力の3つがあれば、レシピやマニュアルにも載っていない、新しい価値を生み出せるようになります。 遊び心・発想力・想像力があれば、物事を楽しみながら臨機応変に対応できるようになります。 年齢を重ねても、脳を柔らかい状態に保てます。 もっと生活に遊びを取り入れましょう。 もっと豊かに発想して、もっと壮大に想像しましょう。 遊び心・発想力・想像力が豊かになれば、賢く行動ができるようになります。 遊び心・発想力・想像力を大切にする。

13
★5

賢い人には、本質を考える習慣がある。

賢い人には、本質を考える習慣があります。 何事も本質が重要です。 もちろん本質を意識しなくても、仕事をすることは可能です。 言われたとおりに進め、大きなトラブルさえなければ、ひとまず無難に仕事を完了できるでしょう。 最低限をクリアしていれば、特にトラブルもなく、いつもと同じ日々を送れます。 しかし、本質を意識しているかどうかは、進め方や効率に大きな違いをもたらします。 賢くなりたいなら、本質を考える習慣をつけてください。 本質を考えることは、ゴールを考えることでもあります。 何事も手当たり次第に進めるより、本質を見抜いた上で取り組んだほうが、効率よく確実に進めることができます。 ゴールが分かっていると、正しい見方や考え方ができるようになり、ベストな手段を選択できるようになります。 たとえば、受験です。 賢くない人は、とにかく手当たり次第に勉強をして、試験で高得点を目指そうとします。 もちろん勉強量を増やすのはいいのですが、勉強科目が偏ったり達成目標が曖昧になったりして、目的を見失いがちです。 受験の本質は、志望校に合格することです。 賢い人は、本質は合格であることを理解しています。 まず志望校の試験の傾向と対策を把握します。 その上で必要科目をバランスよく勉強して、総合点で合格ラインをクリアしようとします。 そのため効率のよい勉強を進めることができ、目的どおり、合格を勝ち取るのです。 また、仕事でも、賢い人とそうでない人の違いが見られる点です。 賢くない人は、与えられた仕事をただ言われたとおりにこなします。 仕事の本質は、目的です。 賢い人は、着手する前に、与えられた仕事の目的を確認します。 目的が分かれば、目的に沿った仕事の進め方を自分なりに考えて、効率よく進めようとします。 たとえトラブルが起こっても、目的が分かっていれば、臨機応変に対応できます。 接客業でも同じです。 賢くない人は、マニュアルどおりの接客だけを心がけます。 もしマニュアルに載っていない想定外が発生すれば、思考停止に陥り、スムーズな対処ができません。 接客業の本質は、ホスピタリティーです。 賢い人は、ホスピタリティーを持って対応するにはどうすればいいか考えます。 マニュアルに従いつつも、ホスピタリティーを実現するため、臨機応変な対応ができるようになるのです。 本質を意識することで、ゴールまでの明確な道筋が見えます。 ぶれない軸が出来上がり、無駄が減って、効率よい仕事の進め方が可能になるのです。 常に本質を考える習慣をつけていきましょう。 「この仕事の本質は何だろうか」と問いかける習慣が大切です。 余計な雑念が取り払われ、大切なことに集中しやすくなります。 本質を考える習慣をつける。

14
★7

本質を考える力は、たった一言で強化できる。
「本当に大切なことは何だろうか」

賢い人は、本質を考える習慣があります。 現象的・表面的なことにとらわれず、物事の本質を考え、見極めようとします。 受験で大切なのは、高得点を取ることではなく、大学に受験すること。 仕事で大切なのは、頑張ることではなく、結果を出すこと。 恋愛で大切なのは、相手を支配することではなく、愛すること。 子育てで大切なのは、過保護に育てることではなく、自立させること。 そして人生で大切なのは、お金持ちになることではなく、幸せになること。 何事も本質が大切です。 本質が分かると、軸がぶれず、目的に向かってまっすぐ突き進めるようになります。 本質を考える習慣があるからこそ、現象的・表面的なことにとらわれず、核心を突いた言動が行えます。 夢を叶える力も強化されるのです。 本質を考える力は、普段の心がけによって身につきますが、もっとシンプルな一言で強化できます。 問題に直面して悩んだとき、次の言葉を自分に問いかけてみてください。 「本当に大切なことは何だろうか」 この一言を自分に問いかけた瞬間、あなたの思考が研ぎ澄まされます。 余計な邪念に惑わされず、本当の原因や根本的なことに注目しやすくなるでしょう。 もちろんすぐに答えが見つかるとは限りません。 自分に問いかけても、なかなか答えが見つからないこともあるでしょう。 しかし、少なくとも思考は鋭くなるはずです。 物事の中心に迫るような感覚で、思考がぐっと深くなるでしょう。 本質を発見しやすくなるはずです。 シンプルな一言ですが、本質を考える効果は抜群です。 この一言は、どんな場面でも活用できます。 勉強で悩んだとき、人付き合いで悩んだとき、仕事で悩んだとき。 「本当に大切なことは何だろうか」と問いかける習慣ができれば、本質を考える習慣もできます。 口癖にしてもいいでしょう。 壁にぶち当たったときは「本当に大切なことは何だろうか」と自分に問いかけてみてください。 あなたの思考がぐっと深くなります。 壁にぶち当たったときは「本当に大切なことは何だろうか」と自分に問いかける。

15
★9

良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。

論理的な思考には、良い面と悪い面の両方を確認する習慣が大切です。 良い面だけを知って、それで満足していませんか。 たしかに良い面については、十分知ることができたかもしれませんが、満足するのはまだ早い。 ここで注目してほしいのは、悪い面です。 二面性を大事にしてください。 何事も、良い面だけでなく、悪い面もあります。 利点・長所・メリットだけでなく、欠点・短所・デメリットもあるはずです。 良い面と悪い面の両方を確認することで、思考のバランスが整い、より賢く判断できるようになります。 たとえば、家電量販店で家電製品を購入する場面があるとします。 店員さんによる説明は、販売促進のため、良い面だけに偏る傾向があります。 「コンパクト」 「処理スピードが速い」 「デザインがおしゃれ」 「保証期間が長い」 「今なら特別割引が可能」 良い面だけを知って「メリットが多い」「得がたくさんある」と思って即購入するのは注意が必要です。 こういうときこそ「何か悪い面もあるはずだ」と思って確認してみることが大切です。 「重さがある」 「動作音が大きい」 「消費電力が大きい」 「定期的なメンテナンスが必要」 「使いこなすには、慣れる必要がある」 最初は購入に前向きだったとしても、悪い面を知ることで考えが変わるのはよくあること。 良い面だけでなく、悪い面も確認すると、より正確な必要性を判断できるようになるでしょう。 また、海外留学を検討する場面があるとします。 海外留学には、良い面がたくさんあります。 「語学力を磨ける」 「視野や見識を広げられる」 「現地で友達ができる」 「就職活動が有利になる」 「気分転換・ストレス発散になる」 「母国の良さを再確認できる」 その一方で悪い面もあります。 「多額の費用がかかる」 「身の危険や生活上の不便が増える」 「ホームシックになるかもしれない」 「外国語によるコミュニケーションに困る」 「卒業や就職が遅れるかもしれない」 良い面だけでなく、悪い面も考えると、より的確な判断がしやすくなるでしょう。 頭の中だけで考えるだけでなく、紙に書き出すのもおすすめです。 良い面と悪い面のそれぞれを一度紙に書き出すと、目に見える形になるので、より具体的に比較しやすくなります。 何事も、良い面と悪い面の両方を確認する習慣を身につけてください。 時には、知りたくない事実を知ることもあるかもしれませんが、必要なプロセスです。 良しあしにかかわらず、きちんと正しい現実を知っておくことが大事です。 それぞれを天秤に乗せて考えることで、実行すべきか諦めるべきか、賢い判断と良質な決断を下しやすくなります。 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。

16
★5

段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。

仕事に取り組む自分を振り返ってみてください。 いきなり着手していませんか。 行き当たりばったりで、問題解決に取り組んでいませんか。 たしかに着手するまでの時間が短く、行動力があるのは素晴らしいでしょう。 早く着手したほうが、結果も早く出ます。 ぐだぐだ言い訳を後回しにするより、すぐ実行に移すほうが、結果が出るのも早くなります。 少なくとも現実は前進しているので、何らかの結果が得られるでしょう。 じっとしているより、具体的な行動をしている点では、素晴らしいと言えます。 しかし、すぐ着手するのがベストとは限りません。 何も考えず、いきなり仕事に着手すると、仕事が二度手間になることがあります。 同じ仕事をやり直すのは、時間も労力も無駄になります。 ミスや失敗を招きやすくなるでしょう。 自分だけでなく、周りに不快感を与えたり迷惑をかけたりすることもあるでしょう。 取り返しのつかないミスをしてしまっては笑えません。 そこで必要なポイントが、2つあります。 「段取り」と「優先順位」です。 陳腐でありふれたことと思うかもしれませんが、自分の仕事の取り組み方を振り返ってみてください。 段取りを考えているつもりであっても、甘い部分はないでしょうか。 優先順位を考えているつもりであっても、中途半端になっていないでしょうか。 「当たり前」という認識だからこそ重要性が軽視され、実行できていないことがあります。 実行できていたとしても、手抜きや中途半端が目立っているかもしれません。 段取りと優先順位を考えないでうまくいったら、それはたまたまうまくいっただけのこと。 運や偶然に頼るような仕事の進め方は、賢明と言えません。 あらためて段取りと優先順位を考える習慣を確認してみてください。 作業の重要性を意識して、上手に整った形になるよう考えます。 完璧に考える必要はありませんが、最低限は考えておくことが大切です。 状況にかかわらず、段取りと優先順位は常に意識したい。 特に注意したいのは、忙しい状況です。 普段はきちんと実行できていても、繁忙期で余裕がなくなると、段取りや優先順位がおろそかになりがちです。 どんなときでも、段取りと優先順位を徹底しましょう。 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件です。 段取りと優先順位を考えてから、仕事に取り組む。

17
★4

目的と手段がすり替わっていないか。

賢くなるためには、目的と手段を区別することが大切です。 「それくらいきちんと区別できている」という人も多いのではないでしょうか。 もちろん最初は区別できていたかもしれませんが、問題なのは、しばらく時間が経ったときです。 最初は目的と手段を区別できていても、いつの間にかすり替わっていることがあるため注意が必要です。 たとえば、貯金です。 「幸せと余裕を増やす」という目的があり、その手段として「節約」を心がけるとします。 毎日無駄遣いを避け、余計な消費は避け、こつこつお金を貯めていきます。 ところが途中から、手段であるはずの節約がエスカレートしていくことが少なくありません。 「とにかく節約がすべて」 「節約のためなら、何でもする」 「節約ができるなら、ほかは犠牲になってもいい」 節約がエスカレートした結果、喧嘩が増えたり、情緒不安定になったり、人間関係も希薄になったりする。 幸せと余裕を増やすための節約が、かえって幸せと余裕を減らす結果になっている状態です。 これでは、何のための節約か分からなくなります。 毎日節約のことばかりを考えていると、いつの間にか節約が最重要になり、手段が目的にすり替わることがあるのです。 また資格取得も注意が必要です。 「就職や転職を有利にする」という目的で、資格を取ろうと考える人がいるとします。 たしかに多くの資格を持っていたほうが、就職や転職になるでしょう。 資格取得を目指すのはいいのですが、夢中になっていると、途中でよからぬ方向に脱線することがあります。 「1つでもたくさん資格を取ろう」と考える。 「資格が多ければ多いほど、自分の価値も高まる」と思い込む。 資格取得にとらわれていると、視野が狭くなって、本来の目的を見失います。 資格取得に気を取られて、就職や転職のタイミングを逃すことになっては、何のための資格取得か分かりません。 就職や転職を有利にするために資格を取ろうとしていたにもかかわらず、いつの間にか資格取得が目的になっている状態です。 いくら資格の数が多くても、仕事に無関係なら、就職や転職に生かせません。 資格を取ることに注意が向くと、時間の浪費にもつながります。 気づけば、単なる資格マニアになっています。 資格を持つのはいいですが、手段が目的にすり替わると、お金や時間に無駄が生まれます。 どこを目指していたのか分からなくなり、途中で道に迷ってしまうのです。 あなたの仕事の目的と手段は何ですか。 目的と手段が明確に区別され、すり替わっていないか確認してみてください。 最初はできていても、途中ですり替わることもあるため、定期的な確認が大切です。 目的と手段を明確に区別することで、道に迷うことが少なくなります。 目的と手段がすり替わらないよう注意する。

18
★2

賢い人は、好奇心を大切にする。

賢くなるために、大切にしたい心があります。 好奇心です。 好奇心とは、未知のことや珍しいことに興味を持つ心のことをいいます。 「好奇心は子供が持つもの。大人が好奇心を持つのは不自然」と思っていませんか。 いいえ、それは誤解です。 好奇心は、子供だけでなく、大人も大切にしたい心です。 賢くなるためだけでなく、楽しく生きるために必要な心でもあります。 好奇心を大切にすると、新しいことに敏感になるため、情報の吸収力が向上します。 好奇心は、記憶力を高める効果があります。 強制で学ばされた勉強とは違い、好奇心を持って学んだことのほうが、わくわくした気持ちがあるのでスムーズに吸収できます。 私たちは大人になるにつれて、好奇心を忘れてしまう傾向があります。 幼いころは純粋な好奇心に従って行動していましたが、大人になるにつれて、現実を見るようになります。 好奇心より、保守的・合理的・現実的な考え方を大切にしようとする。 特に社会人になって働き始めると、仕事はお金が絡んでいるため、何でも好奇心で行動するわけにはいきません。 好奇心より利害損得を考えた行動になりがちです。 しかし、いつも利害損得を考えた行動ばかりでは、つまらない大人になってしまいます。 利害損得ばかり考えていると、考える幅が狭くなり、だんだん頭も固くなります。 学ぶときも、役立つかどうかで選別してしまい、知識の吸収力も悪くなる。 何をするにも、品定めをするような目つきになって、表情も悪くなってしまうのです。 そこで大切なのが、好奇心です。 いま一度、好奇心を思い出しましょう。 好奇心は、誰もが持っています。 もちろんあなたも好奇心を持っています。 心がわくわくする気持ちに気づいてください。 「気になる」 「興味がある」 「面白そうだ」 「楽しそうだ」 「これが好き!」 心がわくわくしたら、それが好奇心です。 好奇心を大切にすると、未知のことや珍しいことをどんどん吸収していけ、賢くなっていけます。 また常に新しい情報を吸収する状態になるため、心を若く保てます。 興味があることは、自分から進んで向かっていきましょう。 「興味がある」と思ったら、ゴーサインです。 興味があることに向かって素直に突き進んでいけば、新しい世界を知ることができます。 好奇心があるかぎり、常に心は若く保てます。 そして、どんどん賢くなっていけるのです。 好奇心を大切にする。

19
★3

古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。

賢い人になりたいなら、古いものに注意しましょう。 古くからある慣習。 古くから続く方法。 古くから続いている考え方。 たしかに古いものには、長年の実績があるため、正しいものと判断して、安心しがちです。 物事の思考や判断をする際も、まず古いものを優先・重視することが多いでしょう。 私たちには「古いものを選んでおけば間違いない」という暗黙の了解があります。 「実績があるから」「今までと同じだから」と思えば、ひとまず納得できます。 しかし、古いものばかりでは、頭も固くなってしまいます。 古いものに執着していると、必然的に同じことの繰り返しになります。 変化も乏しくなり、脳の老化も加速します。 また、古いものが正しいとは限りません。 時代はどんどん変化していきます。 1日ごとに世の中は、少しずつ変化しています。 昨日と今日とでは、わずかに世の中が変わっています。 今現在も、世の中は変化を続けている最中です。 以前と同じものに執着していると、時代から取り残されるでしょう。 そこで取り入れたいのが、新しいものです。 古いものばかりに執着せず、新しいものも取り入れてください。 もちろん古い考えを否定するわけではありません。 「古いものを尊重しつつ、新しいものも取り入れる」ということです。 新しいものを「一過性の流行」と軽視せず、一度受け入れてみることが大切です。 新しい慣習。 新しい方法。 新しい考え方。 実績は不十分であっても、新しいものには可能性が秘められています。 もちろん取り入れた結果、無駄・不要と判断すれば、それはそれでいいのです。 少なくとも新しい可能性を吟味した点では「新しい挑戦ができた」と言えるでしょう。 保守的・消極的な心を打ち破り、一歩前に踏み出したのです。 新しいものを取り入れ続けていれば、変化していく世の中についていけます。 新鮮な刺激も増え、脳の若さを保てます。 知識や教養として知っておくだけでも、意味があるでしょう。 「こんな新しいものがあったのか」と驚くことが大切です。 視野や見識といった思考の幅がぐっと広がります。 結果として、より賢明な判断を下せるようになるのです。 最近、新しいものを取り入れていますか。 同じことの繰り返しばかりなら、少し時代から取り残されている可能性があります。 新しいものを毛嫌いせず、楽しむつもりで、どんどん触れていきましょう。 古いものばかりではなく、新しいものも取り入れる。

20
★6

自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。

賢い人になるためには自分を知りましょう。 あなたは、自分のことをうまく説明できますか。 「自分のことくらい知っている」と思うかもしれませんが、ポイントは「どこまで具体的に知っているか」です。 意外と曖昧に理解していることが多いのではないでしょうか。 人によって個性も特徴も異なりますが、あなたにも特有の個性や特徴があるはずです。 自分の個性を分かっていなければ、自分のパフォーマンスをきちんと発揮できません。 あなたには、さまざまな特徴があります。 体質・性格・趣味・特技・考え方。 好き嫌い・短所や長所・得意や不得意。 賢くなるには、自分を知ることが欠かせません。 自分を知ることで、必要な環境を整えやすくなるからです。 自分を熟知できていれば、自分に合わせた判断や行動を選択できるようになります。 たとえば「短時間しか集中できない」という特徴があるとします。 集中できないからと諦めるのではありません。 短時間しか集中できないなら、小まめに休憩を作ることで、仕事のセット数を増やせばいいのです。 1セットあたりの仕事時間が短くても、セット数を増やせば、結果としてパフォーマンスを向上させることが可能です。 「細かい確認が苦手」という特徴があるとします。 努力によって克服する方法もありますが、性格上、思うように改善できないこともあるでしょう。 もっと単純な解決策があります。 細かい仕事だけ得意な人にお願いして、自分は得意な仕事に集中すればいいのです。 自分の得意に合わせた仕事の仕方をすれば、全体として最大限の仕事を発揮できるでしょう。 「活字が苦手」という特徴があるとします。 本や雑誌など、活字を通して学ぶのが苦手なら、読む以外の手段で学ぶ方法が考えられます。 たとえば、テレビ・ラジオ・オーディオブックなどの手段なら、活字に触れなくても情報収集が可能です。 苦手は苦手ですから仕方ありません。 特に性格に起因した苦手は、克服したくても難しいでしょう。 そもそも克服が不可能ということもあるはずです。 苦手も短所も不得意も、そのままでいい。 克服するのではなく、回避策・代替策によって、問題を対処していけます。 自分のパフォーマンスをきちんと発揮させるためにも、自分を知ることが大切です。 さまざまな状況に身を置いて、自分の特徴をつかんでいきましょう。 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つです。 自分を知る。

21
★5

食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。

頭がぼうっとして働かない。 そんなときに、確認してほしい3つのポイントがあります。 食事・運動・睡眠です。 賢い人になるためには、日頃の生活習慣も大切です。 賢くなると言えば、勉強を頑張ったり経験を積んだりすることに注意が向きがちですが、生活習慣も重要です。 食事・運動・睡眠は、知識や知恵を吸収する行為ではありませんが、賢くなるために欠かせないポイントです。 脳が不健康な状態で、どうやって賢くなるのでしょうか。 正常な思考をするためには、きちんと脳が活動している必要があります。 きちんと脳が活動するために必要なのが、食事・運動・睡眠です。 また食事・運動・睡眠を心がけることで、脳機能を活性化させることも可能です。 ●食事 脳のガソリンは、ブドウ糖です。 空腹のままでは、脳の働きは悪くなります。 食事を取ってブドウ糖を吸収するからこそ、脳は本来のパフォーマンスを発揮できます。 栄養バランスの取れた食事も大切です。 五大栄養素は、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルです。 健康によい食事は、脳にもよい食事でもあります。 できるだけ栄養が偏らないよう、バランスのよい食事を心がけることで、脳も喜びます。 さらに余裕があれば、DHAやEPAを含んだ食材にも注目してみましょう。 DHAやEPAは別名「脳の栄養素」とも呼ばれ、脳の神経組織の機能を高める働きがあります。 魚料理は、頭がよくなる頭脳料理。 青魚を中心とした魚に多く含まれているため、意識的に摂取量を増やすといいでしょう。 ●運動 運動は、脳の活性化に効果があります。 運動によって記憶に関する脳の部位「海馬」が大きくなることが確認されています。 つまり、記憶力が向上して、学習能力が高まることが期待できます。 特に有酸素運動が効果的です。 積極的に体を動かして酸素を取り込むことは、気分転換やストレス発散に役立ちます。 運動には、血中の老廃物や中性脂肪などの排出を促す働きもあります。 心身共にすっきりした状態になれば、脳も活発に活動できます。 ●睡眠 睡眠不足のとき、なかなか脳が働かないのは、誰もが経験したことがあるでしょう。 日中に活動した脳は、夜になるとへとへとになっています。 しっかり睡眠を取って脳を休ませることで、脳は本来のパフォーマンスを発揮できます。 成人に必要な睡眠時間は、7時間から8時間と言われています。 この時間は、昼寝の時間も含めて考えます。 できるだけ早寝早起きを心がけると、生活リズムも整ってさらに効果的です。 十分な睡眠時間を確保すれば、脳は活発に活動するため、頭を使う仕事もはかどります。 食事・運動・睡眠の生活習慣を通して、脳の健康を心がける。

22
★4

瞑想をするだけで賢くなれる。

賢くなるために、瞑想の習慣が効果的です。 瞑想と聞くと、宗教的なイメージが強く、抵抗感や苦手意識があるかもしれません。 中には暗い印象を持っている人もいるのではないでしょうか。 瞑想は、何も考えずじっとする行為なので、賢さとは無関係に思えます。 たしかに頭も体も動かさず、ぼうっとしているだけです。 しかし、賢さと無関係と思うなら誤解です。 無関係どころか、大いに関係しているからです。 瞑想には、賢くするための要素が数多くあります。 私たちは普段、数多くの物事を考えていると言われています。 私たちは、1日におよそ187000項目のことを考えていると言われています。 1日は86400秒ですから、1秒に2項目以上考えていることになります。 ほぼ常に何かを考えている状態と言っていいでしょう。 考えていることの多くは、過去の後悔や将来の不安です。 仕事のこと、人間関係のこと、お金のこと、健康のこと、将来のこと。 「ああすればよかった」「こうしたほうがいいだろうか」といつも何らかの考え事をしています。 たとえ睡眠中でさえ、夢を見ることで、考える行為が行われています。 考え事があるのはいいのですが、量や頻度があまりに多いため、もはや考え事に飲み込まれている状態になっています。 常に何かを考えているため、脳は休む暇がなく、疲れ果ててしまっている状態です。 そこで役立つのが、瞑想です。 瞑想とは、完全に何も考えない時間を作る行為。 瞑想をすることで、意識を現在から切り離し、完全に何も考えない時間を作ります。 雑念に飲み込まれていた状況から脱して、冷静な自分に戻れます。 そのため瞑想には、脳の働きを活性化させる作用が確認されています。 (瞑想の効果1)記憶に関する能力が向上する 瞑想を行うことで、海馬の領域が拡大することが確認されています。 海馬とは、判断や記憶に関係する脳の部位です。 つまり、判断力や記憶力が向上するといった効果が見込まれます。 ひいては学習能力の向上に役立ちます。 (瞑想の効果2)ストレスの過剰反応を抑える 瞑想を行うことで、扁桃体が縮小することが確認されています。 「縮小」と聞くと、悪いことに思えるかもしれませんが、そうとは限りません。 扁桃体は、快・不快や好き嫌いの感情に関わる脳の部位です。 扁桃体が縮小することで、気持ちが安定しやすくなり、ストレスの過剰反応を抑える働きがあります。 (瞑想の効果3)余裕と落ち着きを取り戻せる 瞑想を行うことで、忘我の境地を体験できます。 私たちは忙しい日々を送っていますが、瞑想によって余裕と落ち着きを取り戻す効果があります。 いらいらした気分を解消でき、心に余裕と落ち着きが生まれます。 余裕と落ち着きによって理性と自制心が安定して、冷静な思考と判断をする力が向上します。 § 瞑想を行うことで、脳の情報処理能力が底上げされ、頭の働きが向上する効果が見込まれます。 瞑想の方法は簡単です。 目をつぶり、何も考えない時間を作るだけです。 何か考えてしまいそうなら、呼吸に意識を向けると、無心に集中しやすくなります。 瞑想は、長時間行う必要はありません。 1日3分の瞑想でも効果があることが確認されています。 余裕があれば、5分でも10分でも瞑想をするといいでしょう。 今日から瞑想を習慣にして、瞑想の達人になりましょう。 「瞑想をするだけで賢くなれる」と言っても過言ではないのです。 1日3分、瞑想の時間を作る。

23
★3

さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。

最近、新しく始めたことはありますか。 毎日、同じことの繰り返しになっていませんか。 もちろん同じことの繰り返しなら、早くスムーズに行えるでしょう。 慣れて習熟していることなら、ミスも失敗も減り、緊張感もストレスも小さいはずです。 しかし、同じことの繰り返しでは成長も限られます。 自分にとっては楽かもしれませんが、同じことの繰り返しばかりでは、新しい刺激がないため、成長が停滞します。 賢い人になるために何が必要か。 それは、さまざまな経験を積むことに尽きます。 同じ経験ばかり繰り返すのではなく、新しい経験をしていくことが大切です。 さまざまな経験を積んでいくことで、さまざまな世界を知ることができます。 知識や知恵が増え、考えや理解が深まります。 結果として、見識や世界観も広がっていくのです。 少しストレスはあるかもしれませんが、それは自分の心が大きくなっている証拠と考えるといいでしょう。 たとえば、仕事です。 同じ仕事ばかりするのではなく、新しい仕事に挑戦してみるのもいいでしょう。 少し難しいことであっても「新しい成長につながる」「自分を高めるチャンス」と思えば取り組みやすくなるはずです。 「少し難しそう」という程度なら、比較的取り組みやすいでしょう。 経験の種類も大切です。 成功体験だけでなく、失敗体験も経験していきましょう。 成功体験より失敗体験のほうが、学べることが多くなります。 失敗した原因を探ることで、教訓や改善点が見え、自分を向上させるきっかけになるでしょう。 娯楽も、いろいろな種類を楽しみたい。 読書・スポーツ・カラオケ・バーベキュー・ヨガ・アロマセラピー。 娯楽なら、楽しみながら知識や経験を増やしていけます。 映画鑑賞もおすすめです。 映画は、実際の経験ではありませんが、経験の一部になります。 しっかり感情移入をして鑑賞すると、さまざまな状況を疑似体験する機会になるでしょう。 さまざまな場面や状況を見ることで、感情が揺さぶられたり、世界観が広がったりします。 「こういう状況なら自分はどうするだろうか」と問題意識を持って鑑賞すると、より高い価値が得られるはずです。 旅行もおすすめです。 予算の都合がつくかぎり、さまざまなところに行くといいでしょう。 国内旅行だけでなく、海外旅行にも挑戦したい。 勇気があれば、団体旅行だけでなく、個人旅行も検討してみてください。 1人で行動すると、大変なこともありますが、すべての経験を独り占めできます。 忘れてならないのは、人です。 人と出会ったり別れたりすることも、勉強です。 人1人との出会いは、本100冊分以上の価値があると言われています。 「世の中にはこんな人がいるのか」と知るだけでも、意味があります。 特に自分とまったく異なるタイプの人からは、多くのことを学べます。 「理解できない」と拒否するのではなく、吸収するつもりで理解していきましょう。 違和感があっても、ひとまず肯定して受け止める。 さまざまな人からさまざまな価値を吸収していくことで、心の器も大きくなります。 人との出会いと別れを繰り返していくことで、あなたはどんどん成長していけます。 1つでも多く経験を積みたい。 1つでも種類の異なる経験を積みたい。 できるだけえり好みをせず、貪欲に経験していきましょう。 さまざまな経験を積むことで、賢くなっていけます。 さまざまな経験を積んでいこう。

24
★2

新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。

賢くなるためには、さまざまな経験を積むことが大切です。 さまざまな経験を積むには、新しい挑戦が欠かせません。 新しい挑戦をすると、新しい知識や刺激が得られ、自分の成長を促せます。 経験の種類を増やすことができるため、知識を増やしたり、見識や世界観を広げたりすることにもつながります。 ところが、新しい挑戦をしたくても、なかなか勇気が出なくて、苦労している人も多いのではないでしょうか。 初めて経験することには、独特の不安や緊張感があります。 特に小心者・臆病者・恥ずかしがり屋にとって、新しい経験は強い抵抗感を覚えるはずです。 「新しい挑戦をしたいけど、勇気が出ない」 そんなとき、おすすめの考え方があります。 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えてみましょう。 新しい挑戦をすることで、新しい成長ができると思えば、勇気が出るのではないでしょうか。 弱気の心が消え、強気の心が生まれるでしょう。 挑戦に対するネガティブな印象が消え、ポジティブな印象に変わるでしょう。 どんどん自分を高めていきたいと思いませんか。 自分を成長させたいなら、新しい挑戦をするだけでいいのです。 新しい挑戦をすると、新しい経験が得られるのは確実です。 宝くじに当たるのは、天文学的に低い確率ですが、新しい挑戦に挑めば、100パーセント新しい成長が得られます。 これほど確実性の高い選択肢はほかにありません。 目の前に当選確実の選択肢があるのですから、挑戦しないのはもったいないことです。 挑戦には、少し不快感や緊張感もあるかもしれませんが、効果が伴っている証拠です。 成長には変化が伴うため、大なり小なり、ストレスがあるのも普通です。 ちょっとしたストレスは「自分の成長に効いている」と前向きに考え、笑い飛ばしましょう。 新しい経験に伴うストレスは、心を鍛えるダンベルのようなもの。 少し苦痛はありますが、だからこそ鍛えられます。 自然と新しい経験がやって来るのを待つのではありません。 自分から新しい経験に飛び込んでいきましょう。 新しい挑戦は、賢くなるためにも欠かせない取り組みです。 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出るのです。 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えて、勇気を出す。

25
★3

雰囲気に合わせても、流されてはいけない。

賢くなるためには、雰囲気に合わせることが大切です。 場の空気を読んで、違和感がないよう、周りと言動を合わせます。 円滑な人間関係には、雰囲気に合わせる能力が欠かせません。 場に合わせた行動をすれば、人との摩擦や衝突が減るので、円滑な人間関係を実現しやすくなります。 しかし、雰囲気に合わせるのはいいですが、流されるのはよくありません。 雰囲気に合わせるのはOKですが、流されるのはNGです。 どちらも見た目は同じかもしれませんが、本質に大きな違いがあります。 雰囲気に合わせる状態は、あくまで主体性を保たれている状態です。 周りの雰囲気に合わせつつも、きちんと自分の意志と判断で行動しています。 きちんと自分の考えや立場をはっきり持っていて、周りに影響されていない状態を保っています。 一方、雰囲気に流される状態は、主体性が欠如している状態です。 自分の意志や判断は後回しにして、周りに合わせることが第一になっています。 「嫌われたくない」「少しでも好かれたい」という気持ちが強いと、周りに合わせて流される状態になりがちです。 周りに流される状態は、衝突や対立はないものの、注意が必要です。 雰囲気に流されると、自分らしい判断や行動がしにくくなります。 ふらふら周りに流されていると、自分らしさが失われ、自分も見失います。 思いもよらぬ判断をしたり、不本意な結果をもたらしたりする危険もあります。 後から「こんなはずではなかった」と悔やむことになるのです。 主体性を失って、周りに流されている状態は、賢いと言えません。 雰囲気に合わせても、流されないこと。 表向きは同じに見えても、結果には、大きな違いがあります。 常に主体性を保つことで、周りに流されず、賢く判断と行動ができるようになります。 雰囲気に合わせても、流されないようにする。

26
★2

賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。

賢い人になるためには、雰囲気も大切です。 ずばり、賢そうな雰囲気です。 実際の賢さと直接関係しているわけではありませんが、少なくとも賢そうに見られることは悪いことではありません。 評価や印象が高まることで、人付き合いに好影響が及び、あなた自身にも間接的なメリットがあるでしょう。 賢そうな雰囲気を出すために、特別な道具や高級ブランド品は不要です。 もちろんお世辞もごますりも不要です。 賢そうな雰囲気を出すのは、もっと基本的なことで実現可能です。 賢そうな雰囲気には、次の4つがポイントです。 (賢そうな雰囲気1)清潔感のある身だしなみ まず大切なのは、清潔感です。 もちろん完璧な清潔感を心がける必要はなく、相手に不快感を与えない程度で十分です。 髪を整える。 爪を短く切る。 きれいめの服装。 男性ならひげを剃り、女性なら薄化粧です。 ビジネスシューズなら、定期的に靴磨きをしていくといいでしょう。 盲点なのが、持ち物です。 持ち物も、身だしなみの1つ。 ぼろぼろの財布やカバンは、好印象にはつながりにくい。 できるだけ清潔感のある持ち物のほうが好印象です。 消耗が激しいなら、新しく買い換えるのも選択肢です。 (賢そうな雰囲気2)礼儀正しい態度 正しい礼儀作法から、余裕と自信、知性と教養が感じられます。 できるだけ動作を省略せず、一つ一つの動作を丁寧にすることが大切です。 マナーを大切にすることで、お互い気分よく過ごせます。 礼儀正しい態度を心がけることで、余裕を見せることができ、賢そうな雰囲気が向上します。 (賢そうな雰囲気3)丁寧な言葉遣い 乱暴な言葉遣いは控え、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。 常に相手の気持ちを考え、表現や言いすぎには注意します。 省略や学生言葉には注意して、相手に分かりやすい言葉を使います。 好意や親切があったときは「ありがとうございます」と感謝を伝えます。 うっかり迷惑をかけてしまったときは「ごめんなさい」「申し訳ございません」と素直に謝ります。 きれいな言葉遣いを意識することで、ますます賢い印象も向上します。 特に注意したいのは、感情的になったときです。 理性や自制心を失っているときは、気持ちに余裕がないため、言葉遣いが悪くなる傾向があります。 たとえ感情的になっても、丁寧な言葉遣いを貫くことが大切です。 (賢そうな雰囲気4)落ち着いた話し方 落ち着いた話し方からは、余裕が感じられます。 もちろんのろのろ話すわけではなく、一言ずつ丁寧に発するということです。 話し方が落ち着いていると「自分の考え方に自信がある」という印象が伝わって、賢そうな雰囲気が出ます。 ゆっくり話すことで、相手にとっても声が聴きやすくなります。 一言ずつ発言することで、失言を減らすこともできます。 誤解をされることがあっても、慌てず、落ち着いて解くようにします。 § 実際の賢さとは違い、賢そうな雰囲気は、短時間で実現することが可能です。 まず清潔感のある身だしなみから取り組んでみてはいかがでしょうか。 賢さだけでなく、普段の人間関係でも大いに好印象になるはずです。 賢そうな雰囲気を出す。

27
★3

相談をためらっているうちは、賢くなれない。

賢い人といえば、1人で物事を考え抜く人をイメージするかもしれません。 もちろん博識で、頭の回転も速く、思考力も集中力も高ければ、1人で正解を導き出すことも可能でしょう。 難しい問題でも、十分考え抜けば、正解が見つかる可能性が上がります。 しかし、賢い人とはいえ、考える力には限界があります。 「自分で何とかする」という意気込みと責任感は素晴らしいですが、一方で自分の限界を認めることも大切です。 1人の人間の知識や経験の量は、程度が知れています。 経験も、生きた年数の分量しかありません。 1人で考えることにこだわるのは、賢いとは言いがたい姿勢です。 相談をためらっているうちは、賢くなれないと言っても過言ではないのです。 そこで心がけたいのが、相談です。 上司・先輩・先生など、信頼できる人に相談してみましょう。 見栄や体裁を気にせず、恥を捨てるつもりで相談することが大切です。 「自分は今、こんなことで悩んでいる。どう思うか」といった趣旨で切り出せばいいだけです。 自分より豊富な経験とキャリアがあるなら、鋭い意見が聞けるかもしれません。 「そういう考え方もあるのか」と思うことで、解決策までの近道になる可能性があります。 正解が得られなくてもいいのです。 ヒントが1つでも得られるだけでも、十分な収穫です。 人に話すことで気持ちが軽くなるでしょう。 誰かに悩みを聞いてもらうことで、もやもやした気持ちを吐き出せ、心が軽くなります。 背中を押してもらえるだけでも御の字。 「自分の考え方が間違っていない」と思えば、再確認の機会にもなるでしょう。 相談は、人間らしい行為の1つです。 地球上に生きる生き物の中で、言葉と文字を操れるのは人間だけです。 せっかく高いコミュニケーション能力があるのですから、どんどん人に相談をして、人間らしい能力を活用すべきです。 時には、専門外の人の意見も大切です。 素人やアマチュアだからこそ、ユニークな視点や新鮮な発想があり、思わぬ発見につながることがあります。 さまざまな人の意見を聞くことは、多くの視点から考えることになります。 心の受け皿を広くして、幅広い意見を取り入れることです。 相談することで、自分の限界を超えた思考を発揮できるのです。 なかなか自分だけで正解が見つからなければ、素直に相談する。

28
★4

なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
壁にぶち当たってからが、本当の始まり。

なかなか答えが見つからず、苦労することがあります。 「いくら考えても、正解が見つからない」 「どの選択肢も現実的ではなさそう」 「時間をかけて考えているのに、なかなかよい考えが浮かんでこない」 そんなとき「これ以上考えても無駄だろう」と諦めそうになるかもしれません。 しかし、ここが正念場です。 考えてすぐ答えが見つかるなら、誰も苦労しません。 考えるのをすぐ諦めるのは、賢い人の姿勢ではありません。 賢くなるために必要なのは「考える」ではなく「考え抜く」という姿勢です。 なかなか答えが見つからなくても、すぐ諦めるのではなく、あらゆる可能性を探ってみてください。 壁にぶち当たってからが、本当の始まりです。 前提条件を見直してみる。 別の視点から見直してみる。 振り出しに戻って、ゼロから考え直してみる。 インターネットの検索条件を変えてみる。 人に相談して、知恵を拝借する。 すべての可能性を探ったつもりでも、実は、まだ別の可能性が隠れているかもしれません。 適度な休憩も大切です。 いったん休憩を入れてから考え直すと、思考がリセットされ、あっさり解決策が思い浮かぶこともあります。 壁に当たっているとはいえ、思考の限界に達しているとは限りません。 自分が限界と思い込んでいるだけかもしれない。 思考には、限界がありません。 「必ずどこかに答えがある」 「考え抜けば、きっと正解が見つかる」 可能性を信じて、さまざまな角度から考え抜くと、正解が見つかりやすくなります。 なかなか正解が見つからなくても、諦めずに、考え抜く。

29
★8

賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。

賢くなろうとするとき、陥りやすい失敗があります。 「偉そうな態度になりやすい」という失敗です。 賢い人になるためには、知識や知恵を身につける必要があります。 多くの経験を積んだり、積極的に行動したりすることも欠かせません。 もちろん知識・知恵・積極性を身につけることは大切ですが、一方で、だんだん周りが愚鈍に見えてくることがあります。 自分が知的になればなるほど、だんだん優越感が生まれてくる。 「自分は周りよりレベルの高い人間だ」という慢心が生まれ始める。 その結果、だんだん偉そうな態度になることがあります。 相手の無知を鼻で笑う。 相手のミスに、わざとらしいため息をつく。 話をしながら、相手を見下すような半笑いの表情を浮かべる。 「これくらい常識だよ」と小ばかにする。 「そんなことも知らないの?」と相手を見下す。 こうした態度は悪印象です。 相手を見下すような言動を見せると、賢い人ではなく、偉そうな人になってしまいます。 相手より自分のほうが賢いのが事実であっても、偉そうな態度はよくありません。 いくら賢い人でも「偉そう」が加わると、一転して悪印象に変わります。 「あの人は賢いかもしれないけど、ちょっとね」と、こそこそ陰で悪く言われるでしょう。 どれだけ賢さが評価されても、嫌われては意味がないのです。 賢くなるのはいいですが、偉そうにならないよう注意してください。 もともと見栄を張りたがる性格の人は、特に注意が必要です。 承認欲求や自己顕示欲が強いと、無意識のうちに不快な態度になることがあります。 心がけたいのは、謙虚な姿勢です。 いつも控えめにして、腰を低くしておくことが大切です。 実際は偉そうにしたい気持ちがあっても、我慢するのが大人の対応です。 相手がどんな気持ちになるかを考えれば、おのずと控えめな態度がベストだと理解できるでしょう。 ノーベル賞の受賞者を思い出してください。 本当に賢い人たちは、偉そうな態度はなく、徹底的に謙虚です。 賢いにもかかわらず謙虚な姿勢があると、ますます好印象につながります。 賢くなればなるほど、謙虚を心がけるようにしましょう。 賢いにもかかわらず謙虚な姿勢だと、ますます賢い雰囲気が出るようになります。 「あの人は賢いのに謙虚だね」と言われるようになると、好印象だけでなく、愛されるようにもなります。 賢くなっても、偉そうな態度は控え、謙虚な姿勢を心がける。

30
★9

常に勉強。
一生勉強。

賢くなるためには、勉強が欠かせません。 勉強をしないで賢くなりたい人もいるかもしれませんが、残念ながら厳しいのが現実です。 事実上、不可能と言っても過言ではありません。 勉強は、賢い人になるための登竜門。 勉強するから知識や知恵が得られます。 さまざまな知識や知恵を得ることで、視野や見識が広がり、深い思考ができるようになります。 仕事の勉強でも趣味の勉強でもかまいません。 古い情報でも新しい情報でもかまいません。 しっかり勉強をして、さまざまな情報に触れる機会を作ることが大切です。 しかし、勉強とはいえ、短期間では不十分です。 たとえば「試験前だけ」「学生時代だけ」「新入社員のときだけ」といった一時的な勉強は十分と言いがたい。 勉強をやめれば、知識や知恵の吸収も止まります。 吸収が止まれば、成長も止まると思われがちですが、違います。 吸収が止まれば、成長は現状維持ではなく、どんどん低下していきます。 一時的に必死で勉強して博識になったとしても、時代は変化していきます。 「最新」と言われていた情報も、しばらくたてば、古くなります。 「最善」と言われていた方法も、しばらくたてば、さらによい方法が登場するでしょう。 今は博識で賢くても、勉強しなければ、いずれ時代から取り残されてしまうのです。 そこで必要なのが、常に勉強をする習慣です。 学ぶことではなく、学び続けること。 習慣として、普段から学ぶ姿勢を持つことが大切です。 毎日ニュースに触れて、時事問題を把握する。 書籍や雑誌を通して学ぶ。 テレビの情報番組や教育番組で学ぶ。 インターネットの情報サイトを通して学ぶ。 媒体や方法は何でもいいので、とにかく勉強を続け、さまざまな情報を吸収しましょう。 貪欲に勉強することで、自分でも気づかない才能に出会えます。 また書籍に限らず、さまざまな経験を積むことも勉強の一環です。 好奇心を大切にしながら、初めての挑戦に飛び込んでいきましょう。 失敗しても笑われてもいい。 何事も勉強のつもりで、チャレンジ精神を大切にしながらさまざまなことに挑戦していきましょう。 そして身についた勉強の習慣は、一生続けることが大切です。 一定期間だけでなく、ずっと学び続けます。 常に勉強であり、一生勉強です。 学ぶ姿勢を持ち続けていれば、時代から取り残されることはありません。 思考力には限界がありません。 どんどん賢くなっていけるのです。 勉強する習慣を一生続ける。

同じカテゴリーの作品