情報力

賢い人になる
30の方法

  • 賢い人とは、
    勉強ができる人のことではない。
賢い人になる30の方法

もくじ
  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。

    賢い人になりたいなら、まず賢い人の意味を確認しましょう。
    「賢い人」
    そう聞いてイメージするのは、どんな人でしょうか。

  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。

    賢くなるための最初の基本。
    それは、知識を詰め込むことです。
    もちろん知識がすべてではありません。

  3. 賢い人は、知恵を身につけている。

    賢くなるためには、知恵を身につけることが大切です。
    知識も大切ですが、知恵はそれ以上に大切です。
    知識と知恵は、意味が似ていて混同している人もいるかもしれませんが、実際は異なります。

  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。

    賢くなるためには、まず知識が必要です。
    考えるにも判断するにも、知識がなければ始まりません。
    知識が豊富であればあるほど、考える材料が増え、思考の幅が広がります。

  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。

    賢い人の特徴の1つ。
    それは「論理的思考力を身につけている」という点です。
    論理的思考力とは、筋道を立てて考える力のことをいいます。

  6. 速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。

    賢い人と言えば「頭の回転が速い」というイメージを持つ人があるのではないでしょうか。
    物事を把握するスピードが速い。
    一瞬で問題の解決策を導き出せる。

  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。

    「浅く考えること」と「深く考えること」。
    どちらも「考える」という点は同じですが、結果が違います。
    浅く考えると、物事の表面しか確認できません。

  8. 感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。

    賢くなるために注意したいのは、感情です。
    嫌な出来事があると、ネガティブな感情が発生して、いらいらするでしょう。
    嬉しいことがあると、ポジティブな感情が発生して、うきうきしたりするでしょう。

  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。

    賢くなるために必要なのは、余裕と落ち着きです。
    「賢さ」といえば「頭をよさ」をイメージすることが多いため、余裕や落ち着きは無関係に思えるかもしれません。
    どちらかと言えば、品格や礼儀作法に関係するように思うのではないでしょうか。

  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。

    頑固や意地っ張りでは、なかなか賢くなれません。
    人の意見を拒む性格では、情報の遮断が発生して、スムーズに新しい知識を吸収できません。
    自分の殻に閉じこもることになり、視野や見識も制限されます。

  11. 目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。

    賢くなるためには、目先の損得に惑わされないことが大切です。
    「今すぐ結果が得られる方法」と「結果が出るまでに時間がかかる方法」。
    2つの選択肢があれば、どちらのほうが気になるでしょうか。

  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。

    賢くなるために大切なポイントが、3つあります。
    「遊び心」「発想力」「想像力」です。
    賢さといえば、知識や知恵といった要素に頼りがちです。

  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。

    賢い人には、本質を考える習慣があります。
    何事も本質が重要です。
    もちろん本質を意識しなくても、仕事をすることは可能です。

  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」

    賢い人は、本質を考える習慣があります。
    現象的・表面的なことにとらわれず、物事の本質を考え、見極めようとします。
    受験で大切なのは、高得点を取ることではなく、大学に受験すること。

  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。

    論理的な思考には、良い面と悪い面の両方を確認する習慣が大切です。
    良い面だけを知って、それで満足していませんか。
     

  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。

    仕事に取り組む自分を振り返ってみてください。
    いきなり着手していませんか。
    行き当たりばったりで、問題解決に取り組んでいませんか。

  17. 目的と手段がすり替わっていないか。

    賢くなるためには、目的と手段を区別することが大切です。
    「それくらいきちんと区別できている」という人も多いのではないでしょうか。
    もちろん最初は区別できていたかもしれませんが、問題なのは、しばらく時間が経ったときです。

  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。

    賢くなるために、大切にしたい心があります。
    好奇心です。
    好奇心とは、未知のことや珍しいことに興味を持つ心のことをいいます。

  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。

    賢い人になりたいなら、古いものに注意しましょう。
    古くからある慣習。
    古くから続く方法。

  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。

    賢い人になるためには自分を知りましょう。
    あなたは、自分のことをうまく説明できますか。
    「自分のことくらい知っている」と思うかもしれませんが、ポイントは「どこまで具体的に知っているか」です。

  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。

    頭がぼうっとして働かない。
    そんなときに、確認してほしい3つのポイントがあります。
    食事・運動・睡眠です。

  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。

    賢くなるために、瞑想の習慣が効果的です。
    瞑想と聞くと、宗教的なイメージが強く、抵抗感や苦手意識があるかもしれません。
    中には暗い印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。

    最近、新しく始めたことはありますか。
    毎日、同じことの繰り返しになっていませんか。
    もちろん同じことの繰り返しなら、早くスムーズに行えるでしょう。

  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。

    賢くなるためには、さまざまな経験を積むことが大切です。
    さまざまな経験を積むには、新しい挑戦が欠かせません。
    新しい挑戦をすると、新しい知識や刺激が得られ、自分の成長を促せます。

  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。

    賢くなるためには、雰囲気に合わせることが大切です。
    場の空気を読んで、違和感がないよう、周りと言動を合わせます。
    円滑な人間関係には、雰囲気に合わせる能力が欠かせません。

  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。

    賢い人になるためには、雰囲気も大切です。
    ずばり、賢そうな雰囲気です。
    実際の賢さと直接関係しているわけではありませんが、少なくとも賢そうに見られることは悪いことではありません。

  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。

    賢い人といえば、1人で物事を考え抜く人をイメージするかもしれません。
    もちろん博識で、頭の回転も速く、思考力も集中力も高ければ、1人で正解を導き出すことも可能でしょう。
    難しい問題でも、十分考え抜けば、正解が見つかる可能性が上がります。

  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。

    なかなか答えが見つからず、苦労することがあります。
    「いくら考えても、正解が見つからない」
    「どの選択肢も現実的ではなさそう」

  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。

    賢くなろうとするとき、陥りやすい失敗があります。
    「偉そうな態度になりやすい」という失敗です。
    賢い人になるためには、知識や知恵を身につける必要があります。

  30. 常に勉強。
    一生勉強。

    賢くなるためには、勉強が欠かせません。
    勉強をしないで賢くなりたい人もいるかもしれませんが、残念ながら厳しいのが現実です。
    事実上、不可能と言っても過言ではありません。

同じカテゴリーの作品