執筆者:水口貴博

まとめ
(賢い人になる30の方法)
賢い人になる30の方法

  • 賢い人の定義をきちんと理解する。
  • まず徹底的に知識を詰め込む。
  • 多くの知恵を身につける。
  • 知識量より知識を操る力にこだわる。
  • 素朴なことに疑問を持ち、理由を考える経験を通して、論理的思考力を身につけていく。
  • 最初は、速く考えることより、深く考えることを意識する。
  • 普段から深く考える習慣をつけておく。
  • 常に理性を保って思考と判断を心がける。
  • 常に余裕と落ち着きを保つ。
  • 素直になる。
  • 短期的な損得に惑わされず、長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  • 遊び心・発想力・想像力を大切にする。
  • 本質を考える習慣をつける。
  • 壁にぶち当たったときは「本当に大切なことは何だろうか」と自分に問いかける。
  • 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  • 段取りと優先順位を考えてから、仕事に取り組む。
  • 目的と手段がすり替わらないよう注意する。
  • 好奇心を大切にする。
  • 古いものばかりではなく、新しいものも取り入れる。
  • 自分を知る。
  • 食事・運動・睡眠の生活習慣を通して、脳の健康を心がける。
  • 1日3分、瞑想の時間を作る。
  • さまざまな経験を積んでいこう。
  • 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えて、勇気を出す。
  • 雰囲気に合わせても、流されないようにする。
  • 賢そうな雰囲気を出す。
  • なかなか自分だけで正解が見つからなければ、素直に相談する。
  • なかなか正解が見つからなくても、諦めずに、考え抜く。
  • 賢くなっても、偉そうな態度は控え、謙虚な姿勢を心がける。
  • 勉強する習慣を一生続ける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION