緊張・あがり症

緊張対策に役立つ
30の基本知識

2
20

適度の範囲は、
状況に応じて変化する。
変化をもたらす3つの要因とは。

適度の範囲は、状況に応じて変化する。変化をもたらす3つの要因とは。 | 緊張対策に役立つ30の基本知識

緊張と付き合う上で大切なのは、適度の範囲です。

適度な緊張はいいですが、過度の緊張はよくありません。

適度な緊張は仕事のパフォーマンスを上げますが、過度の緊張は、心身に悪影響をもたらします。

過度の緊張が長期に続いた場合、鬱病・パニック障害・統合失調症など、病気に発展する可能性もゼロではありません。

過度の緊張になれば、気分転換やストレス解消を心がけ、適度の状態まで緊張をほぐすことが大切です。

 

§

 

さて、この適度の範囲について知っておきたいポイントがあります。

「適度の範囲は状況に応じて変化する」という点です。

適度と過度の境界は状況に応じて変化します。

変化をもたらす要因は、3つあります。

 

「種類」「体調」「心の成長」です。

 

 

種類による変化

 

適度の範囲は、緊張の種類によって変わります。

 

たとえば、試験や試合などの緊張には耐えられても、人に注目される緊張は苦手という人もいます。

また人に注目されるとはいえ、プレゼンは得意でも、スピーチは苦手という人もいます。

緊張とはいえ、場数や成功体験の違いから、得意・不得意の違いが生まれます。

 

体調による変化

 

適度の範囲は、体調によっても変化します。

 

たとえば、睡眠不足や風邪気味のときは、体調がよくないため、普段より緊張もしやすい傾向があります。

女性の場合、月経の影響も見逃せません。

月に一度の月経期間は、情緒不安定になりやすいため、軽微な緊張でも苦しく感じます。

 

 

メンタルの成長による変化

 

適度の範囲は、メンタルの成長に応じて変化します。

スピーチやプレゼンなど、どれだけ場数を踏み、成功体験を積み上げたかが大切です。

場数を踏めば踏むほどメンタルが鍛えられ、より強い緊張に耐えられるようになります。

 

§

 

適度の範囲は、一定ではなく、状況に応じて変化します。

 

本には書いていません。

人に聞いてもわかりません。

適度の範囲の見極めは、あなたの感覚が頼りです。

緊張対策に役立つ基本知識(20)
  • 「種類」「体調」「心の成長」を考慮しながら、緊張の適度の範囲を見極める。
原稿の棒読みは、緊張した態度より、印象が悪い。

もくじ
緊張対策に役立つ30の基本知識
適度の範囲は、状況に応じて変化する。変化をもたらす3つの要因とは。 | 緊張対策に役立つ30の基本知識

  1. 私たちは、緊張の意味や価値を学び忘れている。
    私たちは、緊張の意味や価値を学び忘れている。
  2. 緊張は、私たちの生活と切っても切れない関係。<br>むやみに緊張を避けようとすると、生活の質の低下を招く。
    緊張は、私たちの生活と切っても切れない関係。
    むやみに緊張を避けようとすると、生活の質の低下を招く。
  3. なぜ人は、緊張するのか。
    なぜ人は、緊張するのか。
  4. 緊張の判断は、自分の気持ちより体の反応のほうが正確。
    緊張の判断は、自分の気持ちより体の反応のほうが正確。
  5. 緊張を2種類に分けて考える。<br>「適度な緊張」と「過度の緊張」。
    緊張を2種類に分けて考える。
    「適度な緊張」と「過度の緊張」。
  6. 緊張する場面の、7つの代表例。
    緊張する場面の、7つの代表例。
  7. 緊張がもたらす4つの効果。
    緊張がもたらす4つの効果。
  8. なぜ極度に緊張すると、涙が出るのか。
    なぜ極度に緊張すると、涙が出るのか。
  9. なぜ緊張すると、手足が冷えるのか。
    なぜ緊張すると、手足が冷えるのか。
  10. なぜ緊張したとき、あくびが出るのか。
    なぜ緊張したとき、あくびが出るのか。
  11. 緊張すると、げっぷが出やすくなる原因とは。
    緊張すると、げっぷが出やすくなる原因とは。
  12. 緊張は、遺伝が関係しているのか。
    緊張は、遺伝が関係しているのか。
  13. 緊張に強くなるための3つの精神。<br>「前向きの精神」「割り切りの精神」「開き直りの精神」。
    緊張に強くなるための3つの精神。
    「前向きの精神」「割り切りの精神」「開き直りの精神」。
  14. 緊張対策になる食べ物。
    緊張対策になる食べ物。
  15. 緊張する原因を把握しないと、正しい対策も立てられない。
    緊張する原因を把握しないと、正しい対策も立てられない。
  16. 十分な睡眠を取っておかないと、緊張しやすくなる。
    十分な睡眠を取っておかないと、緊張しやすくなる。
  17. 仕事を後回しにする癖は、過度の緊張を招く原因。
    仕事を後回しにする癖は、過度の緊張を招く原因。
  18. 気合と緊張の違いは紙一重。<br>違いを分ける要素とは。
    気合と緊張の違いは紙一重。
    違いを分ける要素とは。
  19. 緊張が過度になる原因は、エゴイズム。
    緊張が過度になる原因は、エゴイズム。
  20. 適度の範囲は、状況に応じて変化する。<br>変化をもたらす3つの要因とは。
    適度の範囲は、状況に応じて変化する。
    変化をもたらす3つの要因とは。
  21. 原稿の棒読みは、緊張した態度より、印象が悪い。
    原稿の棒読みは、緊張した態度より、印象が悪い。
  22. 緊張で口が渇いたとき、唾液の分泌を促す3つの対処法。
    緊張で口が渇いたとき、唾液の分泌を促す3つの対処法。
  23. 緊張と緊張感を、きちんと区別する。
    緊張と緊張感を、きちんと区別する。
  24. リハーサルの意味は、慣れるだけではない。<br>自分の弱点をあぶり出す意味もある。
    リハーサルの意味は、慣れるだけではない。
    自分の弱点をあぶり出す意味もある。
  25. お酒で緊張をほぐすのは誤った対処法。
    お酒で緊張をほぐすのは誤った対処法。
  26. 緊張による不眠を、お酒や睡眠薬で解消させるのは要注意。
    緊張による不眠を、お酒や睡眠薬で解消させるのは要注意。
  27. 聴衆が明るい表情に見えてきたら、あなたが緊張に慣れてきた証拠。
    聴衆が明るい表情に見えてきたら、あなたが緊張に慣れてきた証拠。
  28. すべての緊張を「性格上の問題」と片付けない。<br>緊張の中には病気が関係しているものもある。
    すべての緊張を「性格上の問題」と片付けない。
    緊張の中には病気が関係しているものもある。
  29. 緊張から解放された後こそ要注意。
    緊張から解放された後こそ要注意。
  30. 「緊張したくない」と思っているうちは、まだメンタルが弱い。<br>「緊張してもいい」と思うようになれば、本当に強くなった証拠。
    「緊張したくない」と思っているうちは、まだメンタルが弱い。
    「緊張してもいい」と思うようになれば、本当に強くなった証拠。

同じカテゴリーの作品