緊張・あがり症

緊張をほぐす
30の名言

  • 「上手にしよう」と思うのではない。
    「真剣にしよう」と思うのだ。
緊張をほぐす30の名言

もくじ
  1. 「上手にしよう」と思うのではない。
    「真剣にしよう」と思うのだ。

    「上手にしよう」
    そう思っていませんか。
    スピーチ・プレゼン・面接。

  2. 緊張はあなたのためにある。
    心の成長に必要な栄養素。

    緊張は何のためにあるのでしょうか。
    あなたを苦しめるためではありません。
    あなたのためにあります。

  3. 緊張は、避けるものではなく、生かすもの。

    すべての緊張を避けるのはよくありません。
     
    たしかに緊張は、あまり心地よい状態とは言いがたいでしょう。

  4. 緊張は、悩むものではなく、笑い飛ばすもの。

    緊張に苦しんでいませんか。
     
    たしかに心が落ち着かず、不快な気持ちに悩まされるでしょう。

  5. 緊張は、あなたの心が作り出すもの。
    心持ちが変われば、緊張も変わる。

    緊張は、どこからやってくるのでしょうか。
    どこで発生するのでしょうか。
    「緊張は人から与えられるもの」と思いますが、誤解です。

  6. 自意識過剰になっているだけ。
    誰もあなたの事情に興味はない。

    あなたは今、こう思っているかもしれません。
    「人前で緊張をさらすと、多くの人からひどく驚かれるだろう」と。
    「私が緊張すると、みんなに心配されるだろう。大事件に発展するだろう」と。

  7. 緊張しても死ぬわけではない。

    確実に1つ言えることがあります。
    「どんなに緊張しても死ぬことはない」ということです。
    緊張のしすぎで、頭痛やめまいを引き起こすかもしれません。

  8. 「緊張して変だったら笑ってね」と笑いながら言える人は、緊張しない。

    本番が近づいてきた。
    人前で話さなければいけない。
    何かリラックスを促すよい方法はないだろうか。

  9. 緊張は、ダンスのパートナー。
    戦う相手ではなく、一緒に踊る相手。

    緊張と上手に付き合うための考え方があります。
    緊張を、敵と見なすか味方と見なすかを分ける考え方です。
    緊張と接するとき「戦う」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

  10. 「緊張していない」と言えば、緊張が強くなる。
    「緊張している」と言えば、緊張がほぐれる。

    緊張には、反対の作用があります。
    「緊張していない」と言えば、緊張が強くなります。
    緊張しているにもかかわらず、意地を張り、素直に認めていません。

  11. 緊張は、人生の眠気覚ましにちょうどいい。

    人生の眠気覚ましに、緊張はいかがですか。
    リラックスした時間もいいですが、リラックスしかないのも困ります。
    リラックスばかりの時間とは、いわば、ぬるま湯に浸かった状態。

  12. 緊張できるのも才能。

    緊張とは何でしょうか。
    恐怖・震え・不慣れ・重圧・心労。
    さまざまな答えが返ってくるでしょう。

  13. 緊張しているのではない。
    緊張させてもらっているのだ。

    結婚式でのスピーチ。
    仕事で行うプレゼン。
    就職活動での面接。

  14. 臆病な心を持っているのではない。
    繊細な心を持っているのだ。

    緊張しやすい人は「臆病な心を持っている」と思うかもしれません。
     
    たしかに普通の人より人目の影響を受けやすい性格かもしれません。

  15. 緊張することを恐れるより、結果が出せないことを恐れろ。

    私たちは往々にして、緊張することを恐れます。
    「多くの人から注目されるのが苦手。不得意。気持ち悪い」
    「赤面した自分を見られるのは怖い。恥ずかしい。情けない」

  16. 緊張しないことは、素晴らしい。
    緊張することは、もっと素晴らしい。

    緊張しないことは素晴らしい。
    緊張をほぐす方法を活用すれば、ある程度リラックスすることが可能です。
    本番に向けた予行練習をする。

  17. 緊張できるのは素晴らしい。
    緊張とは、あなたが人間である証拠。

    緊張とは、何でしょうか。
    一般的な意味としては、心が張りつめて体がこわばることを言いますが、もう1つ大切な意味があります。
    緊張とは、あなたが人間である証拠でもあるのです。

  18. 「絶対ミスしてはいけない」と考えるのではない。
    「3回までミスしても大丈夫」と考える。

    本番に向かうとき「絶対ミスしてはいけない」と考えがちです。
    ささいなミスや失敗も失態も許さず、完璧を目指すのが正しいとされています。
    もちろんよりよい結果を発揮できたほうが、高く評価されるでしょう。

  19. 緊張したくない気持ちは、責任感が強い証拠。

    「緊張したくない」
    そう思ったとき、考えてほしいことがあります。
    なぜあなたは緊張したくないのでしょうか。

  20. 緊張には、心を若返らせる力がある。
    緊張できるうちは、まだまだ若い。

    あるインタビューで、70代の高齢者がこう言いました。
    「これを経験するのは初めてです。少し緊張します」と。
    不思議な印象を受けませんか。

  21. 緊張した後の解放感と達成感は、緊張しなければ味わえない。

    試験・試合・告白。
    スピーチ・プレゼン・面接。
    緊張する場面を乗り越えた後、ある快感が味わえます。

  22. 緊張は、人生のスパイス。
    より味わい深くさせるもの。

    料理をよりおいしく味わうために欠かせないもの。
    それは、スパイスです。
    ワサビ・コショウ・ショウガ・ニンニク・トウガラシ。

  23. きちんと緊張することも、大切な仕事の1つ。

    きちんと緊張することも、大切な仕事の1つだと考えてください。
    「緊張する場面では、きちんと緊張する」
    悪いことではなく、まっとうな考え方です。

  24. 緊張で苦しんだ分だけ、リラックスの素晴らしさに気づく。

    緊張に意味がないと思うのは誤解です。
    緊張には大きな意味があります。
    ・気合が入ること

  25. 緊張感には、人を魅力的に見せる力がある。

    あなたは今、緊張感がありますか。
    もし緊張感があるなら、周りから見て、きっと魅力的に見えているはずです。
    緊張感には、人を魅力的に見せる力があります。

  26. 苦しい緊張は、思い出ができる前触れ。
    緊張で苦しんだ分だけ、印象的な思い出に変わる。

    一般的に緊張が強ければ強いほど、デメリットが目立ちます。
    不快感や嫌悪感も強くなります。
    最初は軽い緊張も、過度になると震えに変わります。

  27. 緊張に感謝しよう。
    ストレスの受け止め方が、ネガティブからポジティブに変わる。

    緊張したら、心の中でこう唱えましょう。
    「緊張させてくれてありがとう」と。
    緊張させてくれた人や場面に感謝しましょう。

  28. どんな緊張も、永遠に続くわけではない。

    緊張に悩んでいると、永遠に続くような錯覚に陥りがちです。
    重要な局面が近づくにつれて緊張も強くなり、心が落ち着きません。
    情緒が不安定になり、感情の波も激しくなる。

  29. 緊張とは、人生が与えた愛のむち。
    痛いけど、気持ちいい。

    緊張とは何でしょうか。
    緊張とは、人生が与えた愛のむちです。
    あなたの成長のために、わざわざ人生が厳しい課題を与えてくれました。

  30. 限られた時期しか経験できない緊張がある。

    頻度で緊張を考えたとき、大きく分けて2種類あります。
    ・いつでも何度でも経験できる緊張
    ・限られた時期しか経験できない緊張

同じカテゴリーの作品