緊張・あがり症

緊張との付き合い方がうまくなる
30の言葉

  • 1日1回は、
    緊張する時間を作ろう。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

もくじ

1日1回は、緊張する時間を作ろう。

1日1回は、緊張する時間を作ろう。

今日、緊張しましたか。
緊張を避けてばかりの人生では、焦ることも恥をかくこともありません。
心を穏やかにしてリラックスを楽しむのもいいですが、リラックスしてばかりでは心が緩み、惰性が生まれます。

人間関係に比べれば、緊張との付き合い方はまだ優しい。

人間関係に比べれば、緊張との付き合い方はまだ優しい。

緊張との付き合い方は、苦労の連続です。
緊張したらほぐすことが必要です。
ひたすら我慢して、乗り越えなければいけないときもあります。

普段から緊張を感じている人は、ぼけない。

普段から緊張を感じている人は、ぼけない。

緊張とは、本能的な防御反応です。
脳が危険の接近を察知すると、臨戦状態に整えるため、体が活性化されます。
緊張状態とは、頭の回転が速くなり、脳が普段より活性化されている状態です。

「大舞台への挑戦」と考えるのではない。
「自分への挑戦」と考えるのだ。

「大舞台への挑戦」と考えるのではない。「自分への挑戦」と考えるのだ。

大勢の人前に立つ場面を「大舞台への挑戦」と考える人もいるでしょう。
たとえば、結婚式のスピーチの場合、すべての聴衆を含めると、100人以上になることも珍しくありません。
たしかに普段の生活では、大勢の人前で話す機会はなかなかありません。

緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。

緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。

緊張する場から逃げたくなることもあるでしょう。
たとえば、試合・試験・面接です。
恋愛なら、告白も緊張する場の1つでしょう。

無理に緊張を隠すより、素直に白状できるほうが、かっこいい。

無理に緊張を隠すより、素直に白状できるほうが、かっこいい。

人前に立つときは、かっこいいところを見せたくなります。
冷や汗を隠そうとする。
手足の震えをごまかそうとする。

その気になれば、いつでも緊張することができる。

その気になれば、いつでも緊張することができる。

緊張をする場面といえば、どんなときでしょうか。
スピーチやプレゼンなど、多くの人前に立つ場面。
試験や試合など、合否や勝敗に関わる場面。

受動的な緊張は、不快なストレスになる。
能動的な緊張は、心地よいストレスになる。

受動的な緊張は、不快なストレスになる。能動的な緊張は、心地よいストレスになる。

緊張によるストレスは不快とは限りません。
緊張によるストレスは、不快に感じるときもあれば、心地よく感じるときもあります。
ストレスの感じ方を分ける要因の1つは「能動的・受動的の違い」です。

緊張とストレス解消は、1セット。

緊張とストレス解消は、1セット。

緊張したら、忘れてならないことがあります。
ストレス解消です。
緊張は大切ですが、緊張ばかりではいけません。

人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。

人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。

人として大切なのは何でしょうか。
緊張に関しては「緊張する・しない」という2択で考えがちです。
・「緊張しないのは、人として立派」

まったく緊張がないのも、ストレスになる。

まったく緊張がないのも、ストレスになる。

普通に考えると、まったく緊張がない状態は快適と思うでしょう。
不安も心配もなく、リラックスした時間が続くのは、最高のように思えます。
緊張もストレスもない生活こそ理想的だと思っている人もいるでしょう。

緊張した経験は、どんどん人に話そう。
笑いながら話すことで、心は軽くなり、メンタルも強くなる。

緊張した経験は、どんどん人に話そう。笑いながら話すことで、心は軽くなり、メンタルも強くなる。

スピーチ・プレゼン・面接。
緊張した経験を黙ったままになっていませんか。
「わざわざ人に話すほどでもない」と思うかもしれません。

緊張を不快に感じるなら、まだ楽しみ方を知らないだけ。

緊張を不快に感じるなら、まだ楽しみ方を知らないだけ。

「緊張は不快だ」
そう感じるのはもったいない。
まだ緊張の可能性に気づいていません。

緊張とは、もう1人の自分を発見するのと同じ。
「新しい自分を発見した」と思うくらいでちょうどいい。

緊張とは、もう1人の自分を発見するのと同じ。「新しい自分を発見した」と思うくらいでちょうどいい。

自分が緊張したらどうなるのか。
それは、実際に緊張してみないとわかりません。
・無愛想な表情になるか

緊張ばかりしていると、人はダメになる。
リラックスばかりしていても、人はダメになる。

緊張ばかりしていると、人はダメになる。リラックスばかりしていても、人はダメになる。

緊張ばかりしていると、人はダメになります。
たしかに緊張は日常に役立つこともあります。
気合が入り、思考力や集中力が高まることで、仕事の効率をスムーズにさせる効果があります。

「こんなに緊張した」という最高記録を作ろう。

「こんなに緊張した」という最高記録を作ろう。

緊張に苦しんだときは逆転の発想です。
考えを切り替えて「こんなに緊張した」という最高記録を作るつもりになりませんか。
人生で最も緊張する機会に変えるのです。

緊張を乗り越えるコツは、注射と同じ。
構える前に、さっと終わらせること。

緊張を乗り越えるコツは、注射と同じ。構える前に、さっと終わらせること。

ベテランの看護師は、注射の仕方が上手です。
「刺しますよ。少し痛いですけど、すぐ終わりますからね」
そう言い終わった瞬間、ぷすっと針を刺します。

緊張するから目的を忘れるのではない。
目的を忘れるから緊張する。

緊張するから目的を忘れるのではない。目的を忘れるから緊張する。

緊張をほぐすには、目的を意識しましょう。
あなたがそれをする目的は何ですか。
あなたが向かおうとする本番には、目的があるはずです。

過度に緊張したときは、人体の偉大な力を体験する機会。

過度に緊張したときは、人体の偉大な力を体験する機会。

過度に緊張すると、体から不思議な反応が現れます。
・急激に体温が高くなる
・額や手から大量の汗が噴き出る

前回は緊張して取り乱したから、次回も同じことになると思わないこと。

前回は緊張して取り乱したから、次回も同じことになると思わないこと。

「前回は緊張して取り乱したから、次回も同じことになる」
それは誤解です。
たしかに前回失敗したなら、次回も同じ展開になるような気がするでしょう。

緊張で悩んだときの対応を見れば、その人の将来が見える。

緊張で悩んだときの対応を見れば、その人の将来が見える。

緊張で悩んだときの対応を見れば、その人の将来が見えます。
「そんなことで見えるはずがない」と思うかもしれませんが、見えるのです。
緊張で悩んだとき、2種類の人にわかれます。

「緊張したことがない」と言う人より「緊張することばかり」と言う人のほうが、信用できる。

「緊張したことがない」と言う人より「緊張することばかり」と言う人のほうが、信用できる。

緊張について、正反対の発言をする2人がいるとします。
・「緊張したことがない」と言う人
・「緊張することばかり」と言う人

緊張と上手に付き合うコツは、カウントダウン。
残り日数を意識すると、次の3つの効果が得られる。

緊張と上手に付き合うコツは、カウントダウン。残り日数を意識すると、次の3つの効果が得られる。

緊張と上手に付き合うコツは、カウントダウンです。
残り日数を意識することが大切です。
本番当日から今日までの日数を逆算して数えてみましょう。

緊張しない心を持つことは大切。
緊張をほぐす方法を知ることはもっと大切。

緊張しない心を持つことは大切。緊張をほぐす方法を知ることはもっと大切。

緊張を克服するためには、まず緊張しない心を目指すはずです。
人目があっても動揺しない。
多くの人から注目されている状態でも、堂々とスムーズに発表できる。

自分の緊張を笑われても、不機嫌にならない。
緊張の苦労と努力を理解されなくても、ふてくされない。

自分の緊張を笑われても、不機嫌にならない。緊張の苦労と努力を理解されなくても、ふてくされない。

自分の緊張を笑われたとき、不機嫌になっていませんか。
「こんなに頑張っているのに笑うなんてひどい」
「真剣に頑張っているのに、なぜみんな笑うのだろう」

緊張と上手に付き合うには、力を入れるより抜いたほうがうまくいく。

緊張と上手に付き合うには、力を入れるより抜いたほうがうまくいく。

緊張と上手に付き合うには、どうすればいいのでしょうか。
「緊張」という言葉のせいでしょうか。
緊張とうまく付き合うには、力を入れるようなイメージがあります。

緊張しても、八つ当たりはしない。

緊張しても、八つ当たりはしない。

緊張したときに注意したいのは、八つ当たりです。
心身が張りつめているときは、落ち着かず、情緒不安定に悩まされます。
緊張で心が荒れているときは、無関係の人や物に対して、ストレスを当たり散らす傾向があります。

大舞台を経験する前と後では、別人になっている。

大舞台を経験する前と後では、別人になっている。

最高に緊張する場面の1つといえば「大舞台」です。
人生では、大舞台と呼べる経験をしなければいけない場面があります。
大切な結婚式のスピーチ。

急に緊張を解くのはNG。
ゆっくり緊張を解くのはOK。

急に緊張を解くのはNG。ゆっくり緊張を解くのはOK。

本番を乗り越えた後にやって来るのは「達成感」と「解放感」です。
本番をうまくやり遂げた後の達成感は最高でしょう。
緊張する場面であればあるほど、解放感は涙が出るほど快感です。

緊張を嫌がっているうちは、半人前。
緊張を喜べるようになったら、一人前。

緊張を嫌がっているうちは、半人前。緊張を喜べるようになったら、一人前。

「緊張するのが嫌い」
「緊張から逃げたい」
「緊張が苦痛で仕方ない」

同じカテゴリーの作品