人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
住所氏名や郵便番号の省略や簡略は、不適切。
就職活動
カバンから取り出す様子がたどたどしいと、面接官も不安になる。
就職活動
不安でいっぱいのときは、履歴書を書くのが一番。
就職活動
履歴書とエントリーシートの違いとは。
就職活動
なぜ「履歴書在中」「応募書類在中」などと書かなければならないのか。
就職活動
迷ったときは、丁寧な選択を選べば、間違いない。

就職活動メール
30マナー

お気に入り1 読んだ
7

メールでも、
省略使わない

歴書の作成では、省略した言葉は使わないのが基本です。

省略は手抜きと判断され、評価を落とす対象になるからです。

履歴書は、採用を決める重要書類ですから、きちんとした書き方が求められます。

この考え方は、メールの作成においても同じです。

履歴書はきれいに書けても、メールになると、手抜きをする人が多い。

履歴書とは違い、メールはデジタルであるため、気軽に書きやすい心理が働きます。

 

しかし、たとえメールであっても、ビジネスの一部ですから、省略は避けるのが基本です。

 

たとえば、相手の企業名です。

メールで企業名を出すときは「(株)」ではなく「株式会社」と書きましょう。

また、前株の「○○株式会社」なのか、後株の「株式会社○○」なのか、きちんと確認して区別します。

メールで名乗るときも「○○大学の水口と申します」という省略した言い方はよくありません。

「○○大学の水口貴博と申します」というように、フルネームで書くほうが丁寧な印象を与えます。

メールの署名にある自分の住所も「1-2-3」ではなく「1丁目2番3号」というように、正式に書きましょう。

就職活動は、迷ったら、正式名称です。

省略で不快感を与えることはあっても、正式名称で不快感を与えることはありません。

堅苦しすぎないかと思いますが、就職活動では、できるだけ丁寧な対応を心がけたほうが賢明です。

就職活動のメールマナー その7

  • メールでも、
    省略使わず、
    正式がける

同じカテゴリーの作品