人生の教科書



読み上げ動画・音声

就職活動メール
30マナー

お気に入り0 読んだ
28

友達メールを、
間違って企業ってしまったときの対処

ールは、仕事でもプライベートでも、必須のツール。

1日に何度もメールをする人も多いでしょう。

就職活動中、友達に送るつもりだったメールを、間違って企業に送ってしまうことがあります。

何度もメールを送っていると、うっかり宛先を間違えても不思議ではありません。

宛先を選択する際、指が滑って、別の人にメールを送ってしまうことがあるのです。

友達に向けたメールですから、砕けた文章であったり、絵文字や顔文字が使われたりすることもあるでしょう。

企業としても、いきなり軽率な文面が届けば、驚くはずです。

 

さて、友達に送るメールを、間違って企業に送ってしまったときは、どうするか。

まず気づいた時点で、すぐ謝罪のメールを送りましょう。

長々しい謝罪は不要です。

宛先を間違えたことを丁寧に謝り、間違って送ったメールを破棄する旨を伝えます。

誰でも間違いはあるものです。

すぐ誠意ある対応を心がければ、謝罪の気持ちが伝わり、採用担当者も理解してくれるでしょう。

メールを送り間違えた時点で印象が悪いのは確実ですが、まだ不採用が決まったわけではありません。

最後まで諦めず、社会人らしい対応を心がけます。

また、こうしたミスを防ぐためにも、メールを送る前の確認が大切です。

メールの送信前の確認といえば、文面だけに注意しがちですが、宛先にも気を配りましょう。

日頃から、宛先も確認する習慣をつけておけば、ミスを大幅に減らせます。

就職活動のメールマナー その28

  • メール間違えれば、
    すぐ謝罪メール
メールを送っても返信がない場合に考えられる、3つの原因。

もくじ
(就職活動のメール30のマナー)

同じカテゴリーの作品