読み上げ動画・音声

就職活動メール
30マナー

お気に入り0 読んだ
その10

メール件名は、
本当件名として適切一言であること

メールの件名は、本当に件名として適切な一言であること。 | 就職活動のメール30のマナー

ールの件名に、送信者の名前を入れる場合があります。

たとえば、件名が「水口貴博です」などです。

件名に名前が書かれていれば、誰から送られてきたメールなのか、一目で分かりやすくなります。

もちろんこうした件名が適したメールもあります。

たとえば、自己紹介のメールです。

自己紹介は、自己紹介が用件なのですから、件名に名前が含まれていてもいいでしょう。

しかし、自己紹介でなければ、件名に名前を含めるのは少し考え直したほうがいいでしょう。

メールの基本に戻って、件名の意味を思い出してみましょう。

メールの件名とは「用件の名前」という意味です。

メールの件名は本来、用件を簡潔に表した一言が適切です。

会社案内の資料の送付をお願いするメールなら「資料送付のお願い」。

問い合わせのメールなら「○○についてのご質問」。

日程調整のメールなら「○○の日程調整について」。

お礼を伝えるメールなら「○○のお礼」。

一目で、メールの内容を把握できる言葉が適切です。

送信者の名前は、メールの本文内で紹介すれば十分です。

自分が送ろうとしているメールの件名は、件名として本当に適切な一言なのか、確認してみましょう。

見直すと、さらに簡潔な言葉が見つかるかもしれません。

就職活動のメールマナー その10

  • メール件名は、
    用件簡潔した一言がける

次の記事

就職活動中は、こまめにメールの確認。

もくじ
(就職活動のメール30のマナー)

同じカテゴリーの作品