就職活動

就職活動のメール
30のマナー

お気に入り0 読んだ
25

メールを送る時間は自由ではあるが、
できるだけ常識の範囲を心がけたい。

メールを送る時間は自由ではあるが、できるだけ常識の範囲を心がけたい。 | 就職活動のメール30のマナー

メールは、大変便利な道具です。

送信者の都合のいいときに、メールを書けます。

受信者も、自分の都合のよいタイミングで読めます。

送信者にも受信者にも自由な時間を有効活用できるメールは、お互いにとって好都合ですね。

 

さて、そんな便利なメールですが、就職活動では、送信する時間に注意したほうがいいでしょう。

おや、送信時間は関係ないはず、と言いたいのでしょう。

 

たしかにそうなのですが、注意したいのは、受信者に与える印象です。

 

たとえば、メールの送信時間が「深夜3時」だったとします。

別に送信時間が何時であろうと、メールのシステムには影響は与えず、正しくメールは送信されます。

一見すると問題なさそうなのですが、やはり気になるのは、メールの送信時間。

送信時間が深夜であることから、送信者がその時間まで起きていたことが分かります。

すると、ふと、次のような連想が働きます。

「こんな時間まで起きていたのか」

「生活が乱れているなあ」

「不眠症なのだろうか」

「遊んでばかりいる人なのだろうか」

深夜である理由は定かではありませんが、いずれにせよ、心配させる印象を与えるのは間違いありません。

それが、就職活動のように、選考に影響するメールなら、なお不都合でしょう。

メールとしては問題ないのですが、受信者に与える印象を考えるなら、メールを送る時間も配慮したほうが安心です。

深夜の時間帯は避け、できるだけ日中に送ったほうが、余計な誤解を防げます。

まとめ

就職活動のメールマナー その25
  • メールを送る時間は、できるだけ常識の範囲を心がける。
名前や敬称の誤りは、相手の顔に泥を塗る行為。

もくじ
就職活動のメール30のマナー
メールを送る時間は自由ではあるが、できるだけ常識の範囲を心がけたい。 | 就職活動のメール30のマナー

  1. 就職活動で企業に送るメールは、ビジネスのメールと考える。
  2. 就職活動に、フリーのメールアドレスを使ってもいいのか。
  3. 個人的な趣味を表現したメールアドレスは、使用しないのが賢明。
  4. メール1通に時間をかかっても、恥じる必要はない。
  5. 企業に問い合わせる際、匿名やニックネームでもいいのか。
  6. 絵文字や顔文字を楽しむのは、プライベートの範囲を心がける。
  7. メールでも、省略は使わない。
  8. サービス名や商品名も、正式名称を使うのが丁寧。
  9. 読みやすいレイアウトで大切なのは3つ。
    改行・空行・箇条書き。
  10. メールの件名は、本当に件名として適切な一言であること。
  11. 就職活動中は、こまめにメールの確認。
  12. 就職情報サイトからのお礼のメールは、返信が必要か。
  13. 読みにくい漢字や読み間違いやすい漢字には、ふりがなをつけると丁寧。
  14. メールの本文を書いている途中で送信してしまうミスを防ぐ工夫。
  15. 依頼だけのメールは、用件は分かっても、素直に受け止められない。
  16. メールの返事が遅くて迷惑になることはあっても、早くて迷惑になることはない。
  17. 自分がどんなに忙しくても、相手を思いやる一言を加えよう。
  18. 形式張った文章では、きちんとした内容でも、気持ちが伝わりにくい。
  19. 学生が社会人に送るメールでは「重要」「緊急」などの注意書きを使用しない。
  20. メールの署名に、余分な装飾は不要。
  21. 住所のない名刺やメール署名は、通用するか。
  22. 一度送信すると取り返しがつかないメールは、送信前の確認が特に重要。
  23. テンプレートを使ったメールでも、送信前の確認は不可欠。
  24. メール送信前の確認項目。
  25. メールを送る時間は自由ではあるが、できるだけ常識の範囲を心がけたい。
  26. 名前や敬称の誤りは、相手の顔に泥を塗る行為。
  27. 内定辞退に適切な手段は、メールより電話。
  28. 友達に送るメールを、間違って企業に送ってしまったときの対処。
  29. メールを送っても返信がない場合に考えられる、3つの原因。
  30. メールの返信がないときの催促には、要注意。

同じカテゴリーの作品