読み上げ動画・音声

就職活動メール
30マナー

お気に入り1 読んだ
その14

メール本文いている途中送信してしまうミス工夫

メールの本文を書いている途中で送信してしまうミスを防ぐ工夫。 | 就職活動のメール30のマナー

規でメールを作成するとき、どのような順で書いていますか。

普通は上から順に空欄を埋めがちです。

一般的な順としては「宛先→件名→メール本文」ではないでしょうか。

画面に空欄があれば、特に深く考えることなく、上から順に埋めてしまいがちです。

一般的な空欄の埋め方ですが、ミスが発生しやすい順です。

最初に宛先を埋めると、本文を書いている途中で手元が滑り、うっかり送信ボタンを押してしまうことがあります。

中途半端なメールを送信して、大きなため息をついた人も多いのではないでしょうか。

まさしく人間だからこそ起こる、ヒューマンエラー。

このミスを防ぐ工夫は、空欄を埋める順にあります。

宛先は最後に埋めるようにしましょう。

最初に件名、次にメール本文、最後に宛先です。

その順でメールを作成すれば、メールの途中でうっかり送信ボタンを押しても大丈夫。

宛先が指定されていないため、中途半端な送信を防げます。

また、メールの宛先を最後に埋めるため、送信先を入念に確認できるメリットもあります。

この送信方法は、プライベートだけでなく、仕事でも使える方法です。

少しでもミスを減らす工夫を凝らしましょう。

就職活動のメールマナー その14

  • 新規メール作成する場合
    宛先最後める

次の記事

依頼だけのメールは、用件は分かっても、素直に受け止められない。

もくじ
(就職活動のメール30のマナー)

同じカテゴリーの作品