就職活動

面接で好印象を与える
30のテクニック

読んだ お気に入り1
8

言葉と態度が一致してこそ、
説得力が生まれる。

言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。 | 面接で好印象を与える30のテクニック

言葉と態度。

それぞれは別々であるように思いますが、自己PRでは深いつながりがあります。

大切なことは、言葉と態度の一致です。

いくらうまく話すことができても、言葉と態度が一致していなければ、信じてもらえません。

 

たとえば、次のような様子に心当たりはありませんか。

「明るい性格」と言いつつ、うつむいている。

「自己管理には自信がある」と言いつつ、肥満体。

「コミュニケーションが得意」と言いつつ、話し方がたどたどしい。

言葉と態度が一致していないと、面接官はどちらが本当なのか、混乱するでしょう。

言葉で説明するからには、それにふさわしい態度である必要があります。

言葉と態度が一致していますか。

この点を考慮しながら、自分が発する言葉を振り返ってみましょう。

言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれるのです。

まとめ

面接で好印象を与えるテクニック その8
  • 言葉と態度を一致させる。
面接は、自分を売り込む場。
もじもじしていると、立派に聞こえない。

もくじ
面接で好印象を与える30のテクニック
言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。 | 面接で好印象を与える30のテクニック

  1. 「見た目が9割」は本当か。
  2. コーポレートカラーを使った心理テクニックで、さりげなくアピール。
  3. 企業が求める人材を把握できなければ、ふさわしい受け答えができない。
  4. 面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
  5. どんな気持ちで「よろしくお願いいたします」と言っていますか。
  6. 履歴書を面接に持参するときの注意ポイント。
  7. 自己紹介のときに、自己PRをしてはいけない。
  8. 言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。
  9. 面接は、自分を売り込む場。
    もじもじしていると、立派に聞こえない。
  10. どの企業でも嫌がられる印象。
    どの企業でも好まれる印象。
  11. どんなエピソードを交えて話すのが、最も効果的か。
  12. すぐ答えられない質問でも、すぐ相づちは打ったほうがいい。
  13. 「姿勢は美しいが、どこか不自然」という人の原因とは。
  14. 地味でも、礼儀作法がきちんとしていれば、面接官の心を動かせる。
  15. 余裕があれば、自主的に企画書を持ち込もう。
  16. 自慢の印象を和らげるのは「○○のおかげ」という一言。
  17. 内容は同じでも、紹介する順番で、印象が変わる。
  18. 第1志望であることを疑われないための3つのポイント。
  19. 真面目かどうかより、真面目な顔ができるかどうか。
  20. 聞かれてもいないのに、自分から欠点を言わない。
  21. 時事問題の知ったかぶりには、要注意。
  22. 否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。
  23. 意味の分からない返事では、コミュニケーションが成立しない。
  24. 就業意欲は、感情的ではなく、理性的に伝える。
  25. 「熱意や意欲が大切」と言うが、どうすれば伝えられるのか。
  26. 面識ができても、なれなれしくならない。
  27. 希望の勤務地を伝えると、選考では不利になるのか。
  28. 面接の練習をしたかどうかは、言わなくても伝わる。
  29. 残業を嫌がっていると誤解されない聞き方。
  30. 質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。

同じカテゴリーの作品