執筆者:水口貴博

面接で好印象を与える
30のテクニック

21
2

時事問題の知ったかぶりには、
要注意。

時事問題の知ったかぶりには、要注意。 | 面接で好印象を与える30のテクニック

面接では、時事問題について質問されることがあります。

時事の範囲は広いのですが、主に最近起こった政治経済のニュースが問われやすい傾向があります。

さて、問題なのは「少しだけ知っている」という状態です。

まったく知らないわけではないが、よく知っているわけでもない。

「聞いたことがある」「記事で読んだことがあるような気がする」などの状態です。

生半可な知識のため、回答に困る場面は、誰でも心当たりがあるのではないでしょうか。

しかも、面接という重大な場面です。

「まったく知りません」という返事だけは避けたいため、知っている範囲で、うまく答えようとするのではないでしょうか。

自分の知識を振り絞って、知っている範囲で最大限に答えようとする。

このとき、人間はつい悪い癖が出やすくなります。

知ったかぶりをしやすいのです。

知っている範囲だけで答えればいいのですが、想像を膨らまして、知らないことまで話してしまいやすい。

面接官は、ベテランの社会人です。

的外れの返事から、知ったかぶりであることをすぐ見抜きます。

また「知ったかぶりをする性格」として、さらにマイナスの評価にもつながるでしょう。

つまり、知ったかぶりは、二重の減点につながるのです。

大切なことは「知っている範囲のみで答える」という基本です。

見栄を張らず、知っている範囲で答えましょう。

知らないことは、正直に「知らない」と答える勇気も必要です。

もしくは、前向きな言い方を心がけるのもいいでしょう。

「勉強不足で申し訳ございません。今後、答えられるようにいたします」

「今すぐにはわかりませんが、帰宅後に確認して、ご報告してもよろしいでしょうか」

「わからない」という返事でも、意欲や熱意を見せながら答えるだけで、面接官に与える印象は大きく変わります。

答えられなければ、即不採用になるわけではありません。

答えられなくても、正直であることが伝われば、減点であっても最小限に抑えられます。

面接で好印象を与えるテクニック(21)
  • 時事問題は知ったかぶりをせず、知っている範囲で正直に答える。
否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。

面接で好印象を与える30のテクニック
面接で好印象を与える30のテクニック

  1. 「見た目が9割」は本当か。
    「見た目が9割」は本当か。
  2. コーポレートカラーを使った心理テクニックで、さりげなくアピール。
    コーポレートカラーを使った心理テクニックで、さりげなくアピール。
  3. 企業が求める人材を把握できなければ、ふさわしい受け答えができない。
    企業が求める人材を把握できなければ、ふさわしい受け答えができない。
  4. 面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
    面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
  5. どんな気持ちで「よろしくお願いいたします」と言っていますか。
    どんな気持ちで「よろしくお願いいたします」と言っていますか。
  6. 履歴書を面接に持参するときの注意ポイント。
    履歴書を面接に持参するときの注意ポイント。
  7. 自己紹介のときに、自己PRをしてはいけない。
    自己紹介のときに、自己PRをしてはいけない。
  8. 言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。
    言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。
  9. 面接は、自分を売り込む場。<br>もじもじしていると、立派に聞こえない。
    面接は、自分を売り込む場。
    もじもじしていると、立派に聞こえない。
  10. どの企業でも嫌がられる印象。<br>どの企業でも好まれる印象。
    どの企業でも嫌がられる印象。
    どの企業でも好まれる印象。
  11. どんなエピソードを交えて話すのが、最も効果的か。
    どんなエピソードを交えて話すのが、最も効果的か。
  12. すぐ答えられない質問でも、すぐ相づちは打ったほうがいい。
    すぐ答えられない質問でも、すぐ相づちは打ったほうがいい。
  13. 「姿勢は美しいが、どこか不自然」という人の原因とは。
    「姿勢は美しいが、どこか不自然」という人の原因とは。
  14. 地味でも、礼儀作法がきちんとしていれば、面接官の心を動かせる。
    地味でも、礼儀作法がきちんとしていれば、面接官の心を動かせる。
  15. 余裕があれば、自主的に企画書を持ち込もう。
    余裕があれば、自主的に企画書を持ち込もう。
  16. 自慢の印象を和らげるのは「○○のおかげ」という一言。
    自慢の印象を和らげるのは「○○のおかげ」という一言。
  17. 内容は同じでも、紹介する順番で、印象が変わる。
    内容は同じでも、紹介する順番で、印象が変わる。
  18. 第1志望であることを疑われないための3つのポイント。
    第1志望であることを疑われないための3つのポイント。
  19. 真面目かどうかより、真面目な顔ができるかどうか。
    真面目かどうかより、真面目な顔ができるかどうか。
  20. 聞かれてもいないのに、自分から欠点を言わない。
    聞かれてもいないのに、自分から欠点を言わない。
  21. 時事問題の知ったかぶりには、要注意。
    時事問題の知ったかぶりには、要注意。
  22. 否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。
    否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。
  23. 意味のわからない返事では、コミュニケーションが成立しない。
    意味のわからない返事では、コミュニケーションが成立しない。
  24. 就業意欲は、感情的ではなく、理性的に伝える。
    就業意欲は、感情的ではなく、理性的に伝える。
  25. 「熱意や意欲が大切」と言うが、どうすれば伝えられるのか。
    「熱意や意欲が大切」と言うが、どうすれば伝えられるのか。
  26. 面識ができても、なれなれしくならない。
    面識ができても、なれなれしくならない。
  27. 希望の勤務地を伝えると、選考では不利になるのか。
    希望の勤務地を伝えると、選考では不利になるのか。
  28. 面接の練習をしたかどうかは、言わなくても伝わる。
    面接の練習をしたかどうかは、言わなくても伝わる。
  29. 残業を嫌がっていると誤解されない聞き方。
    残業を嫌がっていると誤解されない聞き方。
  30. 質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。
    質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION