ニート

ニートが人生逆転する
30の方法

お気に入り4 読んだ
29

「ニートの時期があってよかった」。
そう言える日が、
きっとやってくる。

「ニートの時期があってよかった」。そう言える日が、きっとやってくる。 | ニートが人生逆転する30の方法

世間には、ニートになってはいけない風潮がありますが、仕方ない事情もあります。

大学卒業後の就職に失敗して、ニートになることもあるでしょう。

就職できたとしても、会社の都合で突然解雇され、ニートになることもあるでしょう。

忙しい職務のせいで、精神的な病を患い、ニートになることもあるでしょう。

人生には、いろいろな事情があります。

必ずしも、本人のせいとは言い切れません。

歪んだ社会が生み出した一面もあります。

ニートになってはいけないかというと、そうとは限りません。

ニートの時期が生かされることもあります。

大学受験に失敗した、浪人生のようなものです。

自分の信念を貫くため、1年間余分に勉強して、志望校を目指します。

自由に使える時間を最大限に生かして勉強すれば、次の入試には合格するでしょう。

浪人時代は、自分を見つめる時間もたっぷりあります。

自分の進路や将来を真剣に考えれば、これからの人生を有意義に生きることができるでしょう。

浪人という過去があっても、生かすことができれば、普通の人以上に素晴らしい人生になります。

ニートも同じです。

ちょっとした事情で、小休止しているだけです。

ニートは、自由に使える時間がたくさんあります。

ゆっくり自分の人生を考える時間になるでしょう。

ニートの時期に、自分の進路や将来を真剣に考えれば、人生の意味や目的を持って、再就職できるはずです。

ニートの時期が生かされるかどうかは、本人しだいです。

だらだら過ごしてばかりではなく、人生を見直す時間にしましょう。

そうすれば「ニートの時期があってよかった」と言える日が、きっとやってくるはずです。

ニートの時期を有意義に使えば、普通に歩む人以上に素晴らしい人生が待っています。

まとめ

ニートが人生逆転する方法 その29
  • ニートの時期に、自分や人生について、しっかり考える。
あるところに、ニートがいました。
引きこもった生活でした。
 ところが、ある日……。

もくじ
ニートが人生逆転する30の方法
「ニートの時期があってよかった」。そう言える日が、きっとやってくる。 | ニートが人生逆転する30の方法

  1. 自分は本当に、無気力なニートなのか。
  2. いきなり変わらなくていい。
    少しずつ変わればいい。
  3. ニートの期間を気にしてはいけない。
    大切なことは、本気で脱出したいかどうか。
  4. ごみ箱は、新鮮な気持ちを奪う吸引器。
  5. 寝癖のついた頭では、建設的な考えができない。
  6. 長い爪は、集中力を奪い、面接でも不利になる。
  7. 12時を過ぎてから寝るのは、赤信号。
  8. 絶望を経験しているのではない。
    絶望を妄想しているだけだ。
  9. スピードを出すと、ネガティブが消える。
  10. 誰もあなたを邪魔していない。
    周りの応援を、邪魔と勘違いしているだけ。
  11. 不可能を実現する方法は1つだけ。
    「不可能」という言葉を忘れること。
  12. エンドレス型ゲームに熱中している状態で、ニートから抜け出すのは困難。
  13. 否定の天才は、肯定の天才にもなれる可能性を秘めている。
  14. 「元ニート」も、立派な肩書。
  15. 大きな字で「未来」と書くだけで、元気が出る。
  16. 自分だけの、元気の出る言葉集を作る。
  17. 「普通なんてつまらない」と言えば、普通でないことが正当化される。
  18. 不快な声は、耐えるのではない。
    気にしないのだ。
  19. 応援されないから、諦めるのではない。
    諦めているから、応援されない。
  20. 夢がなくても、夢を持てる考え方。
  21. あなたがどんなに絶望しても、太陽だけは常に味方。
  22. あなたが苦しんでいるのは、誰かの苦しみを理解するため。
  23. 人生は、少しくらい無駄があったほうが、充実する。
  24. まっすぐより、曲がった人生のほうが、面白い。
  25. 廃人として、孤独のまま死んだ。
  26. トーナメントの敗者復活戦は有限。
    ニートの敗者復活戦は無限。
  27. 職歴や年収がなくても、クレジットカードを作る方法。
  28. バッドタイミングも、グッドタイミング。
  29. 「ニートの時期があってよかった」。
    そう言える日が、きっとやってくる。
  30. あるところに、ニートがいました。
    引きこもった生活でした。
     ところが、ある日……。

同じカテゴリーの作品