メイク

10歳若く見られる
30のメイク方法

読んだ お気に入り2
14

コンシーラーを使う人が、
無意識に陥りやすいジレンマ。

コンシーラーを使う人が、無意識に陥りやすいジレンマ。 | 10歳若く見られる30のメイク方法

肌のトラブルを抱える女性に、よく見られるジレンマがあります。

吹き出物や傷痕など、肌の悩みを抱える女性も多いでしょう。

肌に何らかの欠点がある場合、コンシーラーを使うのが一般的です。

コンシーラーを使うのはいいのですが、問題はファンデーションです。

肌に欠点を持つ人は、美しい肌を手に入れたい願望を強く抱く傾向があります。

コンプレックスがあると、やはり「隠したい」という気持ちが強くなります。

その結果、肌に欠点のある女性ほど、地肌よりはるかに白いファンデーションを、無意識のうちに選びやすくなるのです。

しかも、それを自分の好みと思い込みやすい。

 

たしかに好みと言えば好みですが、要注意です。

地肌より、ずっと白いファンデーションを使うと、コンシーラーを使った部分がグレーに浮き出てしまいます。

コンシーラーで隠した部分が、目立ってしまうのは意味がありません。

問題解決になっているようで、なっていないのです。

コンシーラーを使う人が、無意識のうちに陥りやすいジレンマです。

この状態に、自分が当てはまっていませんか。

コンシーラーを使うのが日常的なら、ファンデーションの色は、肌と同じ色を選びましょう。

肌と同じ色だからこそ、きれいに隠せるのです。

まとめ

10歳若く見られるメイク方法 その14
  • コンシーラーは、肌と同じ色のものを選ぶ。
顔は美しいのに、見苦しい女性のパターン。

もくじ
10歳若く見られる30のメイク方法
コンシーラーを使う人が、無意識に陥りやすいジレンマ。 | 10歳若く見られる30のメイク方法

  1. メイクそのものが、人を若返らせる特効薬だ。
  2. 10代のころのようなメイクを、30代や40代でも続けていいの?
  3. 三面鏡への投資は、美への投資と考える。
  4. そばかすを隠すメイク方法とは?
  5. ファンデーションの厚塗りをやめると、若返る。
  6. 目の下の逆三角ゾーンは、肌の印象を決める。
  7. たれ目を解決させる2つのメイク方法。
  8. 目の周りのくすみを、コンシーラーで隠したけど、ぱっとしないのはなぜ?
  9. 年を重ねるにつれてできる目の上のくぼみ。
    うまくごまかすメイクをする方法は?
  10. 細い眉と太い眉のメリットとデメリット。
  11. 顔のうぶ毛をきれいに処理するだけで、顔に明るさとつやがよみがえる。
  12. ほうれい線を目立たなくさせる3つのアイデア。
  13. 女性の肌年齢の差は、冬場に決まる。
  14. コンシーラーを使う人が、無意識に陥りやすいジレンマ。
  15. 顔は美しいのに、見苦しい女性のパターン。
  16. チークブラシだけは、お金をかけるだけの価値がある。
  17. 口角を上げてみせるリップメイクより、もっと大切なことを忘れていませんか。
  18. パール入りのハイライトをつけると、若返りの効果は倍増する3カ所とは。
  19. 頬のたるみより、目元と口元のたるみを、何とかする。
  20. 垂れ下がった口角を、上げて見せるメイク方法は?
  21. 大人らしく上品に見える、マスカラの上げ方。
  22. 大人でも、鮮やかなアイシャドーを諦める必要はない。
  23. 年を重ねるにつれて、ラメが似合わなくなってきた。
    目元に光沢感を出す別のメイク方法は?
  24. チークを顎先に入れると、より、美人になる。
  25. 年を重ねて失われた、唇の張りと潤いを取り戻す方法。
  26. 唇は血の色だ。
    唇の色によって、年齢の印象を左右する。
  27. 唇のハイライトを重ねると、唇に若々しさがよみがえる。
  28. 実をいうと、リップグロスは、下唇だけで十分。
  29. リップグロスを使わなくても実現できる、色気のある唇に見せる方法。
  30. 化粧品は、今も進化している。

同じカテゴリーの作品