人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
電話で意味ありげな態度を取っても、相手には伝わらない。
ビジネスマナー
花選びには、花屋さんに頼るのが一番いい。
ビジネスマナー
電話対応は、新人だけの仕事ではない。
ビジネスマナー
鉢植えの花は、お見舞いに持っていってはいけない。
ビジネスマナー
訪問先で出された飲み物は、飲みきってもいい。
ビジネスマナー
患者を元気づけられなければ、お見舞いは行かないほうがいい。

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り2 読んだ
30

喪中の人に
「めでたい品物」を贈ってはいけないが
「感謝の品物」は贈っていい。

喪中の人に「めでたい品物」を贈ってはいけないが「感謝の品物」は贈っていい。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

身内が亡くなれば、悲しみのために生活活動の一部を控えます。

身内がなくなったというのに、パーティーやお祝い事など明るいことをするのは、亡くなった人に対して失礼だからです。

年賀状は、喪中の相手には送らないのは、すでにご存知のマナーですね。

間違えやすいところがあります。

 

「喪中の人に対して、お中元とお歳暮を贈ってもいいかどうか」です。

 

正解から言うと、贈ってもかまいません。

大切なポイントは「めでたい」か「感謝」かの違いです。

そもそもお中元やお歳暮は「めでたい」という意味はありません。

あくまでも、日頃からお世話になっている人への「感謝」として贈るものです。

年賀状は新年を祝いますから「めでたい」意味があるためNGです。

お中元お歳暮は「感謝」という意味ですので大丈夫です。

贈り物はしていいのですが、もちろん派手な包装、めでたい水引などは控えるようにしましょう。

それらは「めでたい」という意味が含まれているためです。

また「暑中見舞い」「寒中見舞い」も、めでたい意味は含まれていませんから送ってもOKです。

喪中の相手に贈り物をする場合には「めでたい」か「感謝」かの違いに気をつければいいのです。

冠婚葬祭のビジネスマナー その30

  • 喪中の人に
    「めでたい品物」を送るのは控える。
まとめ

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品