人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
スキンケア
脂性肌の人は、一度、脂性乾燥肌ではないかと疑ったほうがいい。
スキンケア
乾燥肌は、敏感肌にもなりやすい。
スキンケア
「肌が怠ける」という言葉に振り回されない。
スキンケア
普通肌、乾燥肌、脂性肌。
一番老化しやすい肌はどれ?
スキンケア
脂性乾燥肌の見分け方。
スキンケア
乾燥肌でも、にきびはできる。

スキンケアの
30の基本

お気に入り3 読んだ
2

肌のタイプは、
大きく分けて4種類ある。
あなたはどのタイプ?

肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。あなたはどのタイプ? | スキンケアの30の基本

皮脂と水分量で肌のタイプを分けると、4種類あります。

 

「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌(脂性乾燥肌)」です。

 

このほか「アレルギー肌」もよく聞かれます。

アレルギー肌は特定の物質に反応する特殊な肌質であり、皮脂と水分量の関係と異なるため、ここでは除外します。

自分の肌はどの肌に当たるのか、確認しましょう。

  1. 普通肌

皮脂の分泌が多すぎず少なすぎず、肌がかさついてもいない状態なら、普通肌です。

理想的な肌の状態といわれます。

  1. 脂性肌

顔が皮脂で脂ぎってべたついているなら、脂性肌です。

特に額と鼻をつないだTゾーンは、皮脂の分泌が多いため、べたつきやすい傾向があります。

過剰な皮脂はにきびや肌荒れの原因になるため、余分な皮脂を定期的に取る必要があります。

  1. 乾燥肌

肌が全体的に乾燥していて、かさかさしているなら、乾燥肌です。

肌の皮脂の分泌が少ないため、肌の表面の水分が蒸発しやすい状態です。

乾燥肌が悪化すると、角質がどんどん剥がれて皮膚のバリアー機能が弱くなり、敏感肌になります。

敏感肌は、乾燥肌がさらに悪化して、あらゆる刺激に敏感になった状態です。

乾燥肌は乾燥を防ぐため、油分と水分の両方を与え、保湿力とバリアー機能を高める必要があります。

  1. 混同肌(脂性乾燥肌)

混合肌とは、1つの顔に脂性肌と乾燥肌の両方が存在している状態です。

 

たとえば、Tゾーンは皮脂で脂ぎっているにもかかわらず、頬やフェイスラインなどがかさついている状態です。

脂性乾燥肌とも言われます。

脂ぎっている部分は皮脂を取り除きつつ、乾燥しているところは油分と水分をこまめに与える必要があり、手間がかかります。

4つの肌タイプの中で、最もスキンケアで手を焼く肌とも言われます。

スキンケアの基本 その2

  • 自分の肌のタイプを、
    確かめる。
肌質は、ティッシュ1枚で、確認できる。

もくじ
(スキンケアの30の基本)

同じカテゴリーの作品