子供がすくすく成長する
30のしつけ

17
6

意味もなく、
子供にお金を与えない。

意味もなく、子供にお金を与えない。 | 子供がすくすく成長する30のしつけ

学校では、お金の勉強をきちんと教えてくれません。

教えてくれないからこそ、家庭の中でお金の教育が必要です。

子供とはいえ、お金の勉強もきちんとさせる必要があります。

お金の勉強は早ければ早いほどいい。

大人になってからお金の勉強をしたのでは遅すぎます。

できるだけ早い段階からお金の勉強をさせたほうが、子供の金銭感覚が養われます。

お金を使うのが上手な人へと育ちます。

子供だからお金を稼ぐ力はまだありません。

仕方なく、むやみにお金を手渡すのはよくありません。

毎月、意味もなくお小遣いを与えるのは注意が必要です。

子供は「お金はもらえるものだ」と勘違いします。

もしくは「お金は親にせびればもらえるものだ」と思う子供もいることでしょう。

本来、お金とは「働くことで手に入れる対価」です。

お金の土台となる考え方です。

一生懸命働くことで、その報酬としてお金を手に入れますね。

何も働かずにお金を与えてしまうと、子供の金銭感覚が狂ってしまいます。

社会に出たときに、水のようにお金の失敗をしてしまい、あっという間に借金生活になってしまうでしょう。

また、社会に出てからも親のお金を頼ってばかりになり、自立が阻害されます。

これはいくら言葉で教えたところで、本当に理解できません。

子供とはいえ、身をもって体験させるのが一番です。

では、どうお金の勉強をさせればいいのでしょうか。

もちろんまだ幼い子供にいきなり社会経験をさせるのも酷な話です。

難しく考える必要はありません。

「家のお手伝い」があるではありませんか。

小さく簡単なお手伝いでもいいです。

時間も力も必要になるような大きなお手伝いでもいいでしょう。

働くことでお金を手にする習慣を作ります。

そういう仕事を、わざと親が作り出してもかまいません。

一生懸命にお手伝いをして「ありがとう。よく頑張ったね」といい、仕事の対価としてお金を与えるようにします。

小さくて簡単な仕事なら金額も小さく、大きくて大変な仕事ならそれだけ金額も大きくします。

いきなりそういう生々しい教育でいい。

お金とは、本来生々しいものです。

子供は「お金は働いて手にするものだ」という基本的な金銭感覚を身につけることができるのです。

子供がすくすく成長するしつけ(17)
  • お手伝いの対価として、お金を与える。
子供にトイレ掃除をさせると、トイレをきれいに使うようになる。

子供がすくすく成長する30のしつけ
子供がすくすく成長する30のしつけ

  1. 自由奔放は教育ではない。<br>きちんとしたしつけを施すのが親の努め。
    自由奔放は教育ではない。
    きちんとしたしつけを施すのが親の努め。
  2. 子供へのしつけは、常に親が先行する形を取る。
    子供へのしつけは、常に親が先行する形を取る。
  3. 食べたものは後片付けをさせるよう、しつける。
    食べたものは後片付けをさせるよう、しつける。
  4. 「勉強しろ」という親こそ、勉強をする。
    「勉強しろ」という親こそ、勉強をする。
  5. 歯磨きの習慣がないと、大人になってから苦労する。
    歯磨きの習慣がないと、大人になってから苦労する。
  6. お墓参りの意味を、納得するまできちんと説明する。
    お墓参りの意味を、納得するまできちんと説明する。
  7. 言い訳をしない癖をつけ、反省を促そう。
    言い訳をしない癖をつけ、反省を促そう。
  8. 整理整頓の基本は、実にシンプル。<br>「使い終われば、元の場所に戻す」
    整理整頓の基本は、実にシンプル。
    「使い終われば、元の場所に戻す」
  9. 品行方正のある親からは、品行方正のある子が育つ。
    品行方正のある親からは、品行方正のある子が育つ。
  10. 子供は、親が考えるよりはるかに怯えやすい。
    子供は、親が考えるよりはるかに怯えやすい。
  11. 父と母の教育論は、違っていて当然。
    父と母の教育論は、違っていて当然。
  12. 時には、夫婦喧嘩も必要。<br>大切なことはきちんと仲直りすること。
    時には、夫婦喧嘩も必要。
    大切なことはきちんと仲直りすること。
  13. 子供の前で、夫婦喧嘩をしない。
    子供の前で、夫婦喧嘩をしない。
  14. 子供は、期待されるほど成績を伸ばす。
    子供は、期待されるほど成績を伸ばす。
  15. 子供からの難易度の高い質問には「調べて教えてほしい」と答えればいい。
    子供からの難易度の高い質問には「調べて教えてほしい」と答えればいい。
  16. 面倒見のよすぎる親は、子供から失敗する機会を奪っている。
    面倒見のよすぎる親は、子供から失敗する機会を奪っている。
  17. 意味もなく、子供にお金を与えない。
    意味もなく、子供にお金を与えない。
  18. 子供にトイレ掃除をさせると、トイレをきれいに使うようになる。
    子供にトイレ掃除をさせると、トイレをきれいに使うようになる。
  19. 喧嘩は、最初に手を出したほうが負け。
    喧嘩は、最初に手を出したほうが負け。
  20. 一度のしつけで、素直に言うことを聞く子のほうが珍しい。
    一度のしつけで、素直に言うことを聞く子のほうが珍しい。
  21. 靴とはいえ、侮れない。<br>脱いだ靴で、人間性まで判断されてしまう。
    靴とはいえ、侮れない。
    脱いだ靴で、人間性まで判断されてしまう。
  22. できなかった部分より、できた部分を見て褒める。
    できなかった部分より、できた部分を見て褒める。
  23. 10歳になれば、そろそろ子供への対応を変える時期。
    10歳になれば、そろそろ子供への対応を変える時期。
  24. 子供にも家族運営に参加させる。
    子供にも家族運営に参加させる。
  25. やりたくない習い事は、無理にやらせないほうがいい。
    やりたくない習い事は、無理にやらせないほうがいい。
  26. 外国語学習に力を入れるなら、母国語の学習から徹底すること。
    外国語学習に力を入れるなら、母国語の学習から徹底すること。
  27. 子供に求めるべきは、速いかより、できるか。
    子供に求めるべきは、速いかより、できるか。
  28. しつけが必要なのは、子供より、親のほうかもしれない。
    しつけが必要なのは、子供より、親のほうかもしれない。
  29. 親子の仲とはいえ、閉まっているドアを開けるときにはノックをする。
    親子の仲とはいえ、閉まっているドアを開けるときにはノックをする。
  30. しつけは弱くても問題ない。<br>むしろ、しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。
    しつけは弱くても問題ない。
    むしろ、しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION