執筆者:水口貴博

子どもがすくすく成長する
30のしつけ

30
8

しつけは弱くても問題ない。
むしろ、
しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。

しつけは弱くても問題ない。むしろ、しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。 | 子どもがすくすく成長する30のしつけ

最後にお話ししたいのは、少々ショッキングな内容です。

「しつけ」というテーマですから、本当は最初に話をしようかと思いましたが、あえて最後に持ってきました。

しつけをしすぎる弊害についてです。

私がアメリカ留学をしていたときのことです。

Mさんという20代後半の男性と知り合う機会がありました。

一緒に食事に行ったり、ドライブへ連れて行ってもらったりして、だんだん親しく話をするようになりました。

最初は普通の男性という印象でしたが、しばらくすると、少し変なところが目につくようになりました。

一緒に歩いていると、Mさんの行動が少し変です。

買い物に一緒に行って駐車場で車を止めた後、鍵をかけ忘れていない車がないか、ドアをチェックしています。

明らかに怪しい。

部屋を物色しようとする泥棒のようです。

「ドアが開いていたら、何か盗んでやろうと思って」

信じられないことを口にします。

そういう態度にしろ、話の内容にしろ、彼の人柄があまりよくないと感じ始めてきました。

またある日「日本でどんな仕事していたの」と聞くと「密輸入をしていた。1回40万円くらいだったかな」と言います。

彼の親はどんな人なのか興味が湧き、Mさんに尋ねてみました。

おそらく親からの教育が悪かったのだろうと、それらしい返事を予想していましたが、完全に期待を裏切られました。

「学校の校長先生をやっている」といいます。

「ええ? なぜ? 何があったの?」

驚いた勢いから、続けて質問を飛ばしました。

校長先生ともなれば、むしろ品行方正の整った人に育てられるような気がします。

「親からのしつけがあまりに厳しくて絶えられなかった。体罰もたくさん受けた。それである日、爆発したんだ」

親が厳しい教育者であったがゆえに、逆に子どもは非行へと走ってしまいました。

実は、こうしたケースは彼だけではありませんでした。

留学と言えば、育ちのいいお金持ちが行くという華やかなイメージがありますが、一概にそうとも限らない。

あまり詳しくは書けませんが、彼に近いケースを数多く目にしてきました。

親からの教育が厳しくて日本から逃げるように海外へきた人は、多くいました。

親からのしつけが弱くて、非行に走る子は少ないです。

親からしつけが少なくても、それなりに子どもは育ちます。

身近にいる友人や先生などを参考にして、自分なりに学んで成長していきます。

むしろ、逆の場合のほうが多い。

親からのしつけが厳しすぎてストレスがたまり、ある日、爆発させるかのように非行に走ってしまうというパターンです。

ある日を境に、完全に親の言うことを聞かなくなり、非行に走ってしまうようになる。

特に、しつけが厳しすぎたり、体罰などをする親に育てられたりした子は、そういう傾向が強いです。

政治家の息子が非行に走ったり、大物芸能人の息子が大麻で逮捕されたりなどは、そういうたぐいです。

親から、がちがちの型にはめられた生活が窮屈になり、ある日不満を爆発させます。

これが難しいところです。

完全に甘えさせるのもよくありません。

常識や作法も礼儀もなくて社会性を欠いてしまえば、大人になったとき苦労することでしょう。

では、しつけが厳しければいいのかというとそうでもありません。

「厳しすぎるしつけ」の中でも、特に「体罰」はいけません。

大切なことは「しつけをしつつも、厳しすぎないこと」です。

ある程度は許容しながら、ゆっくりのんびりしつけるという微調整が、しつけに最も苦労するところなのです。

子どもがすくすく成長するしつけ(30)
  • しつけをしつつも、厳しすぎないようにする。
まとめ

子どもがすくすく成長する30のしつけ
子どもがすくすく成長する30のしつけ

  1. 自由奔放は教育ではない。<br>きちんとしたしつけを施すのが親の努め。
    自由奔放は教育ではない。
    きちんとしたしつけを施すのが親の努め。
  2. 子どもへのしつけは、常に親が先行する形を取る。
    子どもへのしつけは、常に親が先行する形を取る。
  3. 食べたものは後片付けをさせるよう、しつける。
    食べたものは後片付けをさせるよう、しつける。
  4. 「勉強しろ」という親こそ、勉強をする。
    「勉強しろ」という親こそ、勉強をする。
  5. 歯磨きの習慣がないと、大人になってから苦労する。
    歯磨きの習慣がないと、大人になってから苦労する。
  6. お墓参りの意味を、納得するまできちんと説明する。
    お墓参りの意味を、納得するまできちんと説明する。
  7. 言い訳をしない癖をつけ、反省を促そう。
    言い訳をしない癖をつけ、反省を促そう。
  8. 整理整頓の基本は、実にシンプル。<br>「使い終われば、元の場所に戻す」
    整理整頓の基本は、実にシンプル。
    「使い終われば、元の場所に戻す」
  9. 品行方正のある親からは、品行方正のある子が育つ。
    品行方正のある親からは、品行方正のある子が育つ。
  10. 子どもは、親が考えるよりはるかに怯えやすい。
    子どもは、親が考えるよりはるかに怯えやすい。
  11. 父と母の教育論は、違っていて当然。
    父と母の教育論は、違っていて当然。
  12. 時には、夫婦喧嘩も必要。<br>大切なことはきちんと仲直りすること。
    時には、夫婦喧嘩も必要。
    大切なことはきちんと仲直りすること。
  13. 子どもの前で、夫婦喧嘩をしない。
    子どもの前で、夫婦喧嘩をしない。
  14. 子どもは、期待されるほど成績を伸ばす。
    子どもは、期待されるほど成績を伸ばす。
  15. 子どもからの難易度の高い質問には「調べて教えてほしい」と答えればいい。
    子どもからの難易度の高い質問には「調べて教えてほしい」と答えればいい。
  16. 面倒見のよすぎる親は、子どもから失敗する機会を奪っている。
    面倒見のよすぎる親は、子どもから失敗する機会を奪っている。
  17. 意味もなく、子どもにお金を与えない。
    意味もなく、子どもにお金を与えない。
  18. 子どもにトイレ掃除をさせると、トイレをきれいに使うようになる。
    子どもにトイレ掃除をさせると、トイレをきれいに使うようになる。
  19. 喧嘩は、最初に手を出したほうが負け。
    喧嘩は、最初に手を出したほうが負け。
  20. 一度のしつけで、素直に言うことを聞く子のほうが珍しい。
    一度のしつけで、素直に言うことを聞く子のほうが珍しい。
  21. 靴とはいえ、侮れない。<br>脱いだ靴で、人間性まで判断されてしまう。
    靴とはいえ、侮れない。
    脱いだ靴で、人間性まで判断されてしまう。
  22. できなかった部分より、できた部分を見て褒める。
    できなかった部分より、できた部分を見て褒める。
  23. 10歳になれば、そろそろ子どもへの対応を変える時期。
    10歳になれば、そろそろ子どもへの対応を変える時期。
  24. 子どもにも家族運営に参加させる。
    子どもにも家族運営に参加させる。
  25. やりたくない習い事は、無理にやらせないほうがいい。
    やりたくない習い事は、無理にやらせないほうがいい。
  26. 外国語学習に力を入れるなら、母国語の学習から徹底すること。
    外国語学習に力を入れるなら、母国語の学習から徹底すること。
  27. 子どもに求めるべきは、速いかより、できるか。
    子どもに求めるべきは、速いかより、できるか。
  28. しつけが必要なのは、子どもより、親のほうかもしれない。
    しつけが必要なのは、子どもより、親のほうかもしれない。
  29. 親子の仲とはいえ、閉まっているドアを開けるときにはノックをする。
    親子の仲とはいえ、閉まっているドアを開けるときにはノックをする。
  30. しつけは弱くても問題ない。<br>むしろ、しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。
    しつけは弱くても問題ない。
    むしろ、しつけが厳しすぎて非行に走るほうが多い。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION