子育て上手な親になる
30の方法

15
9

子供から、
お金を取り上げてはならない。
お金の勉強は、
学校では教えてくれない。

子供から、お金を取り上げてはならない。お金の勉強は、学校では教えてくれない。 | 子育て上手な親になる30の方法

意外に気づかれていないことですが、子供からお金を取り上げてはいけません。

特にお年玉のときです。

お年玉のときは、そのまま子供に持たせてあげましょう。

子供には普段、手にすることのない大金を手に入れる瞬間です。

そのときに「子供がそんな大金を持つものではありません。お母さんが預かっておきます」と言う親がいます。

それは子供からお金の勉強をする機会を取り上げているのと同じです。

子供が慣れない大金を持ち、心配する気持ちはわかります。

しかし、子供にはできるだけ現金の形でお金を持たせ、できるかぎりお金の勉強をする体験をしてもらわなければなりません。

「しなければならない」というのは、学校では教えてくれないことだからです。

学校では国語や算数の勉強をさせることはあっても、お金の勉強をさせることはありません。

お金の勉強ほど、すべての人に必要で大切な勉強はありません。

しかも使い方を間違えれば、自分の生活だけでなく、人生にも影響するテーマです。

にもかかわらず、学校ではこれほど大切な勉強を一切教えてくれないのが現状なのです。

親は、できるだけ子供に早い段階からお金について勉強させておく必要があります。

お年玉で子供にある程度まとまったお金が入ってきても、親は決して子供からお金を取り上げてはいけません。

子供にはたとえ100円でも、100円なりの使い道があります。

当然、まだ子供ですからお金の使い方は下手で、めちゃくちゃな使い方になるでしょう。

怒りたくなる使い方をしても、口出ししません。

失ったお金で、子供が苦しむ機会を、ぜひ与えていただきたいと思います。

お金に苦しむことで、金銭感覚が磨かれます。

私の場合、子供のころからお年玉で得たお金は親から取り上げられるということはありませんでした。

「貴博君、これ、お年玉ね」と親戚からお年玉をもらいました。

いつもは手にすることのない大金を手にする瞬間です。

それを横で見ていた親は「そのお金は貴博のお金だから自分の責任で管理しなさい」といつも言っていました。

決して親がお金の管理が面倒なのではなく、私にお金の勉強をさせるために、わざとお金を取り上げずに持たせていました。

そのおかげで子供のころの私は、数え切れないほどのお金の失敗があります。

必要もないのに買ったこと、衝動買いをしたこと、お財布をなくしてしまったこと、通販にはまってお金をだらだら使ったこと。

こうしたお金の誤った使い方をしていても親は「それは貴博の責任」と言って、冷たくあしらうだけです。

私はお金の使い方の失敗をしたことで、お金に対する勉強をすることができていました。

1,000円は大人から見れば大した金額ではありませんが、子供には1,000円でも大きなお金に見えます。

しかし、まだ子供のころにお金の失敗をするなら、人生をひっくり返してしまうような失敗をすることはありません。

むしろお金の勉強をしないまま大人になってしまった人が、お金の使い方を誤り、人生をひっくり返してしまうことになります。

年を取るにつれて、お金の失敗は許されません。

できるかぎり子供のころからお金は現金で持たせ、使い方の経験をさせたほうが将来、お金の使い方が上手になるのです。

子育て上手な親になる方法(15)
  • 子供から、お金を取り上げないようにする。
遊びも立派な勉強となる。

子育て上手な親になる30の方法
子育て上手な親になる30の方法

  1. 子供の一生を決めるのは、親の育て方しだい。
    子供の一生を決めるのは、親の育て方しだい。
  2. 子供は、失敗をする天才である。
    子供は、失敗をする天才である。
  3. 教育の基本はとってもシンプル。<br>「許す」と「教える」。
    教育の基本はとってもシンプル。
    「許す」と「教える」。
  4. 愛のない教育は、子供にとってむしろ毒となる。
    愛のない教育は、子供にとってむしろ毒となる。
  5. 子供は、真似の天才である。
    子供は、真似の天才である。
  6. チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。
    チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。
  7. 子供は、小さな暴れん坊将軍。<br>暴れるのが、お仕事。
    子供は、小さな暴れん坊将軍。
    暴れるのが、お仕事。
  8. たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。
    たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。
  9. 親の器の大きさが、子供の器の大きさになる。
    親の器の大きさが、子供の器の大きさになる。
  10. 「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
    「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
  11. 親の言葉遣いが、子供の言葉遣いになる。
    親の言葉遣いが、子供の言葉遣いになる。
  12. 嫌がることをやらせても、本当に身につかない。
    嫌がることをやらせても、本当に身につかない。
  13. よその子と比べないほうがいい。
    よその子と比べないほうがいい。
  14. 子供には、全力を出すことだけに意識させればいい。
    子供には、全力を出すことだけに意識させればいい。
  15. 子供から、お金を取り上げてはならない。<br>お金の勉強は、学校では教えてくれない。
    子供から、お金を取り上げてはならない。
    お金の勉強は、学校では教えてくれない。
  16. 遊びも立派な勉強となる。
    遊びも立派な勉強となる。
  17. 親が勉強していると、子供も勉強したくなる。
    親が勉強していると、子供も勉強したくなる。
  18. 「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」
    「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」
  19. 親も、子供から学んでいく。
    親も、子供から学んでいく。
  20. 子供が生まれて初めて目にする人間関係は、お父さんとお母さんの夫婦関係。
    子供が生まれて初めて目にする人間関係は、お父さんとお母さんの夫婦関係。
  21. 親が、親の悪口を言ってはいけない。
    親が、親の悪口を言ってはいけない。
  22. 親の習慣が、子の習慣になる。
    親の習慣が、子の習慣になる。
  23. 「ありがとう」が言えない子供は、社会に出てから苦労をする。
    「ありがとう」が言えない子供は、社会に出てから苦労をする。
  24. 食事中のお説教はしない。<br>せっかくのおいしい食事が台無しになる。
    食事中のお説教はしない。
    せっかくのおいしい食事が台無しになる。
  25. 「うちの子に限って」という考え方はやめよう。
    「うちの子に限って」という考え方はやめよう。
  26. 近所のおじさんおばさんにも、怒ってもらおう。
    近所のおじさんおばさんにも、怒ってもらおう。
  27. いらいらしても、子供の人格や存在は否定しない。
    いらいらしても、子供の人格や存在は否定しない。
  28. 子供の欠点を褒めるのは、親の仕事。
    子供の欠点を褒めるのは、親の仕事。
  29. 無条件に大切にすることが、愛である。
    無条件に大切にすることが、愛である。
  30. いずれ自立する子供のために、親は子を育てる。
    いずれ自立する子供のために、親は子を育てる。

同じカテゴリーの作品

4:23

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION