自立できる子供に育てる
30の教育法

17
3

子供にあえてお金を持たせることで、
金銭感覚を磨かせることができる。

子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

子供が将来大人になるために、できるだけ小さいころから、お金について勉強することが大切です。

「子供が使うと無駄遣いをして、すぐ使い果たすだろう」と思う親がいます。

そんなことはありません。

むしろ子供にお金の失敗を経験をさせることで、お金の勉強ができるのです。

お金で苦しい経験をしておかないと、大人になってから苦労します。

私の家庭では、誕生日にもらったお金やお年玉、お小遣いなどは、すべて自分だけで管理を任されました。

まだお金のことをよく知らない子供にとって、大金を任されるというのは大きなことです。

まず私は、通信販売にまんまとのめり込みました。

「字がきれいになるペン字講座」や「痩せるための薬」など、かなり試しました。

親はそれを見ながら「あんた、また無駄遣いして。そんなの効くわけがないでしょ」と言います。

小さい子供である私は、書いてあることは何でも信じてしまっていました。

どのくらいお金を使ったのでしょう。

数十万のお金が飛んでいきました。

しかし、その数十万に見合うだけの効果は、得られませんでした。

ただし、数十万に見合うだけの「金銭的な痛み」は味わいました。

母の言った「そんなの効くわけがないでしょ」が、そのときになって初めてわかります。

私にとって、小さな子供時代に数十万のお金の痛みを味わえたことは、貴重な経験でした。

金銭感覚は、本をたくさん読んでも身につきません。

金銭感覚は、金銭を使って磨くしかないのです。

私の親は、実際に子供にお金を持たせることで、あえてお金で失敗させて、金銭感覚を磨いてほしいと思っていたのです。

子供からお金を取り上げずに、わざとお金を持たせて痛い経験をさせていたのです。

自立できる子供に育てる教育法(17)
  • あえて子供にお金を持たせて、痛みの小さい金銭トラブルを経験させる。
「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。

自立できる子供に育てる30の教育法
自立できる子供に育てる30の教育法

  1. 子供は、自分から自立していく。
    子供は、自分から自立していく。
  2. 勉強は、学校で学ぶ。<br>感情は、家庭で学ぶ。
    勉強は、学校で学ぶ。
    感情は、家庭で学ぶ。
  3. 甘えさせてもいい。<br>ただし、甘やかしてはならない。
    甘えさせてもいい。
    ただし、甘やかしてはならない。
  4. 「難しい」と答えると、子供は自立できない。<br>「簡単」と答えると、子供は自立する。
    「難しい」と答えると、子供は自立できない。
    「簡単」と答えると、子供は自立する。
  5. 子供は、親の真似をする。<br>自立した親からは、自立さえも真似をする。
    子供は、親の真似をする。
    自立した親からは、自立さえも真似をする。
  6. 「痛み」を経験することで、免疫ができる。
    「痛み」を経験することで、免疫ができる。
  7. 親が笑うと、子供は安心する。
    親が笑うと、子供は安心する。
  8. 子供の経験を、親が横取りをしない。<br>自分のことは、自分でさせるだけでいい。
    子供の経験を、親が横取りをしない。
    自分のことは、自分でさせるだけでいい。
  9. 子供に押し付ける親は、失敗する。<br>子供に任せる親が、慕われる。
    子供に押し付ける親は、失敗する。
    子供に任せる親が、慕われる。
  10. 「子供を理解する親」が、愛される。
    「子供を理解する親」が、愛される。
  11. 育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
    育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
  12. 「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。<br>「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
    「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
    「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
  13. 親の口癖は、人生の教訓。
    親の口癖は、人生の教訓。
  14. 働く姿を見せると、子供は自立できる。
    働く姿を見せると、子供は自立できる。
  15. 自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
    自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
  16. 自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
    自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
  17. 子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
    子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
  18. 「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
    「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
  19. 聞くは一時の恥。<br>聞かぬは一生の恥。
    聞くは一時の恥。
    聞かぬは一生の恥。
  20. 大事な場面での沈黙が、子を育てる。
    大事な場面での沈黙が、子を育てる。
  21. 勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
    勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
  22. 「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
    「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
  23. 自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
    自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
  24. 学生の仕事は「勉強」だ。
    学生の仕事は「勉強」だ。
  25. 子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
    子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
  26. 「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
    「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
  27. 家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
    家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
  28. 「自問自答」できる人が、自立する。
    「自問自答」できる人が、自立する。
  29. 「かわいい子には、旅をさせよ」
    「かわいい子には、旅をさせよ」
  30. 泣きたいときには、泣かせてあげよう。<br>泣くことで、子供は強くなる。
    泣きたいときには、泣かせてあげよう。
    泣くことで、子供は強くなる。

同じカテゴリーの作品

2:35

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION