人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
親に反抗する子供を、喜ばないといけない。
子育て
親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
子育てにも「守破離」がある。
子育て
「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。

子供礼儀行儀をしつける
30方法

お気に入り5 読んだ
30

しつけは
「従順期」
「反抗期」
「反省期」3段階

つけというのは、言われて覚えて終わりと言いたいところですが、回り道があります。

山あり谷ありです。

多くの人たちは、次のような成長段階に思い当たるのではないでしょうか。

親が子をしつけるときに、次のような段階があることをあらかじめ知っておくと、対応もしやすくなります。

しつけるとき、その3段階とは「従順期・反抗期・反省期」です。

自分の過去と照らし合わせながら、考えてみましょう。

  1. 従順期(親から言うことを素直に聞く時期)

おおむね10歳までの間は、親の言うことを素直に聞いてもらえる時期です。

何でも「はい」と素直に答えます。

世間はまだ分からず、頼りになるのは親だけです。

また親に振り向いてもらいたいため、余計に親の言うことを素直に聞いてくれます。

このころの子供が、一番かわいいのかもしれません。

この10歳までにしつけた行儀や作法は、子供の人格形成の土台になりやすいです。

  1. 反抗期(一時的に態度が悪くなる時期)

10歳を過ぎるころから、子供は次第に汚い言葉を覚え始めます。

 

一方でこれまでせっかく覚えてきた行儀や作法を、わざと破り、親の手を煩わせようとします。

10代後半になると、さらにエスカレートします。

ここで今までしつけていた礼儀や行儀が悪くなり、今まで教えていた苦労が水の泡になったかのように思えます。

 

しかし、大丈夫です。

反抗期がやってきたからと言って、嘆く必要はありません。

反抗期があれば、安心です。

精神発達の過程の1つであり、きちんと子供が精神的な発達ができている証拠です。

親の言うことに歯向かうのは、自我に目覚め始めているという裏返しでもあります。

いつまでも続くわけではありません。

もうしばらく我慢しましょう。

  1. 反省期(しつけの大切さに気づき、再び礼儀がよくなる時期)

反抗期を過ぎ、おおむね20代半ばを過ぎ始めたころから、少しずつ子供の態度に変化が見え始めます。

態度が一転してよくなります。

中学・高校・大学の経験を通して、子供の経験量は蓄積され、一定量に達します。

すると、多くの他人と自分とを冷静に比べることができるようになります。

このとき、自分が面倒だと思っていた親からのしつけの素晴らしさに、気づき始めます。

ここで一気に反省します。

「自分が間違っていた。幼い時期の親からのしつけは、これほど素晴らしいものだったのか」と、目が覚めます。

親が口うるさかった言葉の奥にある愛に気づきます。

反抗期の自分の身勝手な行動が、乱暴であるほど恥じる気持ちも大きくなります。

一転して、礼儀がよくなります。

個人差はありますが、反抗期に親に強く反抗していたほど強く反省して、態度が急によくなることが多いようです。

すべての人がまったく同じとまではいかなくとも、同じような成長段階を経ているのではないでしょうか。

自分が親になって子供をしつけるとき、この3段階を覚悟しておくことです。

あらかじめ心に留めておくと、親としても冷静な態度を取りやすくなるはずです。

子供に礼儀と行儀をしつける方法 その30

  • 成長3段階を、
    あらかじめっておく
まとめ

もくじ
(子供に礼儀と行儀をしつける30の方法)

同じカテゴリーの作品