人生の教科書



読み上げ動画・音声
家族運営
家族とは、納豆と同じ。
よく練るほど、おいしい粘着力が出てくる。
ダイエット
おなかの調子がよければ、肌の調子もよくなる。
自分磨き
仕事モードと遊びモードを切り替えて、バランスを整えてもいい。
スキンケア
和食ほど、肌に優しい料理はない。

がよくなる食生活

お気に入り4 読んだ
5

からステーキという選択肢があってもいい

がよくなる食事の定番といえば「ご飯・みそ汁・納豆」です。

良質の糖分に、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。

健康的です。

これに異を唱える人も少ないことでしょう。

もちろん朝からご飯・みそ汁・納豆は悪くはありませんが、そればかりが選択肢ではありません。

ご飯・みそ汁・納豆ばかりでは質素でつまらないです。

毎日続くとやはり飽きてしまいます。

人それぞれ好みがありますから、納豆が苦手という人もいるでしょう。

もっと別の選択肢があってもいい。

やはり元気になる食事を食べるのが一番です。

朝から大好物を食べます。

いきなり朝から豪華でいい。

夜寝る前に食べるより、朝一番で口にするのがおすすめです。

朝から勢いを出せ、活力がみなぎるからです。

私はときどき、朝からステーキを口にすることがあります。

ミディアムレアに焼いた、分厚いビーフステーキが大好物です。

都会に住んでいると、歩いて行ける距離に24時間のレストランがあり、助かります。

朝食にステーキを注文して、出来立てのステーキを頬張ると、単純に元気が出ます。

やはりうまいです。

食事は元気の源です。

笑顔になりながら食べている広告の写真がありますが、あんな感じになります。

うまい物を口にすると、自然と笑顔になります。

それが大切です。

寒い冬でも一気に身も心も温まり「さあ、今日も1日、頑張るぞ!」というポジティブな気持ちになれます。

元気、やる気のような気力。

記憶力・集中力・思考力のような脳の力。

長時間勉強ができる体力。

食欲は、すべての源です。

うまい食べ物は、食欲を満たすだけでなく、精神的な部分まで影響します。

直接、頭がよくなる食事ではありませんが、心も体も元気にさせてくれる食事です。

少し値段は高くても、元気が出る特別料金が含まれていると考えるようにしています。

体にいい悪いという話は別として、まず食べてポジティブになれる食事を見つけることです。

朝からうまい物を食べてください。

朝からカレーを食べて元気になる人もいるでしょう。

豚カツでもいいし、牛丼でもいいし、すき焼きでもいい。

仕事や勉強に打ち込める気力・活力がみなぎるなら、頭がよくなる食事になるのです。

頭がよくなる食べ物と食生活 その5

  • 朝一から、
    うまいべる
お魚料理こそ、頭がよくなるおすすめメニュー。

もくじ
(頭がよくなる食べ物と食生活)

同じカテゴリーの作品