人生の教科書



勉強法
体力も精神力もない人は、勉強で補えばいい。
勉強法
勉強は、自分を知るチャンス。
受験対策
勉強が大変だと思ったら、勘違い。
勉強ほど、贅沢なことはない。
自分磨き
記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
投資
自分磨きには、お金を惜しまないこと。
才能
本ほど、自由度の高い先生はいない。
受験対策

頭がよくなる食べ物と食生活

お気に入り5 読んだ
27

「肉+運動」があれば、
短期間で免疫力を高めることができる。

「肉+運動」があれば、短期間で免疫力を高めることができる。 | 頭がよくなる食べ物と食生活

受験生同士で学力に差ができるのは、勉強している時間だけではありません。

健康なときは、勉強スピードに大差はできません。

大差ができるのは、病気でダウンしたときです。

寝込んでいるときには何もできず、病が回復するまで、ただぼうっとするだけです。

その時間には勉強も手をつけられず、ほかの受験生と差ができてしまいます。

もちろん人間ですから、たまに風邪を引いて寝込むこともあるでしょう。

 

しかし、免疫力が低い人は、風邪にもかかりやすくなり、回復するにも時間がかかるため、寝込んでいる時間も長くなります。

免疫力の低下が、間接的に勉強に影響します。

受験では不利になってしまいます。

免疫力が低下する原因はさまざまですが、代表的なものはたった2つしかありません。

  • 原因1 食が細い
  • 原因2 運動不足

第1の原因は「食が細いこと」です。

食事の量が少なすぎると、やはり免疫力も低下します。

体を作る資本は、食事からです。

良質なタンパク質を取るからこそ、病気に強い肉体が作られます。

ビタミンやミネラルを取るからこそ、病にも強くなります。

 

しかし、食が細いと絶対量がどうしても少なくなります。

しっかり食べるからこそ、タンパク質や栄養も体に多く取り込まれます。

まず、栄養のあるものをしっかり食べること。

これに尽きます。

 

では、免疫力を高めるてっとり早い食材といえば何か。

食の種類はさまざまですが、特に即効性がありおすすめするのは、やはり「肉」です。

肉は、良質なタンパク源です。

ビタミンやミネラルなどバランスがよく、豊富に含まれています。

しかも、肉は手に入れやすく、比較的低価格です。

経済的に弱い学生でも肉なら手に入れやすいはずです。

病気に強い体を作るときに、肉は大いに有効な材料になります。

 

しかし、肉だけではいけません。

第2の原因は「運動不足」です。

もう1つ大事なことは、運動をすることです。

肉は、体を作る材料です。

肉ばかりを食べているのでは、単に太ってしまうだけです。

材料をきちんと生かすためには、体を動かす「運動」が必要です。

肉を食べた後は、運動をしましょう。

激しい運動でなくても、軽い運動で結構です。

ジョギングでもいいし、散歩を増やしてもOKです。

「肉と運動」の両方がマッチしたとき、短時間で病に強い体を作れます。

ストレスも免疫力低下につながる要因になりますが、この運動さえしっかりしていれば、ストレスは同時に解消されるはずです。

勉強にせいを出す時期は、肉を使った食事を少し増やしてみましょう。

牛丼・すき焼き・鍋料理。

カレーやシチューに入れる肉も、いつもより少し多めにします。

もちろん肉ばかりではいけませんが、せめて勉強で勝負をしなければならない時期くらいは、そういう心がけも必要です。

免疫力を高めるポイントは、2つです。

  • 「肉+運動」

この2つがあれば、短期間で免疫力を高めることができます。

少々のことではダウンしない肉体があってこそ、長期にわたる受験にも立ち向かうことができるのです。

まとめ

頭がよくなる食べ物と食生活 その27
  • 「肉+運動」で、
    病気に強い肉体を作る。
脳を活性化させる最も大切な栄養素とは、親子のコミュニケーション。

もくじ
(頭がよくなる食べ物と食生活)

同じカテゴリーの作品