人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
健康
身内の死を研究し、自分の人生に生かす。
受験対策
目指すは「1日30品目」のバランスの取れた食事。
人生論
身の回りの現実から、大切な学びを見つける。
子育て
バナナを食べると、身長が伸びるのは本当なのか。
睡眠
夕食やデザートに、バナナを食べる。
プラス思考
コンプレックスほど、強いバネはない。

頭がよくなる食べ物と食生活

お気に入り5 読んだ
4

手軽に素早く小腹を満たしたいときには、
バナナが一番。

手軽に素早く小腹を満たしたいときには、バナナが一番。 | 頭がよくなる食べ物と食生活

  • 「おなかがすいたなあ」

小腹がすいて祖父の部屋に行き「何かお菓子ない?」と聞きました。

祖父は神棚を指さして「お菓子よりバナナを食べなさい」と言います。

祖父の部屋には、神棚がありました。

神棚には、いつもバナナが置いてあり、それを差し出してくれました。

「おなかがすいたときにはいつでもバナナをお食べ」とよく勧めてくれました。

そんな祖父や祖母も、暇があったらバナナを口にしていました。

バナナは、手軽な食べ物です。

小腹が減ったとき、あなたならどうしていますか。

ご飯を食べるには量が多すぎます。

あまり食べすぎると、満腹のため、眠くなるでしょう。

だからとはいえ、お菓子を食べるのもためらいます。

虫歯の原因になりますし、甘い物ばかりというのも健康上よくありませんね。

そういうときこそ、バナナです。

バナナ1本、およそ100キロカロリー。

小さくて口にしやすい果物ですね。

小腹を満たすにはちょうどいいサイズ、適度なカロリーといえるでしょう。

しかも値段も安く、世界中どこにでも売っているので、手に入れやすい。

バナナに含まれる糖分は、砂糖とは違い「果糖」と呼ばれます。

果糖は、砂糖に比べると消化吸収が早いため、急いでエネルギーの補給をしたいときに効果的です。

また、バナナには、気持ちを落ち着かせるセロトニンの原料となる「トリプトファン」が多く含まれています。

勉強詰めになるといらいらしがちになりますが、バナナを食べると落ち着きやすくなり、集中力が向上します。

勉強中に小腹がすいたときは、バナナが一番なのです。

頭がよくなる食べ物と食生活 その4

  • 勉強中に小腹がすいたら、
    バナナを食べる。
朝からステーキという選択肢があってもいい。

もくじ
(頭がよくなる食べ物と食生活)

同じカテゴリーの作品