家族運営

「家族とは何か」を考える
30の言葉

お気に入り3 読んだ
30

家族とは、
納豆と同じ。
よく練るほど、
おいしい粘着力が出てくる。

家族とは、納豆と同じ。よく練るほど、おいしい粘着力が出てくる。 | 「家族とは何か」を考える30の言葉

納豆を食べるときには、まず納豆をよく練ります。

箸で納豆を練るほど、粘着力が出てきます。

この粘着力が、おいしいのです。

独特の食感が出て、おいしく味わえます。

納豆の糸の長さとおいしさは、比例すると言われています。

たくさん練って、長い糸が引けるようにしましょう。

家族も、納豆のようなものです。

そのまま味わうのではありません。

まずよく練るのです。

たくさん練るほど、独特の粘着力が出てきます。

粘着力が出るほど、家族の味わいが深くなるのです。

「家族が苦手だ」という人がいます。

まだ粘着力が少ないのです。

中途半端な粘着力は、おいしくないです。

もっとよく練りましょう。

家族の粘着力は、避けるものではなく、作るものです。

粘着力がたくさん出るほど、家族らしい味わいがいっそう深くなります。

まとめ

「家族とは何か」を考える言葉 その30
  • 家族をよく混ぜて、粘着力を出す。
まとめ

もくじ
「家族とは何か」を考える30の言葉
家族とは、納豆と同じ。よく練るほど、おいしい粘着力が出てくる。 | 「家族とは何か」を考える30の言葉

  1. 家族とは、家の礎。
    基礎となる大事なもの。
  2. 家族とは、この世で最も不思議な鎖。
    あるときは縛られ、あるときは命綱になる。
  3. 家族とは、大きな写真アルバム。
    いろいろな思い出が詰まっている。
  4. 家族とは、学校である。
    生徒になったり先生になったりする。
  5. 家族とは、空気のようなもの。
    当たり前すぎて、感謝に気づかない。
  6. 家族とは、守護神である。
    見えなくても、常にそばにいる守り神。
  7. 家族とは、駅のホーム。
    出発する場所であり、戻ってくる場所でもある。
  8. 家族とは、芸術である。
    破壊と創造を繰り返して、成長させていくもの。
  9. 家族とは、運命共同体。
    人生におけるあらゆる運命を、共にする。
  10. 家族とは、脱衣所。
    裸になる場所。
  11. 家族とは、ふるさとそのもの。
    自分の原点であり、一番落ち着けるところ。
  12. 家族とは、アキレスけん。
    自分の一番の弱点。
  13. 家族とは、鍋料理。
    あくが出れば、取り除こう。
  14. 家族とは、体のツボのようなもの。
    1点を押すだけで、よい影響が全体に広がる。
  15. 家族とは、自分の分身。
    遺伝子によるつながりがある。
  16. 家族とは、避難場所である。
    本当に困ったとき、逃げ込むところ。
  17. 家族とは、ワインと同じ。
    時間が経つにつれて熟成され、味わいが深くなる。
  18. 家族とは、ゴールドのようなもの。
    小さくても、かけがえのない価値がある。
  19. 家族とは、料理と同じ。
    面倒を楽しむもの。
  20. 家族とは、万華鏡。
    形の変わる様子を見て、楽しむ。
  21. 家族とは、日光浴。
    気持ちはいいが、温まりすぎるのもよくない。
  22. 家族とは、充電器。
    失われたエネルギーを、再び蓄えるところ。
  23. 家族とは、プロジェクトチーム。
    それぞれのチームワークが大切。
  24. 家族とは、家を建てるようなもの。
    最初からできているのではなく、作っていくもの。
  25. 家族とは、神社のようなもの。
    これまでに感謝したり、これからを祈ったりする。
  26. 家族とは、窓ガラス。
    定期的にきれいにしておかないと、美しい光が入ってこない。
  27. 家族とは、監視カメラ。
    見られている感覚のおかげで、身が引き締まる。
  28. 家族とは、黒子である。
    目立たないが、主役の活躍をフォローする存在。
  29. 家族とは、銀行のようなもの。
    預ける量が多いほど、利子も大きくなる。
  30. 家族とは、納豆と同じ。
    よく練るほど、おいしい粘着力が出てくる。

同じカテゴリーの作品