人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
勉強のできる人は、パンよりご飯を食べる。
仕事効率化
パンよりご飯のほうが、集中力が継続する。
ダイエット
パンよりご飯のほうが、ダイエットが成功しやすい。
受験対策
卵かけ納豆ご飯は、完璧な記憶力強化メニュー。
受験対策
学力の差がつく瞬間は、朝ご飯を食べるときから始まっている。
食事マナー
「汁物、ご飯、おかず」の順に食べよう。

がよくなる食生活

お気に入り3 読んだ
17

パン中心よりご飯中心のほうがにいい、
3つの理由

強に関して言えば、食事は、パン中心よりご飯中心がおすすめです。

ご飯中心の食事にすることで、次の3つの効果が期待できるからです。

  1. 記憶力・集中力が向上する

ご飯には記憶力や集中力を向上させる「レシチン」という成分が多く含まれています。

脳の神経細胞の働きを高めてくれ、勉強するときに欠かせない記憶力を向上させる効果が期待できます。

  1. 噛む回数が増える

パンよりご飯のほうが、噛む回数が増えます。

ご飯は、パンより歯ごたえがあり、飲み込むまでによく噛まなければなりません。

よく噛むことで脳が刺激され、活性化されます。

  1. 腹持ちがよくなる

食事をしても、すぐおなかがすいては、集中力も切れます。

パンよりご飯のほうが、集中力が維持しやすいです。

パンよりご飯のほうが、消化や吸収に時間がかかるため、腹持ちがよくなります。

実際、東京大学生の食事メニューを調べたところ、パンよりご飯を中心としたメニューが多いという調査結果もあります。

頭がよくなりたければ、パンよりご飯を中心としたメニューです。

今日からでも切り替えましょう。

頭がよくなる食べ物と食生活 その17

  • パンより、
    飯中心メニューがける
大豆食品は、脳機能を向上させる働きがある。

もくじ
(頭がよくなる食べ物と食生活)

同じカテゴリーの作品