旅行

人生を変える
「海外旅行」のすすめ

2
10

自分が感じる
「おいしい」という基準は、
必ずしも世界共通とは限らない。

自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。 | 人生を変える「海外旅行」のすすめ

現地で食べる本場料理には、期待はずれが多いことに驚かされます。

本場でも、必ずおいしいとは限らない。

国によって文化が大きく異なるため、本場の料理が自分の口に合わないことは、よくあります。

「なんだ。本場はこんなものか」

いいえ、そこでがっかりするのではありません。

気づきましょう。

ここが勉強するポイントです。

「おいしいと思って食べるから、おいしく感じるのだ」と。

自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限りません。

「おいしい」という味は、あやふやです。

日本の納豆も、日本人は「おいしい」と感じても、ほかの国の人は「まずい」と感じます。

外国人は、こう思います。

「あんなもの、お金を払っても食べたくない。なぜ日本人はおいしそうに食べるのか信じられない」と。

 

しかし、日本では「納豆はおいしい。健康にもいい」という文化があり、そういう教えが広まっています。

テレビや新聞を見ていても「納豆はおいしい」「納豆は健康にいい」という納豆に票を投じるうたい文句がしばしば見られます。

そういう情報が入ってくると「おいしいはず。おいしいに決まっている」と思いながら食べるようになる。

だから、おいしく感じます。

問題は、味ではありません。

おいしいと思って食べるかどうかです。

各国の本場料理を楽しむコツは「おいしい」と思って食べることです。

「おいしいかどうか」を判断しながら食べるのではありません。

「これがこの国の味なんだ」と思いながら食べれば、何でもおいしく感じられます。

日本人の口に合わない本場キムチは「酸っぱいな」と思っても「おいしい」と思いながら食べると、次第においしいと感じます。

「この酸っぱいのがいいんだよ」と思えてくるから、不思議です。

それが「現地の人になる。文化になじむ。海外を勉強する」ということです。

あらゆる食事はそうです。

健康を害するものでないかぎり、おいしいと思って食べることです。

初めはまずいと思っても「おいしい、おいしい」と思いながら食べると、次第に何でもおいしく感じられます。

その瞬間、あなたの味覚がぐっと広まるのです。

人生を変える「海外旅行」のすすめ(10)
  • 「おいしい」と思いながら、食べる。
期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。

もくじ
人生を変える「海外旅行」のすすめ
自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。 | 人生を変える「海外旅行」のすすめ

  1. さあ、世界に目を向けよう。<br>海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
    さあ、世界に目を向けよう。
    海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
  2. 昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
    昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
  3. 学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
    学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
  4. 難しく考えない。<br>「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
    難しく考えない。
    「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
  5. 海外旅行の第一関門は、親の説得。
    海外旅行の第一関門は、親の説得。
  6. 学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
    学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
  7. 海外旅行で敷居が低くなる方法。
    海外旅行で敷居が低くなる方法。
  8. 外国人に見慣れること。<br>これが見識を広める第一歩。
    外国人に見慣れること。
    これが見識を広める第一歩。
  9. 本場は、おいしくない?
    本場は、おいしくない?
  10. 自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
    自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
  11. 期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
    期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
  12. 「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
    「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
  13. 海外の体験は、海外でしかできない。
    海外の体験は、海外でしかできない。
  14. 批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
    批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
  15. 本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
    本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
  16. 観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
    観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
  17. 時間もお金もなくていい。<br>先に航空券を購入する。<br>すると、時間とお金は作られていく。
    時間もお金もなくていい。
    先に航空券を購入する。
    すると、時間とお金は作られていく。
  18. 海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
    海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
  19. 未知の経験が、素晴らしい教養。<br>教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
    未知の経験が、素晴らしい教養。
    教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
  20. 余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
    余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
  21. パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
    パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
  22. 現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
    現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
  23. 自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
    自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
  24. 若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
    若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
  25. なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
    なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
  26. すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
    すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
  27. 夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
    夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
  28. 本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
    本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
  29. 海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
    海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
  30. 興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。
    興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。

同じカテゴリーの作品