人生の教科書



才能
孤独も、大切な環境。
勉強法
音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
才能
長く続けられることが才能。
自分磨き
自分が持っていないものではなく、自分が持っているものを好きになる。
受験対策

受験時代に経験しておきたい
30の気づき

お気に入り22 読んだ
12

勉強に才能は関係ない。
やるか、
やらないかの差。

勉強に才能は関係ない。やるか、やらないかの差。 | 受験時代に経験しておきたい30の気づき

勉強に、才能は不要です。

まずそれに気づくことです。

生まれつき、記憶力に多少の違いはあります。

ありますが、微々たる差です。

あなたは自分の名前が言えますよね。

自分の家の住所を覚えていることでしょう。

それだけの記憶力があれば、十分な受験に通用するだけの記憶力があると言えます。

そんな程度の記憶力でいい。

 

では、受験で才能が必要なければ、何が必要なのでしょうか。

  • 「やるか、やらないか」

それだけです。

やれば成績が上がりますし、やらなければ成績は上がらない。

「勉強」という行動さえきちんとできていれば、多少の才能の差は気になりません。

記憶力の差は関係なしです。

復習をすれば、記憶力なんて、いくらでも強化できるからです。

大切なことは、復習をするかしないかです。

それができる人は成績が伸びますし、しない人は伸びません。

自分の頭の悪さを、才能のなさにしているのは、ただ勉強から逃げているだけです。

才能の差は言い訳になりません。

差がついているのは「才能の差」ではなく「行動力の差」です。

それに気づくのです。

まとめ

受験時代に経験しておきたい気づき その12
  • 才能のせいにして、
    勉強から逃げないようにする。
参考書を買っただけで満足しない。
買った後こそ重要。

もくじ
(受験時代に経験しておきたい30の気づき)

同じカテゴリーの作品