受験時代に経験しておきたい
30の気づき

20
8

受験期は、
自分らしい勉強法に気づく時期。

受験期は、自分らしい勉強法に気づく時期。 | 受験時代に経験しておきたい30の気づき

私が本腰を入れて受験勉強を始めたのは、高校1年の冬からでした。

それまでは、勉強らしい勉強をしたことがなく、初めは手探りの状態でした。

勉強そのものに慣れていないため、効率が悪いものも多く、まずそこから改善しなければいけないと気づきました。

勉強法が悪いと、ざるで水をすくうようなものです。

覚えては忘れ、忘れては覚えるという繰り返しになり、効率が悪い。

その後、勉強法のマニアになりました。

学校の帰りにはいつも書店に立ち寄って、勉強法なる本を見ては「これは使えそうだ」という方法を探りました。

毎日立ち寄っていたので、書店の人には顔を覚えられていたと思います。

さまざまな本の、さまざまな著者が勧める勉強法は、多種多様でした。

合格体験記もかなり目を通しましたが、合格者ごとに勉強法も十人十色でした。

驚くべきことに、中には正反対のことが書かれているものもありました。

「勉強は夜のほうがいい」と書かれているものもあれば「勉強は朝のほうがいい」と書かれているものもあります。

「ノートをきれいに取ろう」と書いているものもあれば「ノートは取らず先生の話に集中する」と書かれているものもあります。

そういう内容を読んでいると、途中から頭がおかしくなります。

どれを信じていいのかわからなくなります。

右往左往していたとき、気づきました。

「どれがベストの勉強法であるかは、人それぞれである」

つまり、やはり自分に合った勉強法は、自分で見つけるしかありません。

著者が進める勉強法は、たしかに著者にはよい勉強法なのでしょう。

しかし、必ずしも万人に通用するものとは限りません。

これに気づけただけでも、大きな収穫でした。

人それぞれに合う勉強法は異なることに気づいた私は、さっそく片っ端から試していきました。

試してみなければ、合っているかどうかわからない。

大切なことは、まず試してみることです。

素直にまず試す。

ダメなら、不採用。

うまくいけば採用です。

うまくいったものは、もっと効果を伸ばすことができないか、さらに試行錯誤します。

自分らしい勉強法を確立していきます。

もちろん見つけるまでの作業は大変ですが、見つけることさえできれば、勉強ははかどるようになります。

そこで見つけることができた自分らしい勉強法は、受験期に限らず、社会に出てからも十分通用します。

もし、受験期に自分らしい勉強法を確立できていなければ、もうチャンスはありません。

受験ほどストイックになって勉強する時期だからこそ、勉強法を試しやすいです。

個性を見つけられる時期です。

私が今取り入れている勉強法のほとんども、やはり受験時代に培ったものです。

膨大な勉強をしなければならない状況に置かれるからこそ、知恵も働きます。

効果があるものと、そうでないものがよくわかります。

受験期は、自分らしい勉強法に気づく時期なのです。

受験時代に経験しておきたい気づき(20)
  • 自分に合った勉強法に気づく。
どんなに間違っても、命まで取られるわけではない。

受験時代に経験しておきたい30の気づき
受験時代に経験しておきたい30の気づき

  1. 受験勉強を通して、ボキャブラリーをたっぷり増やす。
    受験勉強を通して、ボキャブラリーをたっぷり増やす。
  2. 髪型の意外な大切さに、気づく。
    髪型の意外な大切さに、気づく。
  3. 「徹夜型の勉強」の限界に、ようやく気づく。
    「徹夜型の勉強」の限界に、ようやく気づく。
  4. 筋力には限界はあっても、脳力には限界がない。
    筋力には限界はあっても、脳力には限界がない。
  5. 成長曲線は、きれいな右肩を描くとは限らない。
    成長曲線は、きれいな右肩を描くとは限らない。
  6. 勉強が大変だと思ったら、勘違い。<br>勉強ほど、贅沢なことはない。
    勉強が大変だと思ったら、勘違い。
    勉強ほど、贅沢なことはない。
  7. 本に折り目をつけるのも、勉強の1つ。
    本に折り目をつけるのも、勉強の1つ。
  8. おしゃれの余裕のなさは、大逆転の前触れ。
    おしゃれの余裕のなさは、大逆転の前触れ。
  9. 受験勉強は、モグラ叩きゲームである。
    受験勉強は、モグラ叩きゲームである。
  10. 協力者は、現れるものではなく、変わるもの。
    協力者は、現れるものではなく、変わるもの。
  11. いくら得意科目とはいえ、完璧を求めつつ、完璧を目指さない。
    いくら得意科目とはいえ、完璧を求めつつ、完璧を目指さない。
  12. 勉強に才能は関係ない。<br>やるか、やらないかの差。
    勉強に才能は関係ない。
    やるか、やらないかの差。
  13. 参考書を買っただけで満足しない。<br>買った後こそ重要。
    参考書を買っただけで満足しない。
    買った後こそ重要。
  14. 最初から立派な参考書があるのではない。<br>立派な参考書へと仕上げていくものなのだ。
    最初から立派な参考書があるのではない。
    立派な参考書へと仕上げていくものなのだ。
  15. 目を背けたくなる部分こそ、直視しなければいけない部分。
    目を背けたくなる部分こそ、直視しなければいけない部分。
  16. いらいらしてもいい。<br>大切なのは、どこに向けて吐き出すか。
    いらいらしてもいい。
    大切なのは、どこに向けて吐き出すか。
  17. 勉強道具を統一すると、勉強効率が向上する。
    勉強道具を統一すると、勉強効率が向上する。
  18. 「わかる」と「覚える」は、意味が全然違うことに気づく。
    「わかる」と「覚える」は、意味が全然違うことに気づく。
  19. 勉強は「小→中→大」ではなく「大→中→小」で進める。
    勉強は「小→中→大」ではなく「大→中→小」で進める。
  20. 受験期は、自分らしい勉強法に気づく時期。
    受験期は、自分らしい勉強法に気づく時期。
  21. どんなに間違っても、命まで取られるわけではない。
    どんなに間違っても、命まで取られるわけではない。
  22. 大好きな部活なら、勉強のために無理にやめる必要はない。<br>むしろやめないほうがいい。
    大好きな部活なら、勉強のために無理にやめる必要はない。
    むしろやめないほうがいい。
  23. 勉強以外のもう1つの課題。<br>「いかにストレスを吐き出すか」
    勉強以外のもう1つの課題。
    「いかにストレスを吐き出すか」
  24. 他の受験生より有利になるのは、睡眠時間を削ったときではなく、増やしたとき。
    他の受験生より有利になるのは、睡眠時間を削ったときではなく、増やしたとき。
  25. 言い訳をする人は成長できない。<br>言い訳をやめないかぎり、成績は絶対に向上しない。
    言い訳をする人は成長できない。
    言い訳をやめないかぎり、成績は絶対に向上しない。
  26. 勉強が苦手な人の部屋、3つの共通点。
    勉強が苦手な人の部屋、3つの共通点。
  27. 勉強ができる人の部屋、3つの共通点。
    勉強ができる人の部屋、3つの共通点。
  28. 10代は、みな革命家。<br>理想は高く持て!
    10代は、みな革命家。
    理想は高く持て!
  29. 寝る直前に考えていたことは、夢に出てきやすくなる。
    寝る直前に考えていたことは、夢に出てきやすくなる。
  30. どんなに他人の助けがあっても、最後に勉強するのは自分。
    どんなに他人の助けがあっても、最後に勉強するのは自分。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION