人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
知性を磨いて「必要」「必要ではない」と区別する。
子育て
できなかった部分より、できた部分を見て褒める。
生き方
鍵のない扉の鍵を探したところで、見つからないのは当然。
独立・起業
抽象的なお礼のメールは、嫌われる。

受験時代経験しておきたい
30づき

お気に入り5 読んだ
15

けたくなる部分こそ、
直視しなければいけない部分

目を背けたくなる部分こそ、直視しなければいけない部分。 | 受験時代に経験しておきたい30の気づき

  • ストで悪い点を取ってしまった。落ち込むなあ」

誰でも悪い点を取ったら、ショックを受けます。

普通の人はまず落ち込みます。

バツ印を見ると、自分を否定されているような気がします。

誰でもショックで、涙を流す人もいることでしょう。

点数の悪いテストなんて見たくはありません。

破ってごみ箱に捨てたくなります。

 

しかし、見たくないと思うテストの結果こそ、きちんとみましょう。

特に見るべき部分は、丸印より、バツ印です。

バツ印になったところは、問題の回答に間違った部分です。

つい目を背けたくなりますが、その部分こそ直視しないといけない部分です。

  • 「嫌だ。見たくない」

そう思っているうちは、まだ本当の受験生ではありません。

勉強ができる受験生は、バツ印から目を背けるのではなく、直視します。

なぜバツになっているのかというと、知識や理解が不足しているからです。

自分の知識の抜けや、理解不足があることがようやくはっきり分かる瞬間です。

見かけこそ悪いバツ印ですが、実は一番おいしい部分です。

「試験を受けてよかったな」と思える部分です。

そのポイントをしっかり補完し復習すれば、テストを受けた意味があったということです。

より完璧に近づけるようになるのです。

受験時代に経験しておきたい気づき その15

  • けたくなるバツ印こそ、
    直視する
いらいらしてもいい。
大切なのは、どこに向けて吐き出すか。

もくじ
(受験時代に経験しておきたい30の気づき)

同じカテゴリーの作品