人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
仕事効率化
運が悪い人は、決まって「遅い」。
スキル
メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。
スキル
本を読んでも、行動しなければ意味がない。
仕事効率化
早い決断ほど、いい決断。
スキル
感謝の言葉の後に、もう一言加えよう。
スキル
お金のかからない表情は、笑顔が一番。

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り34 読んだ
4

迷ったら、
どちらでもいいということ。

迷ったら、どちらでもいいということ。 | スピードのある人になる30の方法

  • 「どっちにしようかな。迷うなあ」

こうした経験は、毎日のようにある、当たり前の出来事ですよね。

よくある経験だけに、迷うことに慣れてしまっている私たちです。

 

しかし、この迷っている時間が積み重なれば、かなりの時間ロスにつながります。

意外に、この時間ロスのほうが、チャンスを逃している場合があるのです。

私はAとBの商品を迷って時間をかけてしまい、購入しようとしたときには「たった今、売り切れました」ということがありました。

もたもたしていると、チャンスはあっという間に逃げてしまいます。

結論から言えば、迷っているということは、どちらでもよいということです。

どちらも大差がないから迷っているのです。

どちらでもいいということです。

早く決めて、早く行動して、早く結果を出すことのほうが、はるかに大切です。

この事実に早く気づき、スピード人間に生まれ変わる人が、成功をつかみ取ります。

私は迷ったときには、直感で決めるようにしています。

レストランのメニュー、買い物、本など、迷い始めたら、大差はないんだと思います。

どっちでもいいからすぐ決めるようにしています。

最初に目に飛び込んで「これなんだろう。気になるな。興味がある」と思ったものを、直感で決めるようにしています。

考えているより、すぐ行動するほうがチャンスをつかみ取れるのです。

スピードのある人になる方法 その4

  • 迷ったら、
    どちらでもいいから、
    すぐ決断する。
「ゆっくり=安定」ではない。
「スピード=安定」である。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品