仕事効率化
運が悪い人は、決まって「遅い」。
スキル
メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。
スキル
本を読んでも、行動しなければ意味がない。
仕事効率化
早い決断ほど、いい決断。
スキル
感謝の言葉の後に、もう一言加えよう。
スキル
お金のかからない表情は、笑顔が一番。
仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り37 読んだ
4

迷ったら、
どちらでもいいということ。

迷ったら、どちらでもいいということ。 | スピードのある人になる30の方法

「どっちにしようかな。迷うなあ」

こうした経験は、毎日のようにある、当たり前の出来事ですよね。

よくある経験だけに、迷うことに慣れてしまっている私たちです。

 

しかし、この迷っている時間が積み重なれば、かなりの時間ロスにつながります。

意外に、この時間ロスのほうが、チャンスを逃している場合があるのです。

私はAとBの商品を迷って時間をかけてしまい、購入しようとしたときには「たった今、売り切れました」ということがありました。

もたもたしていると、チャンスはあっという間に逃げてしまいます。

結論から言えば、迷っているということは、どちらでもよいということです。

どちらも大差がないから迷っているのです。

どちらでもいいということです。

早く決めて、早く行動して、早く結果を出すことのほうが、はるかに大切です。

この事実に早く気づき、スピード人間に生まれ変わる人が、成功をつかみ取ります。

私は迷ったときには、直感で決めるようにしています。

レストランのメニュー、買い物、本など、迷い始めたら、大差はないんだと思います。

どっちでもいいからすぐ決めるようにしています。

最初に目に飛び込んで「これなんだろう。気になるな。興味がある」と思ったものを、直感で決めるようにしています。

考えているより、すぐ行動するほうがチャンスをつかみ取れるのです。

まとめ

スピードのある人になる方法 その4
  • 迷ったら、どちらでもいいから、すぐ決断する。
「ゆっくり=安定」ではない。
「スピード=安定」である。

もくじ
スピードのある人になる30の方法
迷ったら、どちらでもいいということ。 | スピードのある人になる30の方法

  1. スピードのある人が成功する。
  2. 運勢アップは、スピードを意識するだけでいい。
  3. 運が悪い人は、決まって「遅い」。
  4. 迷ったら、どちらでもいいということ。
  5. 「ゆっくり=安定」ではない。
    「スピード=安定」である。
  6. ある程度のスピードがあると、疲れにくくなる。
  7. 人生を2倍楽しむために、迷ったら両方選ぼう!
  8. スピードがあれば、自動的に勝ってしまう。
  9. 一流になるための第一歩は、まずスピードから。
  10. 決断できないのは、脳が衰えている証拠。
  11. 困難を乗り越えるためには、走って飛び越えればいい。
  12. 常識で考えるとスピードは出ない。
    非常識で考えるからスピードが出る。
  13. たとえ冗談でも、口に出して言っていると、本当に夢が叶ってしまう。
  14. 若者は、若さをバネにスピードを。
    年配は、老いをバネにスピードを。
  15. 行動で一番時間がかかっているのは、決断するまでの時間。
  16. 早い決断ほど、いい決断。
  17. 先にスケジュールを決めてしまおう。
    スケジュールが決まるから、やる気も出てくる。
  18. 嘘は、真実に変えてしまおう。
  19. にらみ顔にならない。
    笑顔でスピードを出す。
  20. 恋のチャンスをつかむ人には、スピードがある。
  21. 1人行動のときこそ、スピードが出る。
  22. ひらめくためには、スピードを出せばいい。
  23. 本当に全力でスピードを出したとき、必ず記憶喪失になる。
  24. 待つ側になる人が、有利になる。
  25. じっとしていると、つい、かさぶたを触ってしまう。
  26. 自分から行動すれば、仕事が早く進み、自分も成長する。
  27. 落ち着きは、スピードを作る。
  28. 今日から「話しかけられる側」を卒業。
    今から「話しかける側」になろう。
  29. 今しかできないことを、後回しにしていませんか。
  30. 余裕の時間を作りたいときほど、スピードを出して仕事を終わらせる。

同じカテゴリーの作品