人生の教科書



仕事効率化
疲れたら、しっかり休む。
ビジネスマナー
「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。
就職活動
就職活動に失敗する人は、疲れても無理をする。
就職活動に成功する人は、疲れたら素直に休む。
仕事効率化
耳は、目より疲れにくい。
仕事効率化
長時間の仕事のために、補強ツールを用意する。
就職活動
疲れと落ち込みを最高潮に感じている人は、幸せ。
仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り25 読んだ
6

ある程度のスピードがあると、
疲れにくくなる。

ある程度のスピードがあると、疲れにくくなる。 | スピードのある人になる30の方法

「疲れやすいから、仕事がはかどらないんです」

「疲れやすいから、なかなか勉強が進まない」

こうした言葉にどきっとしたあなたに、朗報です。

疲れやすい体質の本当の原因を、教えましょう。

失礼ですが、疲れやすい性格は、もしやゆっくりだからではありませんか。

疲れやすい人には、意図的にゆっくりする習慣が見られます。

疲れやすい人は決まって「ゆっくり」を基本に行動しています。

もちろんゆっくりすることには、メリットがあるのも確かです。

時間をかけて慎重になることで、丁寧で間違いのない仕事がこなせることでしょう。

 

しかし、ここに注意があります。

ゆっくりであるほど、本当は疲れやすくなる法則があることです。

信じられないなら、本当がどうか実際に試してみましょう。

今すぐ、席を立ってください。

何をするのかというと、ゆっくりしたスピードで歩くだけです。

今すぐこの文章を読むのを止めていいですから、実際に自分の体でどう感じるか、試してみましょう。

たった1歩に3秒くらい時間をかけて、ゆっくり前へ進みます。

カタツムリのように、ゆっくり歩いているときの自分の疲れ具合を感じましょう。

1分続けるだけで、おそらく大きな疲れを感じるはずです。

どんなに体力があっても、疲れやすくなるはずです。

それでいて、ほとんど前へと進んでいません。

性別、若さ、体質は関係ありません。

スピードの問題です。

 

では、次に、早歩きのペースで歩いてみましょう。

疲れにくいうえに、スムーズに前へと進みます。

本当はスピードがあったほうが速く前へと進めるだけでなく、疲れにくくなるのです。

ゆっくりだから、疲れないわけではありません。

疲れるからゆっくりではなく、ゆっくりだから疲れるのです。

スピードさえあれば、疲れにくくなるのです。

ある程度のスピードは、疲れにくい習慣なのです。

まとめ

スピードのある人になる方法 その6
  • 疲れないために、スピードを出す。
次のページ >>
人生を2倍楽しむために、迷ったら両方選ぼう!

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品