人生の教科書



読み上げ動画・音声
仕事効率化
「学生の仕事は、勉強だ」
成功哲学
無理に続けることは、続かない。
仕事効率化
集中力を必要とする勉強のときには、テレビや音楽は不要。
成功哲学
すでに生活のどこかで、やりたいことをやっている。
仕事効率化
「勉強になりました」は、相手のためにも自分のためにもなる。
接待
上司から説教を言われたときの、定番の決まり文句とは。

スピードのあるになる
30方法

お気に入り17 読んだ
29

しかできないことを、
後回しにしていませんか

ピードは、今しかできないことを今していると、自然とスピードが出てきます。

 

しかし、世の中には不思議な人がいるものです。

今しかできないと分かっていながら、後からしようとする人がいるのです。

勉強をしないで、遊んでばかりの大学生がいます。

勉強を後回しにして、遊ぶことを優先している人がいます。

勉強は、社会人になってからすれば、十分に間に合うと思っているのです。

今しかできない勉強を、後回しにしています。

そもそも学生の仕事は、勉強です。

勉強に専念できるのは学生である「今」しかありませんが、遊ぶのは後からでもできます。

勉強を後回しにして、社会人になってから勉強しようとすると、実際は仕事で忙しくなり勉強する時間がなくなるのです。

いえ、それどころか、社会人になったときに、勉強をしてきたほかの人たちとすでに差があるため、1歩も2歩も出遅れます。

昇進も遅ければ、なかなか給料も稼げなくなり、悪循環になります。

学生時代は「遊び→勉強」という順番ではないのです。

「勉強→遊び」の順番です。

学生時代の今に勉強をしておけば、社会人になって楽になり、それから遊べばいいのです。

チャンスも同じです。

チャンスを「今」生かしておかないと「後から」では意味がなくなります。

「今日まで使える映画のチケットがあるけど、あげる」とチケットをもらえば「今日中」に映画を見に行かないといけません。

明日になれば、チケットの期限が切れているため、使えなくなります。

今しかできないことを、今しておくのです。

後からできることは、後回しにしておけばいいのです。

スピードのある人になる方法 その29

  • しかできないことを、
    しておく
余裕の時間を作りたいときほど、スピードを出して仕事を終わらせる。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品