人生の教科書



仕事効率化
落ち着きは、スピードを作る。
独立・起業
ベースにするのは、老後ではない。
死をベースにするのだ。
仕事効率化
1人行動のときこそ、スピードが出る。
仕事効率化
ある程度のスピードがあると、疲れにくくなる。
仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り10 読んだ
11

困難を乗り越えるためには、
走って飛び越えればいい。

困難を乗り越えるためには、走って飛び越えればいい。 | スピードのある人になる30の方法

雨上がりの朝、あなたが道を歩いていると、目の前に水たまりがありました。

小さな水たまりなら、その場で飛び越えてしまうでしょう。

 

しかし、大きな水たまりにもなると、その場で飛び越えるわけにはいきません。

あなたなら、どうしますか。

スピードをつけて助走し、走り幅跳びのように、飛び越えますよね。

大きな水たまりは、助走をつけて飛び越えればいいのです。

問題なく、前へと進めます。

スピードを持って走ったとき、大きな困難も乗り越えられるのは、水たまりだけの話ではありません。

人生でも、大きな困難が乗り越えられない理由は、スピードがないことが原因です。

大きな水たまりが助走なしに飛び越えられないように、大きな困難もスピードなしでは乗り越えられないのです。

失敗する人はいつもペースが遅く、失敗しない人はいつもペースが速いものです。

なぜかというと、助走があるかないかの違いだからです。

普段からスピードのある人は、常に助走をしている状態です。

大きな困難がいつやってきても、水たまりのように軽く飛び越えることができるのです。

乗り越えられないのは、スピードがないからです。

スピードがないと、助走がないため水たまりに落ちて、びしょびしょになります。

速ければ失敗しやすいというのは、嘘です。

本当は、速ければ失敗しにくくなるのです。

スピードこそ、困難を乗り越えるためのポイントです。

スピードなしに、困難を乗り越えるというのはあり得ません。

あなたが大きな水たまりを、助走をつけて乗り越えるように、大きな困難ほど、スピードがあったほうが乗り越えられるのです。

まとめ

スピードのある人になる方法 その11
  • スピードで困難を乗り越える。
常識で考えるとスピードは出ない。
非常識で考えるからスピードが出る。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品