仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

  • スピードのある人が成功する。
スピードのある人になる30の方法

もくじ
  1. スピードのある人が成功する。

    スピードは、すべてにおいて重要な成功ポイントです。
    スピードがあるか否かが、人生でうまくいくかどうかを分ける分岐点といっても過言ではありません。
    コンピューターでも処理の早いパソコンのほうが、たくさんの仕事をこなせます。

  2. 運勢アップは、スピードを意識するだけでいい。

    「運がよくなりたいです。どうしたらいいですか」
    運がよくなりたいとはいえ、相手によって事情はさまざまですから、アドバイスもさまざまです。
     

  3. 運が悪い人は、決まって「遅い」。

    ここだけの話ですが、あなたにこっそり教えます。
    運が悪い人は、決まって「遅いこと」が特徴です。
    なぜ遅いのかというと「遅いことがいいこと」だと勘違いしているからです。

  4. 迷ったら、どちらでもいいということ。

    「どっちにしようかな。迷うなあ」
    こうした経験は、毎日のようにある、当たり前の出来事ですよね。
    よくある経験だけに、迷うことに慣れてしまっている私たちです。

  5. 「ゆっくり=安定」ではない。
    「スピード=安定」である。

    世間では「ゆっくり=安定」というイメージがあります。
    丁寧さがあり、力強く、安定を連想させます。
     

  6. ある程度のスピードがあると、疲れにくくなる。

    「疲れやすいから、仕事がはかどらないんです」
    「疲れやすいから、なかなか勉強が進まない」
    こうした言葉にどきっとしたあなたに、朗報です。

  7. 人生を2倍楽しむために、迷ったら両方選ぼう!

    あなたがレストランへ行ったときのことです。
    メニューを選んでいる際に、こういうことを思ったことはありませんか。
    「A料理も食べたい。でもB料理も食べたい」

  8. スピードがあれば、自動的に勝ってしまう。

    「じゃんけんぽん! あいこでしょ!」
    あなたもご存知のじゃんけんです。
    勝敗は運任せと思われがちですが、実は、絶対に勝つ方法があります。

  9. 一流になるための第一歩は、まずスピードから。

    アスリート、ミュージシャン、作家、経営者など、一流と呼ばれる人には、共通して「質」があります。
    高い質があるため、素晴らしい業績、功績、仕事ができます。
     

  10. 決断できないのは、脳が衰えている証拠。

    私たちが普段通っている道に、決断は不要です。
    学校までの通学路に「どの道を通ろうかな」と考えませんね。
    会社までの通勤に「スーツは何を着て、どの電車で、どの道で」とは考えません。

  11. 困難を乗り越えるためには、走って飛び越えればいい。

    雨上がりの朝、あなたが道を歩いていると、目の前に水たまりがありました。
    小さな水たまりなら、その場で飛び越えてしまうでしょう。
     

  12. 常識で考えるとスピードは出ない。
    非常識で考えるからスピードが出る。

    常識の範囲内で考えていると、スピードが出せません。
    「当たり前」という先入観に縛られ、思いきった発想や行動ができなくなります。
     

  13. たとえ冗談でも、口に出して言っていると、本当に夢が叶ってしまう。

    冗談で言っていることが、本当に実現してしまうことがあります。
    そうした経験はありませんか。
    友達とノリノリで話をしていると、つい調子に乗って、冗談を言ってしまうことがあります。

  14. 若者は、若さをバネにスピードを。
    年配は、老いをバネにスピードを。

    「自分は、もう若くないから」
    若い人なら、体力も健康もありスピードは自由自在です。
     

  15. 行動で一番時間がかかっているのは、決断するまでの時間。

    人が行動するときに、何に一番時間がかかっているのかというと「決断するまでの時間」です。
    私たちは、行動し始めると早いのですが、決断するまでにとても時間をかけてしまいます。
     

  16. 早い決断ほど、いい決断。

    決断は、少しでも早くすることです。
    決断が早くなれば、自然と行動も早くなります。
    「決断を早くすれば、間違いも起こりやすくなるよ」

  17. 先にスケジュールを決めてしまおう。
    スケジュールが決まるから、やる気も出てくる。

    先にスケジュールを思いきって、考えてしまうことです。
    スケジュールがあると、それに向かって仕事や勉強を調整できるようになるだけでなく、やる気まで出てきます。
    小学生の夏休みを思い出しましょう。

  18. 嘘は、真実に変えてしまおう。

    「この仕事、できる?」
    上司から仕事の依頼があったとき、あなたはこう思います。
    「できるかもしれないし、できないかもしれないし……」

  19. にらみ顔にならない。
    笑顔でスピードを出す。

    スピードを持って行動していると、顔がだんだんしかめ面になります。
    行動に気が向いて、顔まで気が向かなくなり、だんだん表情が硬くなります。
    表情が硬くなると、周りから見てちょっと怖い雰囲気が出てしまいます。

  20. 恋のチャンスをつかむ人には、スピードがある。

    「今度一緒に遊びに行こうよ」
    この一言を言うまでに、恋愛は苦労します。
    恥ずかしく、タイミングが難しく、なかなか思いきって口にできません。

  21. 1人行動のときこそ、スピードが出る。

    スピードは「1人」が一番です。
    1人でなければ、実現できないといっても過言ではありません。
    行動しやすくなり、決断しやすくなり、問題が解決しやすくなります。

  22. ひらめくためには、スピードを出せばいい。

    私は、たくさんの文章を短期間で書いています。
    1冊30項目を最短で2日、長くても1週間です。
    「水口さんは書くのが速いのに、面白い内容が次々とよく書けますね」とよく言われます。

  23. 本当に全力でスピードを出したとき、必ず記憶喪失になる。

    嘘のような本当の話を、1つ告白します。
    あなたを笑わせようと思って書いているわけではないのですが、笑い話に聞こえることでしょう。
    実は、私は本を書き終えた直後、何を書いたか、あまり記憶がありません。

  24. 待つ側になる人が、有利になる。

    待ち合わせをすると、3とおりのパターンに分かれます。
    (1)約束の時間前に来る人
    (2)約束の時間どおりに来る人

  25. じっとしていると、つい、かさぶたを触ってしまう。

    精神的な心の痛みは「じっとしているとき」に感じます。
    ・失恋で涙を流しているとき
    ・怒鳴られて気持ちが沈んだとき

  26. 自分から行動すれば、仕事が早く進み、自分も成長する。

    「待つ時間」というのは、公私共にあります。
    ・電話の返事を待つ
    ・先生が教えてくれるまで待つ

  27. 落ち着きは、スピードを作る。

    速くしたいからとはいえ「焦る」のはいけません。
    焦るのは、精神的に余裕がない証拠です。
    焦って行動している姿は、たしかにスピード人間のように映ります。

  28. 今日から「話しかけられる側」を卒業。
    今から「話しかける側」になろう。

    スピード人間は、必ず「話しかけられる側」ではなく「話しかける側」になります。
    「話しかけられる側」は、恥ずかしいから、人に話しかけません。
    話しかけられるのをただじっと待っているばかりのため、人付き合いが受動的になり、なかなか進展しません。

  29. 今しかできないことを、後回しにしていませんか。

    スピードは、今しかできないことを今していると、自然とスピードが出てきます。
     
    しかし、世の中には不思議な人がいるものです。

  30. 余裕の時間を作りたいときほど、スピードを出して仕事を終わらせる。

    私の母に、スピード人間に通ずる、ある習慣があるのでご紹介します。
    お盆の時期、私が久々に実家へ帰ったときのことです。
    お昼すぎに母の部屋に入ると、母がベッドで横になり、のんびりテレビを見ていました。

同じカテゴリーの作品