仕事効率化

ほかの人と差をつける
30の仕事術

  • 仕事ができる人は、
    声が大きい。
ほかの人と差をつける30の仕事術

もくじ

仕事ができる人は、声が大きい。

仕事ができる人は、声が大きい。

テレビに出演する人には、声の小さな人はいません。
声が小さいと、仕事にならないからです。
マイクが通らず、存在感も薄く、テレビに出ている意味がありません。

どんなに忙しいときでも、相手の目を見て挨拶をしよう。

どんなに忙しいときでも、相手の目を見て挨拶をしよう。

挨拶で忘れがちなのは、相手の目を見て挨拶をすることです。
「それくらい当たり前じゃないか」と思うでしょうが、ここが重要です。
普段はできても、忘れがちな状況があります。

「なんとなく」だけで発言しない。

「なんとなく」だけで発言しない。

ある日のことです。
部下の1人が「○○したほうがいいと思うんですけど」という提案をしてきました。
提案は嬉しいです。

雑用ほど、差がつきやすい仕事はない。

雑用ほど、差がつきやすい仕事はない。

仕事で差がつくのは「雑用」です。
仕事というほどでもないが、仕事の整理には必要な仕事です。
掃除・お茶くみ・電話対応・コピー取り・資料整理……。

刺激がなくなれば、自分から求めに行けばいい。

刺激がなくなれば、自分から求めに行けばいい。

「会社に来ても、特にすることがない……」
「やりたいと思う仕事が回ってこない……」
「同じ仕事ばかりで、マンネリだ……」

仕事は与えられるものではない。
取りに行くものだ。

仕事は与えられるものではない。取りに行くものだ。

人と差がつくのは、仕事の方法・効率・スピードはもちろんですが、見落としがちな点がもう1つあります。
姿勢です。
仕事における姿勢とは、大きく分けて2つあります。

お金やプレゼントは、与えた分だけ減る。
気配りや励ましは、いくら与えても減ることはない。

お金やプレゼントは、与えた分だけ減る。気配りや励ましは、いくら与えても減ることはない。

与えて、減るものと減らないものがあります。
物質的なものは、与えると、自分の分が減ります。
相手が喜ぶ物質的なものといえば、たとえば「お金」です。

仕事のできる人は、同じ種類の仕事をまとめて一気に片付ける。

仕事のできる人は、同じ種類の仕事をまとめて一気に片付ける。

仕事の差は、進め方で差をつけることです。
仕事を速く片付けるためのコツを伝授します。
同じ種類の仕事を集めて、まとめて一気に処理することです。

仕事のタイミングによって、印象・難易度・進み具合に違いが出る。

仕事のタイミングによって、印象・難易度・進み具合に違いが出る。

仕事で重要なのは、タイミングです。
差をつけるのは、仕事の中身ばかりだと思われがちですが、仕事をする「タイミング」も欠かせない要素です。
タイミングによって、仕事の印象・難易度・進み具合に大きな違いが出ます。

諦めさえしなければ、成功は必ずやってくる。

諦めさえしなければ、成功は必ずやってくる。

「うまくいかなかった。自分は運が悪い……」
不運を嘆く人がいます。
運が悪いかどうかという悩みは、あってないようなものです。

仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。
仕事ができる人は、余裕を持って出社する。

仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。仕事ができる人は、余裕を持って出社する。

始業時間ぎりぎりに出社すると、仕事が始まってから仕事の準備をすることになります。
9時が始業時間なら、9時ぎりぎりに会社に着いて、それから仕事の準備をするため、時間のロスが発生します。
9時ちょうどにお客様からの電話があっても、出社したばかりなので、丁寧な対応ができません。

仕事で差がつくのは、1杯のお酒より、1冊の本。

仕事で差がつくのは、1杯のお酒より、1冊の本。

社交場のお付き合いで、ときどき終業後に飲みに行くことがあります。
会社の上司や同僚と一緒に、コミュニケーションを深めようと、ときどき飲みに行くくらいならいいでしょう。
飲むことでざっくばらんな話ができ、仲も深まることでしょう。

だらだら話す人からは、走って逃げろ。

だらだら話す人からは、走って逃げろ。

仕事で差がつくのは、話し方です。
仕事ができない人の話は、無駄な内容が多くだらだら長いものです。
しかし、仕事ができる人の話は、ポイントだけを押さえた内容で、話が短いです。

集中力こそ、仕事の重要ポイント。

集中力こそ、仕事の重要ポイント。

仕事で差がつくのは「集中力」です。
正確さ・スピード・コミュニケーション……と言いたいところですが、それらの根源は集中力です。
集中力は、すべての能力に通じます。

自発的になるだけで、仕事のストレスは激減する。

自発的になるだけで、仕事のストレスは激減する。

みんなが嫌がる仕事は、嫌な気持ちで引き受けるから、嫌な気持ちになります。
嫌だという否定的な気持ちが大きいほど、仕事を受けて、進めるときのストレスも大きくなります。
ストレスは「やらされている」と思ったとき、大きくなります。

学校では、勉強のできない人ほど居残りをする。
社会でも、仕事のできない人ほど残業をする。

学校では、勉強のできない人ほど居残りをする。社会でも、仕事のできない人ほど残業をする。

仕事を定時で終わらせるかどうかは、仕事力があるかないかの、1つの基準になります。
たとえば学校では、勉強のできない人ほど、居残りで勉強をさせられます。
ほかの人より学力がよくない人は、足りない学力を補うために、居残って勉強をすることになります。

趣味は、必ず武器になる。

趣味は、必ず武器になる。

趣味を持つと、仕事にいい影響を与えます。
趣味はないより、あったほうがいい。
たとえその趣味がかっこ悪くても、とことん突き詰めていけば、素晴らしい才能に変わる可能性があります。

当たり前の姿こそ、一番信頼のできる姿。

当たり前の姿こそ、一番信頼のできる姿。

ビジネスの身なりといえば、黒のスーツに、白のワイシャツ、黒の靴です。
女性も、黒のスーツに、白のワイシャツ、黒のヒールが一番スタンダードな格好です。
当たり前で、無難で、一番落ち着いた姿です。

「締め切り」に、プロとアマチュアの違いが表れる。

「締め切り」に、プロとアマチュアの違いが表れる。

「締め切り」を見れば、プロなのかアマチュアなのかがわかります。
プロとアマチュアの違いは「締め切りがあるかないか。守れるかどうか」です。
アマチュアは、仕事を気分で進めます。

「曖昧」をなくし「はっきり」を心がける。

「曖昧」をなくし「はっきり」を心がける。

あなたは、仕事でほかの人と差をつけたいですか。
差をつけるためにどうすればいいのか、私からよい提案があります。
仕事で差をつけるなら「はっきり」を心がけることをお勧めします。

言葉に加えて、身ぶり手ぶりを加えよう。

言葉に加えて、身ぶり手ぶりを加えよう。

コミュニケーションの中心は、言葉です。
もちろん言葉だけのコミュニケーションで十分といえば十分なのですが、あまりに平凡です。
ほかの人と差をつけて仕事をするためには「コミュニケーション」に加えて「身ぶり手ぶり」を加えてみましょう。

高価なスーツは、信用や自信につながる。

高価なスーツは、信用や自信につながる。

スーツに限っては、お金をかけてもかまいません。
お金をかけるとはいえ、ブランドや派手な柄のスーツを買うという意味ではありません。
普通のスーツでかまいませんから、品質がよく、落ち着いた柄で、丈夫なスーツがいいでしょう。

もう一踏ん張り頑張って、小さな差を積み上げる。

もう一踏ん張り頑張って、小さな差を積み上げる。

「もうダメだ。限界だ……」
あなたが仕事の限界だと思うとき、もう一踏ん張り、頑張ってみませんか。
ほんの少しでいい。

他人の悪口を言わないのは、難しい。

他人の悪口を言わないのは、難しい。

あなたは「褒めること」と「悪口を言わないこと」のどちらが重要だと思いますか。
褒めることは、コミュニケーションに花を加えることです。
悪口は、コミュニケーションに泥を塗ることです。

真面目なオーラは、背筋から出る。

真面目なオーラは、背筋から出る。

あなたの背筋を、今、ぴんと伸ばしてみましょう。
できましたか。
さあ、それだけであなたの印象は変わりました。

人が嫌がる仕事は「自分のレベルを上げる挑戦」と考えればいい。

人が嫌がる仕事は「自分のレベルを上げる挑戦」と考えればいい。

人が嫌がる仕事を、あなたが進んですれば、必ず目立ちます。
1人が嫌がる仕事は、たいていの場合、みんなが嫌がる仕事です。
みんなが嫌がる仕事を、あなたも嫌がっていたのでは、同じです。

計画は慎重に。
行動は大胆に。

計画は慎重に。行動は大胆に。

仕事で差をつけるために、次のことを心がけましょう。
「計画は慎重に。行動は大胆に」です。
仕事は仕事でも「計画」と「行動」は別物です。

仕事は、内容を覚えるより、流れを理解する。

仕事は、内容を覚えるより、流れを理解する。

上司から指示された仕事を、何でも「はい」と答えるYesマンでは、単なるロボットです。
Yesマンではなく、Whyマンになることです。
仕事の内容や意味を理解して「Why」を気にするときに、差がつきます。

行き詰まったら、素直に人に相談する。

行き詰まったら、素直に人に相談する。

私は困ったときには、よく人に相談します。
仕事について、アイデアについてなど「何かよい方法はないものか」と頭をひねります。
1人でできることは、1人でしたほうがいいので、自分で考えてやってしまいます。

プロとは、当たり前のことを当たり前にする人のこと。

プロとは、当たり前のことを当たり前にする人のこと。

プロと聞くと、まず連想するのは「高い技術力」です。
普通の人ができないような巧みな技を、軽々こなせる人を思い浮かべてしまいます。
特に社会に入ったばかりの新人は、少しでも早くプロになろうと、高い技術を求めてしまいがちです。

同じカテゴリーの作品