人生の教科書



ビジネスマナー
球拾いは、雑用ではない。
立派な勉強なのだ。
仕事効率化
議事録は、すべてを書こうと努力する。
仕事効率化
できる人は、名前をしっかり覚えることができる。
仕事効率化
やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
仕事効率化
運が悪い人は、決まって「遅い」。
文章力
すべてを語らないことで、すべてを語ることができる。
仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り11 読んだ
22

ひらめくためには、
スピードを出せばいい。

ひらめくためには、スピードを出せばいい。 | スピードのある人になる30の方法

私は、たくさんの文章を短期間で書いています。

1冊30項目を最短で2日、長くても1週間です。

「水口さんは書くのが速いのに、面白い内容が次々とよく書けますね」とよく言われます。

もともとせっかちな性格なので、速いのは生まれつきの性分です。

もちろん「速いですね」と言われるのは嬉しいのですが「ちょっと違うなあ」と思います。

早く書くから、結果として面白い内容の文章が書けているだけです。

面白い文章は、速さを意識すれば、自然と書けてしまいます。

もし、ゆっくり慎重に書いていれば、これまでのような文章は書けなかったことでしょう。

分かりやすく説明をさせていただくと、スピードを出すことによる「火花」を利用して文章を書いている状態です。

レーシングカーはスピードを出していると、摩擦により、道路から火花が飛び散りますよね。

文章も同じく、スピードを出して書いていると、摩擦により「ひらめき」という火花がぱちぱち散り始めます。

スピードを出すだけでいいのです。

私は、ネタを用意せずに、いきなり書き始めます。

スピードを出してとにかく書いていると「ひらめき」という火花が飛び散るようになるからです。

レーシングカーがスピードを出せば出すほど、火花が激しく散るように、文章も書けば書くほど、ひらめきの火花が激しく散ります。

スピードを出して書いているとき散った火花、いわば「ひらめき」を利用して、さらに次の文章を書いています。

次の文章を、スピードを意識して書いていると、さらなる火花(ひらめき)がぱちぱち散り、その瞬間に書いてしまいます。

火花を次々とつなげて、あっという間に1冊書き上げてしまうのです。

ひらめいたその瞬間に書いてしまい、書いているとまたひらめき、気づけば、1冊書き終わっているのです。

質の高さは、スピードに比例します。

スピードがあるほど、集中力が出て、注意力、気力も同時に発揮できるようになるのです。

その瞬間、周りが見えなくなり、同時に記憶がなくなります。

時間は短くてかまいませんから、その短時間だけはとても集中することがポイントです。

私はただ、集中して早く書いているから、結果として質の高い文章が書けるだけです。

個人の能力ではありません。

私はしばしば「これは私でなくても書けるなあ」と思います。

私でなくてもほかの人でもスピードさえあれば、ひらめきはいくらでも出ることでしょう。

作家にとって、スピードこそ命なのです。

ひらめきは、スピードを出すことで浮かぶものなのです。

まとめ

スピードのある人になる方法 その22
  • スピードを出して、
    ひらめく。
本当に全力でスピードを出したとき、必ず記憶喪失になる。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品