人生の教科書



スキル
単調な作業は、小さな違いを作る工夫をしよう。
ストレス対策
同じことを繰り返していると、疲れてくる。
仕事効率化
行動で一番時間がかかっているのは、決断するまでの時間。
気力
夢がある人には、決断力がある。
仕事効率化
早い決断ほど、いい決断。
仕事効率化
常識で考えるとスピードは出ない。
非常識で考えるからスピードが出る。
仕事効率化

スピードのある人になる
30の方法

お気に入り20 読んだ
10

決断できないのは、
脳が衰えている証拠。

決断できないのは、脳が衰えている証拠。 | スピードのある人になる30の方法

私たちが普段通っている道に、決断は不要です。

学校までの通学路に「どの道を通ろうかな」と考えませんね。

会社までの通勤に「スーツは何を着て、どの電車で、どの道で」とは考えません。

どんなに朝が眠くてぼうっとしても、不思議と勝手に体が動いて、できてしまいます。

  • 「いつもと同じようにすればいい」

そう思っているから、できるのです。

頭を動かさなくても、体が勝手に動きます。

いつもと同じようにすればいいだけですから「考える」必要もなく「決断する」必要もありません。

私たちは、いつの間にか、毎日同じことの繰り返しで生きています。

同じことの繰り返しには、思考も決断も必要ありません。

どんどん脳は衰えるのです。

体は動いていても、脳は眠っている状態なのです。

決断が必要なのは「いつもと違ったことをするとき」です。

新しいことを始めるためには、決断する必要があります。

いつもと違ったことをするときに「やってみよう!」と脳が動き始め、活性化されます。

決断できない人は、いつも同じことばかりを繰り返しているからです。

同じことばかり繰り返しているから、脳は衰え、その証拠に「決断力」が失われています。

脳を鍛えるためには、決断することです。

結果はどうであろうと、自分から決断して、いつもとは違ったことをするのです。

脳の筋トレです。

どんどん決断する癖をつけましょう。

決断しなければ、何も始まりません。

人生は、決断の連続です。

まとめ

スピードのある人になる方法 その10
  • いつもと違ったことをして、
    脳を活性化させる。
困難を乗り越えるためには、走って飛び越えればいい。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品