人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキル
「でも」から話し始めると、チャンスが逃げていく。
仕事効率化
迷ったら、どちらでもいいということ。
スキル
チャンスは、流れ星。
スキル
本代は、チャンス代も含まれている。

スピードのあるになる
30方法

お気に入り9 読んだ
18

は、
真実えてしまおう

  • の仕事、できる?」

上司から仕事の依頼があったとき、あなたはこう思います。

  • 「できるかもしれないし、できないかもしれないし……」

判断が難しい微妙な依頼がありますね。

そういうときには「できます!」と言ったほうがいいのです。

できないような不安があっても、多少の嘘で「できます!」を言ってしまいましょう。

できない部分はどうするのかというと、引き受けてから必死になって勉強するのです。

嘘を真実に変えてしまえばいいのです。

「できるかもしれないし、できないかもしれないし……」という曖昧な返事をしていると、上司はいい顔をしません。

  • 「仕方ない。ほかの人にお願いする」

せっかくのチャンスを逃してしまいます。

チャンスは一度きりです。

わずかなチャンスをつかむ人には、スピードがあります。

スピードを生かすためには、最初に嘘をついておき、後から真実に変えてしまえばいいのです。

「これだ!」と思ったチャンスは、最初につかんでおきます。

「必要かな、どうかな」と考えてからチャンスをつかむのではなく、つかんでから考えるのです。

嘘をついてチャンスをつかんでから、真実に変えてしまえばいいのです。

スピード人間は嘘つきでありながら、嘘を、真実に変えます。

できなくても、後から勉強してできるようになれば、嘘ではなくなります。

スピードのある人になる方法 その18

  • をついてチャンスをつかんでから、
    真実えてしまう
にらみ顔にならない。
笑顔でスピードを出す。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品