人生の教科書



仕事効率化
腰が低い人ほど、仕事ができるようになる。
仕事効率化
ノウハウを、惜しみなくプレゼントしよう。
スキル
「許せない」と憎んでいるとき、自分が一番疲れてしまう。
仕事効率化
他人を助けることで、自分が助かる。
仕事効率化
無駄な会議は、徹底的に廃止する。
仕事効率化
スピードが速く、質の高い仕事のためには、できるかぎり少人数のほうがいい。
仕事効率化

仕事が速く完璧にできる人になる
30の方法

お気に入り48 読んだ
16

仕事を真面目にしない。

仕事を真面目にしない。 | 仕事が速く完璧にできる人になる30の方法

仕事を真面目にしないことで、仕事のスピードと質を上げることができる場合があります。

仕事ができない人は、決まって真面目な人であり、100パーセントの力を朝から晩まで出しています。

だから膨大なエネルギーを消費することになってすぐ疲れてしまい、途中から集中力が欠けて、仕事の質が下がってしまうのです。

疲れるのですから、当然のことながら、ミスや間違いが多くなります。

 

しかし、本人は「自分が真面目じゃないから。もっと真面目にならないといけない」と思い込んでいます。

朝早くから、毎日残業をして、それでも仕事がうまくいかないから、もっと自分に鞭を打ちます。

真面目な人ほど仕事ができない、典型的なパターンです。

真面目だからうまくいかないのです。

真面目になるほど、本当は仕事のスピードが落ち、質が下がってしまいます。

人間はロボットではないのですから、行動すればそれだけ疲れます。

疲れると集中力が落ち、ミスや間違いがそれだけ多くなります。

そうしたことをきちんと計算に入れておかないといけません。

本当に仕事ができる人をよく見ていると「サボり上手」であることに気づきます。

もちろんずっとサボっているわけではありません。

大切なところだけ力を入れて、どうでもいいところは力を抜いているのです。

「仕事のできるサボり上手」というわけです。

私の職場には、Nさんという仕事のできるサボり上手がいます。

いつもだらだらしています。

「風邪を引いた。疲れた、眠い」と言いますが、仕事の依頼が来たときには、顔色を変えて仕事をします。

「だらだらした様子は演技だったのか」と思うほど、仕事をてきぱきこなし始めます。

Nさんがいつもだらだらしているのは、本当に必要な瞬間のためにエネルギーの無駄遣いを避けているのです。

いつも無駄なエネルギーを使っていないため、大切な瞬間にはエネルギーを発揮します。

Nさんは無駄な残業もせず、定時になればさっさと帰ってしまいます。

「必要のない残業をして、疲れをためていては、次の日に体を壊してしまうから」と言います。

仕事の質を上げるために必要なときにだけ、力を入れればいいのです。

まとめ

仕事が速く完璧にできる人になる方法 その16
  • 仕事のできる
    「サボり上手」になる。
メールだけに頼らない。
直接会って、話をしよう。

もくじ
(仕事が速く完璧にできる人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品